ひと頃のアイドル大量ぶっこみシリーズは
本当に語学がしたい人たちには不評だったのだろう。
今回の陣容で目を引くのは、えり先生の中国語復帰
だけだな。
ハングルはRyuと倉本裕基ということで、韓流ブームが
誰に向かってるかを反映したキャスティングだ。
意味不明は、スペイン語の笑い飯。
ドイツ語はナターシャ先生が残って、ダテックがレギュラー。