我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

ブルボンの菓子が売り場で発する魔力は異常だと思わないかい?
スーパーの売り場で、ホワイトロリータがチョコリエールがバームロールが
そして真打のルマンドがオーラを放って俺の手を商品に伸ばさせるのだ。
その魔力に負けて、今日はチョコリエール、明日はホワイトロリータと買うのだが
ルマンドを買うときはちょっと気分が浮き立つよね。
それに、家に帰ればルマンドがあるという事実が生み出す
心の余裕!
これは、何物にも代えがたい

シカゴカブスを縛っていた「ヤギの呪い」が遂に解けた。
カブスが最後にリーグを制したのが今から71年前の1945年。
日本の球場がイモ畑に使われてた時代、第二次世界大戦終結のの年である。
更に、ワールドチャンピオンになったのは1908年。
日本は明治時代。
味の素が特許登録されて、11月には第1回日米野球が行われている。

もうね、カープの25年ぶりのセ・リーグ優勝が吹っ飛ぶ長さ。
今回の相手であるクリーブランド・インディアンズも67年ぶりのワールドシリーズ出場だったのだ。
メジャーはウェーバー制ドラフトで、基本的な戦力は均等化されてる建前だが
チーム数も多いし、やはりペイロールのでかいチームがより優勝に近づける。

横浜市長杯観戦をキャンセルして、家で細やかな作業があったんだけど
そっちのけで見ちゃったよワールドシリーズ。
その後、猛チャージで作業したけど

昨日の祭典から一夜明けて、シン・ゴジラ音楽集に入ってる「キングコング対ゴジラ」
のテーマ曲を鬼リピ。
要はまだ、抜け出してないのだ。

キンゴジは前作「ゴジラの逆襲」から7年のブランクを経て製作された
ゴジラシリーズ初のカラー作品。
キングコングのライセンスをRKO社から購入して挑んだ作品である。
過去2作品のゴジラと違うのは、キンゴジは徹底的に娯楽映画だったという事。
笑いと冒険そして怪獣。
この3つが絡み合って出来たのが、キンゴジだったのだ。

この転換はシン・ゴジラの続編でも、是非に検討するべき一案だと思う。
シン・ゴジラの世界観を維持しつつ、誰もがワクワクするような怪獣活劇、
ね、観たいでしょ?


毎月1日は映画サーヴィスデーであるが、
俺が行くのは映画館ではなくEXシアター六本木。
東京国際映画祭のプログラムである「日本映画クラッシックス」である
「キングコング対ゴジラ 4Kデジタルリマスター完全版」を観るのだ。

平日夕方の17:00開始と言う事で、半休を取って都会の六本木へ繰り出す。
先ずは六本木ヒルズの空想脅威展


ガメラも良いけど、ゴッドネロスも良いよ。
スカイデッキに設えられた会場は、デッキに来た人は誰でも見る事ができる。
なので、俺が必死にガメラを撮っている姿を白人の少女が不思議そうに眺めるのは
仕方のないことである。
展示物をじっくり見て、年表とかもしっかり読んで撮影してとかしてたら、結構時間がかかった。
夏に横浜でやった大ゴジラ特撮王国展と併せて写真はここで公開してる。

入場の時点では天候不順でクローズされてた屋上すなわち東京シティビューが、
空想脅威展を見てる間に解放されたので上がる。
俺の持ってたチケットは幸運にも屋上のチケットがセットだったのだ。
だけど、殆どモヤっててあんまり楽しくなかった。

EXシアターで入場待ちの間、ヤマハのエレクトーンから奏でられる前前前世。
で、ゴジラのテーマの演奏には行った所で、入場。

今日は俺みたいに日本映画専門チャンネルの招待で当たった客と
一部チケットが発売されてたんだけど、発売日にチケットの販売サイトがダウンしたこともあり
100%満員とはいかなった。
それでも平日の夕方を考えれば十分な入りである。

オープニングはフジテレビの笠井アナウンサーの司会でスタート。
「私は、ゴジラ映画最多出演(4本)アナウンサーなんですけど、会社が東宝に出した条件は
死なない事だったんですね。実況しながら死んでこそゴジラのアナウンサーなんですけどね...」
つかみは十分。

遂に、本編。

これまで、俺が観た「キンゴジ」はなんだったのか....。
なによりも、色が鮮やかだ。
実際に生きたタコを使った、大ダコやビフテキの質感や、
暗くてはっきりしなかった東北本線のシーンなんかもバッチリ。
特に、キングコングの体色やゴジラの背びれの色などは、これまでとは
明らかに違う色だった。
そして、なによりも50年以上過ぎても全く面白さの変わらないこの作品の凄さ。

上映後はゲストに中野昭慶監督と映画評論家の町山智弘氏を迎えてのトークショー。
順不同で抜粋すると。

・有島一郎をキャスティングしたのはコメディーをわかってる人だから

・タコを生簀ごと購入して、撮影後に泊ってた宿の調理場に「使って下さい」と寄贈したら
 食事が2日間タコずくしに

・ゴジラのスーツアクターだった中島春雄氏は「ゴジラが上だったんだからゴジラの勝ち」と

・ラストのゴジラとコングが同体で海に落ちるシーンでは、ゴジラの尻尾が先に落ちるので
 当時助手だった中野監督は、尻尾を持ってタイミングを合わせて手放す作業をした

・TV放送開始から5年弱の時期ですでに、視聴率とかスポンサーの意向が大きく影響してる

・南極の氷塊の中にいるゴジラを撮るのに、スタジオの両端に柱を立てて
 ワイヤーを渡して撮影した。その時の揺れが空撮してるような感じになる。
 だから、当時ドローンがあればね...

上映後には中野監督との握手会。
四半世紀以上ぶりに握手をして頂いた。

実に満たされた1日である







昨日のラグビー観戦帰りに、ふと思い立ちハナマサへ。
なんかね、オムライスを食べたくなったうえに、
それをデミグラスソースで食べたくなったのである。

で、冷凍食品のチキンライスとレトルトのデミグラスソースを
と思ったが、デミグラスソースが売り切れ。
デミグラスソースはなんや爆買いで買い占められてんのか?

仕方なく、代替わり策をと思った時にひらめいたのが
ミートソース。
上の階のワッツでレトルトを買って、帰宅。

チキンライスはレンチンだし、ミートソースはあっためるだけ。
問題は卵なんだけど、俺の致命的な弱点は卵が巻けないのである。
だから、薄焼きにした卵をチキンライスにバサッと乗せて
ミートソースをドボドボっとかけたら完成。
誰に喰わせるでもなく、自分で喰うならこれでいいよね。
これでも美味く感じるんだから、お手軽なもんよね。

今度はデミグラスソースで食べたいけど。
チーズもたっぷり乗せてね

開幕以後、トップリーグに全く行けないモードだったが
ようやく、駒沢開催の試合へ。
当初は渋谷経由を考えていたが、洋製地蔵盆のことを考えて
大井町経由で。
調べたらこっちの方が安くて早いのだ。

駒沢が良いのは行きがけにマルエツがあるので、飲食の調達には困らないことだ。
試合はサントリーvsクボタ。
クボタは久しぶりだな。
観たいけど、巡り合わせが悪くて観られないチームの筆頭格。

しかし、気温が低くて寒い。
隣でやってるラーメンショー行ってラーメンでも買ってこようかと思ったが
アナウンスで「陸上競技場への持ち込みは出来ません」と言ってた。
チームのショップは出てたけど、フード関係の売店はあったんだろうか?
しかし、それ以上にクボタのプレーが寒い。
極寒である。
終わってみれば完封負け。


トライを1つでも取ってくれ!と願ったがかなわなかった...。
3000人に満たない観客。
いつものトップリーグにもどったわけだ。

今年のNPB日本シリーズは4勝2敗でファイターズが優勝して幕を閉じた。
カープは札幌から4連敗してシリーズを終えたわけだ。
ベンチ力・監督力ともにファイターズが上回っていたということ。
CSまでは勢いだけで勝ち切れるが、シリーズはそうはいかないという事なんだろう
シリーズまで、勝ち抜けちゃうチームもあるにはあるんだけど。

優勝したファイターズは日本一おめでとうございます。
カープナインはファイターズにあって自分たちに何が足りなかったのかを、
シーズンオフに徹底的に考えて、来シーズンに活かして欲しい。

さておき、スーサイドスクワッドのパンフレットを読んだ。
観に行った際に映画館で買えなかったのだが、密林で買えた。
映画を観た時に?と思ってた数か所がパンフに書かれたので納得。
囚人服着て、胡坐かいてコーヒー飲みながら恋愛小説を読んでる
ハーレイの可愛い事。

解散か。
2chだとB級の女王とか言われてたし、俺も異論はないんだけど
無くなるのは惜しいね。
好きなメンバーが多かっただけに




素敵な特撮ソングを1曲
楽しんでいただくブログとなっております

名人と呼ばれる落語家の話を1席
楽しんでいただくブログとなっております

素敵なクラシック音楽を楽しんでいただく
ブログとなっております

ARE GOからの流れで、サンダーバードの旧機もトミカになった。
で、出先でチョコチョコと2号だけ買っておいたのだが
1つくらいは開けようじゃないのということで開封。
玩具を開封したのが、去年のウルトラボーグとSHODO以来というね。


この、いつまでたってもカッコいいという
デザインに恐れ入る。
ウルトラマンもそうだけど、50年人気であり続けるという事は
出た時に完成させてるデザインなんだよね。
それでいてシンプル。

ちょっとした用事があったので、浅草へ。
少し早めに着いて、かつて良く行った玩具屋を巡り、
その後は浅草公会堂へ。

一度はスターの広場を見ておこうと思って。


演芸ホールの顔付けをチェックしたり、
馬券を買った後で、はなやしきのBeeタワーを見て
ウワァァァ!
ってなったり


あ、茨城を拠点とするファミレスのメヒコが浅草にあったんだね。
都内はお台場だけだと思ってた。
カニピラフ。

用事が思ったよりも押したので、日本シリーズは移動中に観戦を開始する事に...

カープ25年ぶりの日本シリーズが今日から始まる。
実に気になるが、俺の予定も大事なのだ。

同行者と中野。
先ずはデイリーチコでソフト。
その後、ブロードウェイを巡回してから池袋へ。

スーサイドスクワッドが良い時間にやってるのが、
都内ではもう池袋だけなのである。
シネマサンシャイン、それでも7分の入り。

面白かったし、やっぱりハーレイクイーンのマーゴット・ロビーは可愛いし
カタナ役の福原かれんも良いし。
これは観ておいて損は無い。



映画の後は、東口の300BONEで焼肉。
メニューが豊富で男は¥3900(税別)なら悪くないね。
新宿は、ステーキ食べ放題だけなんだ。

今日もドラフトの話。

BCリーグに来年から新設される、栃木と滋賀に対する分配ドラフトが行われ
栃木が5名、滋賀が地元枠選手1名を指名した。

新興球団で、話題の欲しい栃木は石川ミリオンスターズから
「ナックル姫」こと吉田えりを指名。
これは、新球団のありようとして間違ってないと思う。
それは一時期話題になった「ナックル姫」の看板は
まだまだ通用する場所があるだろうからね。

TBSが放送権を持って以降、ドラフト会議は
10月第3木曜日の夕方から始まるものとなった。
今年は初めて観覧に応募したがハズレ。
当て物に恨みっこなしって事で。

カープは創価の田中、桜美林の佐々木を外して
慶應の加藤を指名。
高校BIG3の高橋も獲れたし、大学生と高校生しか指名せず
それも投手5捕手1というドラフトになったけど、野手はとりあえず頭数はいるしね。

この中からマツダスタジアムを沸かせる選手が出てくる事を祈るよ。
1人でも多くね。

来年のドラフトは10.19と重なる。
曜日は動かないけど、日付けは動くんだ

あの10.19から28年。
しかも今日はあの日と同じ水曜日。

普段ならツイッターで架空実況をするだけなんだけど、
検索していたら、とある情報にぶつかったのである。
「富士通スタジアム川崎では、本日10.19の特別展示を行っております」
早速、電話をして何時までやっているのか?を聞くと「21時頃まではやってます」
という事だったので、自由の身になって一路川崎へ。

こんな日に限って、東海道線が遅れてやがった。
順調に行けば「鋼の身体、マドロック一閃!」は球場から書きこめるはずだったのだ。
球場に着いた時間は、調度ブライアントのゴロを愛甲がエラーした位の時間。

富士通スタジアム川崎は川崎球場→富士見ヶ丘球技場と続いた株式会社川崎スタヂアムの
運営の歴史を指定管理者となった川崎フロンターレが引き継いで生まれた球技場であり
主にアメフトで使われる。


野球場で無くなった川崎球場に用は無いかなと思っていたが、
10.19にこんな企画をやってくれるなんて!
しかも、ギャラリーに入ったら、これから程なくしてスタジアムツアーがあるというではないか!
謹んで参加する事に。

ツアーの先導者となったスタジアムの支配人さんは
「川崎市のレガシーである、球場からの歴史を分断したくないので野球ファンにも来てもらえるようなイベント
をこれからも企画していく」という事だった。
支配人さんは熱くていい人だった。
川崎生まれの川崎育ち、王の通算700号ホームランも張本の3000本安打も観たという。
40分位今のスタジアムを見まわって、色々と話が出来て楽しかった。
来年1月にイベントをやるそうだ。

俺にとって10.19は特別な日であるが、今日は更に特別感が増したのである

今使ってるメーラーアプリに大きな不満は無いが
小さな不満はある。

一番気になるのは、mixiの通知メールが来た時に
一瞬サムネイルに表示される金髪オヤジが不快でしょうがないのである。

ホントに一瞬しか見えないのでスクショが撮れないんだけど
あのオヤジはいったい誰なのか?
なんでわざわざ不快な金髪オヤジが表示されるのか謎で謎でしゃあない。

で、今は使いやすくて日本語サポートがあって無料の
IOSのメーラーアプリを探してるのである

前日帰って来て、ぐったりと寝てしまい夜中に目が覚める。
JスポーツのCS中継の再放送を見て、タイガーマスクWを見て
グズグズしてて、再び寝てなので熊谷行きは無し。

パリーグのCSとか、KBOの準プレを見ながらグズグズして短い1日が終わる。

ただし、グズグズしながら食べるフレンチパピロは美味い

このページのトップヘ