<アジアリーグアイスホッケーセミファイナル>

@ハバロフスク・プラティナアリーナ
ゴールデン・アムール1−2コクド
(コクド、ファイナル進出決定)
トータルシュート数をみても32−28ということで、
本当に僅差のゲームだったのだろう。
若いチームなんでOT負けした13日のゲームを引きずったかな。
でも、海外でセミファイナルが1日でも開催された意義は大きいが
観衆455人は少なすぎる。

@苫小牧白鳥アリーナ
王子製紙1−2日本製紙クレインズ
(王子1勝2敗)
こっちは5戦までもつれるかも。
初戦をつまずいたクレインズは、これで逆王手。
良い風が吹いてる明日にでもファイナル進出を決めたい。
王子には全日本決勝の雪辱もあるし。

<中華職棒>
@台北新竹球場
誠泰蛇1−9中信鯨
(誠泰0勝2敗)
誠泰蛇の先発は日本のドラゴンズ・スワローズに在籍した
佐藤秀樹。
なんとか3回までしのいだものの、4回に掴まり降板。
負け投手。
もう一回くらいかなチャンスは。
明日は高雄にチャンピオン興農牛を迎えて、
La’new熊が今シーズンの初戦を闘う。