ファミリー劇場でケータイ刑事銭形舞の後を受けて
始まった「がんばれレッドビッキーズ」
記念すべき?第1話である。
本放送開始が1978年。
プロ野球では広岡監督が率いるスワローズが、日本一になった年だな。
日本シリーズでの、大杉のホームランが物議を醸した年だ。
先ず言えるのは「林寛子、アフレコズレ過ぎ。」
ポジションを取り合うシーンで出てくる選手は、王、長嶋、張本、
掛布、江川。
1人くらい「僕はショート!高橋慶彦だ!!」とか
「僕はレフト!栗橋茂!!」とか言うヤツはいないのか。
ま、TVですから。
毎週2本ずつ放送で全48話。
問題は、これってDVDで残すかなぁ..........。
決めかねるなぁ..............。

これは、何度も言ってるんだが東映、本当にもう平成ライダー
いいから佐藤寛子主演でレッドビッキーズやらんかな?
毎週、お風呂シーンはマスト。
チーム運営費のために毎週割の良いバイトするために
コスプレ必須。
PDは白倉やめて、チーム内で殺しあいされてもこまるから。

それか、監督は藤原紀香で川村ゆきえ、岩佐真悠子、若槻千夏
市川由衣、なんかが女子野球をする、レッドビッチーズ........。
日曜朝8:00じゃむりだね。