プロ野球、パ・リーグが日本中の注目を集めたあの日。
その男は、15:00に誰もまだ荒らしていないマウンドに
上がってきた。
1988年10月19日川崎球場。
昼から夕刻へ、太陽が傾き初秋の冷気が身体を包む中
その男は、平然と相手打線を手玉に取っていた。
レフトスタンドで観ていた俺には、その背中が
憎たらしくて仕方なかった........。
あの日川崎球場で行われた2試合の合計7時間33分
というゲームは、俺にとってとてつもなく偉大で、
輝きを放ち続けるものだ。
だからこそ、こんな形でクローズアップされるのが悲しすぎる。