我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2004年12月

T&Mプロジェクトのサイトに寄っていって
頂いた皆様、そしてこのブログを
読んで頂いた皆様、ありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願いいたします。

12/3付けの「連動企画」
にある、野球の観戦実績に
7/11社会人千葉選抜VSキューバ代表
(千葉マリン)を追加。
最終実績は、プロ22試合アマ7試合の29試合。

総合6連敗で「プロレス転向」
などと騒がれるだろうから一つだけ言っておく。

プロレスはそんなに

簡単じゃない!!!!
 
俺の知ってる、プロレスならな。

部屋の大掃除と年賀状書き。

1年と少しぶりに、大井町の福ちゃんに行く。
相変わらず、結構回転してる店だ。
ここに来ると、俺は「塩ミノ」「ハチノス」「塩タン」をローテするのだ。
たまに「ギアラ」。
今回は「ノドブエ」も試した。
そして、メニューを見ると「ダチョウ」の文字。
食べてみたら、思いの他臭くないし牛肉みたい。
高いのが難点だが。

年末年始の進行で、週刊誌は合併号花盛りである。
おかげで.......。
今日、同じ週刊文春が2冊あることが判明したんですな。
今日買った文庫は松本清張の「日本の黒い霧上・下」

11/14付けの「ホント、綺麗だよね。」
にトラックバックがありました。

母親が、鎌倉ハムのベーコンを買ってきた。
こりゃあ、ベーコンステーキにするしかない。
高級感あふれる、鎌倉ハムのベーコンを
ブ厚く切って、フライパンの上に乗せる。
ジュージューいう音だけでご飯一杯食えるね。
ここのベーコンがいいのは、味付けがほとんど要らないこと。
ベーコンの油でガーリックライスを作り、
熱が冷めないようにフライパンから直接食うのだ。

フゥ〜贅沢ゼイタク

有馬記念は勝てなかった。
俺は負けたが、札幌でアイスバックスは
王子に勝った。
今シーズン日本チームから初勝利だ。
去年も”日本リーグ”で唯一の勝利は王子だったな。
でも今日は久しぶりにオモチャを買ってテンションが
ちょっと上がった。

今年唯一のG1参戦。
有馬記念の予想をたてるか.......。

俺の映画鑑賞実績は27本ではなくて
28本昨年比+2本だ。
カウント時に「ゼブラーマン」を忘れていた。
それと、燃える!!女優魂!!!賞
受賞のシャーリーズ・セロンは、昨年に続いて
賞に絡んだことを付記する。

今年は、元旦にソウルで観た「シルミド」に始まり
昨日の「僕カノ」まで27本。
1ヶ月、2本強の計算か。
今年は、昨年末のようなトリプルヘッダーはなかったが
ダブルヘッダーが4回あった。
今年は個人的事情もあったので、去年のようにはいかんじゃろ
と思っていたが、アッサリ抜いたね。
今年もっとも通った映画館は、ホームの平和島で27本中
13本だからほぼ半数。
逆にオキニな、上野スタ−ムービーで1本も観ていない。
初めて行った映画館は新宿タカシマヤのテアトルタイムズズスクエア
だ。
で、大賞、各部門賞はこの後。
 
 
 
続きを読む

平和島シネマサンシャイン23:25上映開始。
「僕の彼女を紹介します」
この映画が、俺にとっては(たぶん)今年最後の鑑賞である。
今年は異常なまでの「韓流ブーム」「純愛ブーム」だったわけだ。
で、この映画は韓×純という最強の組み合わせってこと。
観客9人中、男シングルが3人(俺含む)。女同士2組。
カポー1組だった。
ぶっちゃけ俺は、主役のチョン・ジヒョンがそれほど好きではない。
ただ、俺は韓国語を集中的に浴びたいだけだ。
それに、123分という上映時間はさほど気にならない。
2004年度俺的映画大賞は、この後に。

岩隈問題の決着がOによる大所高所の判断というのならば、
ライブドアが買収を申し出てるときに、合併を解消すること
を決めておけば、もっと大所高所な判断だったのにね。

プロ野球、パ・リーグが日本中の注目を集めたあの日。
その男は、15:00に誰もまだ荒らしていないマウンドに
上がってきた。
1988年10月19日川崎球場。
昼から夕刻へ、太陽が傾き初秋の冷気が身体を包む中
その男は、平然と相手打線を手玉に取っていた。
レフトスタンドで観ていた俺には、その背中が
憎たらしくて仕方なかった........。
あの日川崎球場で行われた2試合の合計7時間33分
というゲームは、俺にとってとてつもなく偉大で、
輝きを放ち続けるものだ。
だからこそ、こんな形でクローズアップされるのが悲しすぎる。

スクラップ屋が、引き取ってくれるというので
ミニコンポのパイオニアprivateL1を引き渡す。
このコンポは十数年前「俺が一番オモロかった時代」に
買ったもので、眼目はLDプレーヤーが標準搭載されていた事。
買ったのは、石丸電気で、¥75000だったかな?
ボーナスと初代プレーヤー(YAMAHA製)の売却益で買ったのだ。
(ちなみに、初代機は北関東で今でも現役)
なにせ、コイツは前述の通り「俺が一番オモロかった時代」の併走者だ。
さらにいえば、俺の浮き沈みをすべて知っているのである。
大阪でも一緒だったし。
しかし、数年前にウリであった、LD機能がクラッシュ。
その座をDVL−919に譲った。
しかしその後も、大事な思い出を消し去るようで捨てられなかったが
今回、一大決心して捨てた。
俺にも大きな変化があったし、なによりも
俺の20代はもう終わっているのだ。
L1、今までありがとう。
俺は、もうミニコンポを買うことはないと思う。




フリマで、DVDコンポが
¥2500。
箱・説明書共に中国語。

10:50新宿コマ東宝「ゴジラファイナルウォーズ」
この数年俺は、12/29or12/30に一年の締め
としてゴジラを観て、翌日から国外脱出というパターンを
繰り返してきた。
しかし、今年は諸事情で国外脱出ができなかったので
いろんな予定が動いたんである。
平成ゴジラシリーズに期待するものなどほとんどない。
ただ今回はやっとの事で、マイフェバレット怪獣ガイガンが
復活した。
望みはそれだけだ。
この映画、一番得したのはX星人役の北村一樹と
ゴードン大佐役のドン・フライ。


14:50新宿ピカデリー4「ULTRAMAN」
座席は44席、スクリーンは高級なプラズマテレビよりも
小さいというミニシアターだ。
しかし、ピカデリー3で「僕の彼女を紹介します」
を上映していたが、あっちは公開一週がすぎて、需要が落ち着いて
るんだから、18/19の2日くらいゆずれってんだ。
内容はゴジラよりは楽しめます。
親父復権がキーワードか。
場内ではかなり、映画に入り込んでいる坊がいて、別所哲也演じる
真木が怪獣に相対すると「変身して!!!!」
変身すると「ネクストだぁ!!!!!」
場内が固まったままだった、ゴジラに比べりゃあ......。
場内を出るところで、ぴあのアンケートを受けたが、何でも
数値で表せると思ったら大間違いだ!!!!

↓劇場に現れたウルトラマンコスモス(ルナモード)
roukayakei

映画については別枠で。
今日は、某所にある暗黒集団の忘年会。
新宿アルタ裏、和泉市場に集うは5人。
今年は個人的にも、趣味の分野でもいろいろあった。
33歳ターニングポイントである。
一次会で、焼肉に舌鼓を打った後は
パセラでカラオケ。
アニソン大会だぁ〜!!!!!!
メロンソーダをデキャンタでグビリながら、
久しぶりに、マシンマン歌った。
映像付きのシャリバンはいいね。
気持ちが盛り上がるよ。

西尾由佳里アナカワイイ......。

yahooでエンタメアワードが発表された。
音楽部門で、一青窈の「ハナミズキ」は9位。
解説の下げで以下のように書いてるのだが

この曲で何に一番驚くかといえば、カラオケビデオに本人出演、
さらに彼女をバックに歌わなければならなかったことだったりする

 

俺から言わせれば「もらい泣き」もそうですが何か?

という感じだ。
書いた方は上手く落としたつもりだろうが。

話題の黒はんぺんだが
今日はアサリチゲに入れて食べた。
カナリ、イケたぜ!!!!

どうだね?でんすけ君。

品川駅でサンタが「CHRISTMAS IN HOPE」
というCDEXTRAを配っていた。
もらってきたのだが、大元はJCCCというキリスト教系の団体。
このCD公式サイトが存在する。
俺は最近ネットで、海外のラジオ局が提供する
日本語放送を探すのが、趣味の1つになっているのだが
海外発の福音(日本語)放送というのは意外に多い。
まあ、聴いたことはないんだけど。
裏ジャケに「パッション」の広告が入ってるのもしたりか。

中吊り広告を眺めていたら、
なっちが表紙じゃん!!!!
と思ったが、それはともかく。
講談社文庫から、金村義明の書いた
「在日魂」がラインアップされたことがわかった。
金村といえば、報徳学園で81年甲子園の優勝投手となり
その年のドラフト1位でバファローズに入団した選手。
この本は引退後に書かれたもので、ハードカバーの
ブックレビューを読んで以降、文庫になるのが待ち遠しかった
1冊である。
文庫版は、新しく章を書き下ろしたようだ。
今読んでる本終わらせて「太陽系7つの秘宝」読んでその後か。
年内ギリかもな。

オイ!オイ!オイ!
東北金鷲のファンクラブ、詳細をみてビクーリ。

1000人限定のクラブは10万円。

正直、内容見たら10万の価値ないね。
我らのアイスバックスにも、10万円クラブはあるけれど
それは、その10万円が運営に直結してるから。


続きを読む

水島博士カコイイ!!!!!
つーか岸田森脚本の#12「地球はロボットの墓場」
だと思って見たら、1週間違ってたんだね。
って俺LD持ってるやん!!!!
俺は、東大特撮映像研究会発行の「特集 岸田森」
を年に何度か読み返す事がある。

このブログで静岡在住のでんすけ君に
「黒はんぺん送れや。」
といったら、本当に送ってくれた。
さっそく、彼がすすめる刺身で食ってみる。
ダイエット・ペプシのアテには最高よ。
チルソンサイダーもっと旨かったかも。
親父には焼酎のアテに軽く炙ったのを出したのだが
いい匂いだったので、つまみ食い。
いや〜やっぱ旨いわ。

でんすけ君には、ハマーといい黒はんぺんといい世話になっとるのお。
ゴチ!!!!!

12/6日付けの「いってきますた。」
にトラックバックがありました。

年末のケーブルテレビ録画対応のため、HDDに溜っていた
番組をDVDに焼く。
「タイガーマスク2世」「行け!牛若小太郎」「プラレス3四郎」は
ともかく、一青窈のライブとかアイスホッケーとかを中心に焼く。
「流星人間ゾーン」も焼く。

「ケータイ刑事銭形零」は取って消し(ウラがガキの使い)
だから残さないんだけど。

残そうかどうか迷ったが、情熱大陸のゆうこりんは消した。

渋さ知らズだが、現在渋谷のアップリンクX

にて土日レイトショーが行われている。
タイトルは「行方知れズ 渋さ知らズ1999〜2000」
ドキュメンタリー映画であり「行方〜」は
渋さの曲のタイトルでもある。

 

スカイ・Aアイスホッケー中継にて。

「冬ソナで稼いだ会社なはずなんですが..........。」

 

※12/11OA予定の試合はアニャンからハルラVSコクドを
放送する予定だったのだが、この試合中継がKBS
ストライキによって、キャンセルされた。
で、差し替えのバックスVSクレインズになったわけだ。
上の発言は実況中に出た一言である。

あの後には「社員の方はいろいろ不満もあるようです。」と続く。
さすがは氷上の格闘技の語りべ。
いいとこつくじゃん!!!!

↓KBSネタって事で、毎週楽しみに見てる「テレビ幼稚園」
のキム・スヨンお姉さんに登場してもらいました。










 


 

目が覚めたら、テーブルに「大阪空弁」
なる、弁当が置かれていた。
時間はかなり夕方に近い午後のことだ。
母か弟が物見遊山で、羽田の2タミにでも行ったのだろうと
思いながら食べる。

この弁当、伊丹でしか買えないようだ。
ピラフの上にビフカツ・牛すじ・牛焼肉とタマネギのバラ天

ピクルス2切れとレモンスライスが1切れ。
まあ、牛すじにナニワテイストを感じるね。
2つ食べていいという指令があったので
1つ目はご飯とおかずを別々に、2つ目はレンジで温めてから
バランとレモンを外して一気にかき混ぜて食う。
なんや、ダイエーで売ってたらしい。
「空弁」のくせに家で食ったし。

6月に韓国で行われるM−H戦は
どうやら、문학と사지크 で決まりのようだ。
문학はSKワイバンスの사지크はロッテジャイアンツ
のホームグランドである。
検討されていた잠실での開催は、
俺が応援するLGツインズトゥサンベアーズ
ダブルフランチャイズとして使用してるため、
日程が取れなかったようだ。
(잠실はシーズン中、月曜以外毎日試合が組まれている。)
사지크は、俺が初めて目にしたプロ使用の球場。
2002年の正月の事だ。
(同行した友人が「やってないのに行くのは無駄だろう。といって止めたが
強行した。球場の周りはインラインスケートの少年たちがグルグル廻っていた。韓国では日本以上にXスポーツも人気だ。)
韓国プロ野球のシーズンゲームを観るのはその年の秋、
잠실でのトゥサンベアーズVSLGツインズのソウルダービー。
応援団のスピーカーから流れる
CHUMBAWANBAのTUBTHUMPINGが球場に響いた時
「もっと早く来ればよかった。」と後悔した。
初めて海峡を越えたホームランを読んでから17年が過ぎていた。
それまでも何度か渡韓の話はあったんだが......。
문학は2002年にできたばかりの新しい球場で総天然芝。
風と芝の匂いが「野球にに来たんだぁ〜」と叫びたくなる場所。
昨年秋、元カープのエディ・ディアスを観るために向かった。
そこで、俺は奇跡的な(そして多分に精神的な意味での)対面を果たした。

ああ、行きたいな韓国野球。

「わたしのグランパ」を俺に黙ってやってやがった!!!!
怒るでしかし!!!
甘いでお菓子!!!
田圃に案山子!!!
てなもんや。

晩飯は、김치찌개(キムチチゲ)。

キムチチゲ鍋じゃないからね。

チゲ鍋っていうのは鍋鍋ってことだから。

キムチ・野菜・肉・魚・カニが入っていて

カニ食うときは某CMみたいやなと。

ある程度まで攫えたら、辛ラーメンでしめて

最後は、チルソンサイダーで止め。

最強。

 

いつまで続くかわからないが、TV関連のネタは
この「エピガイ」に書くことにした。
で、今回。
CS局のチャンネルNECOで、流星人間ゾーンが始まった。
意外だったのは、この番組CS初登場だったんだね。
何周かしてると思った。
表題のエピソードは、流星人間ゾーンの売りの一つであった
東宝怪獣の王様ゴジラが登場する回である。
結果、怪獣に助けられるヒーローという、歪んだ構造を生み出したんである。
この番組は1973年の制作なので、大看板のウルトラマンタロウや仮面ライダーV3
(魔神ハンターミツルギやアイアンキングもこの年です。)
アニメで言えばキャシャーンなんかと競合したわけである。
となれば、怪獣映画で勇名を馳せる東宝としてはゴジラ登場で
一気に出し抜けと思ったのだろうが、さにあらず。
(東宝が久しぶりに制作した電脳警察サイバーコップがスタートする際
「やばくなったらゴジラ出すんと違うか?」という空気があったのは否定しない。)
世の中とはうまくいかないもので、番組は26回で終わっている。
ゴジラ自体もこの時期には”正義の怪獣”として自分の立ち位置を
見誤っている時期であり、ちょうどゴジラ対メガロが公開された年である。
パンチパンチパンチ。
ま、力業で押さえれば皆が何かを間違ってきたときにできてしまった
あだ花って事で。




 


 

M−H戦については
잠실(チャムシル・ソウル)문학(ムナク・インチョン) 사지크 (サジク・プサン)
のどれかで、やるようだ。
俺のお薦めはムナクの球場だな、天然芝で海が近くてロケーションは最高よ。
ラッキーゾーンもあるし、球場前の屋台で売ってるカシワの丸焼きが最高。
ライオンズダービーは、台湾の統一獅(トンイルシ)を入れたらもっとおもろい。
シカゴカブス・ドゥサンベアース・La’newシォンの大熊仔熊対決とかもできるな。
こう書いてると、台湾の時報鷹・三商虎・味全龍がなくなったのは残念至極。

また、飲屋でこんな話しようや。

新設された羽田空港の第2ターミナルへ行ってきた。
P3パーキングの地下乃至は4Fに停めると、ターミナルの
連絡通路から直接はいることができる。
10数年前に鳴り物入りでオープンしたビッグバードの呼称は
引き続き使用されるらしい。
(ビッグバードよりもゴッドバードやという御同輩!!気持ちはわかりまっせ!!)


tobne


 


 


 


 


展望デッキから撮影したが、携帯ではこれが限度だ。

歩いてみた感想は、B1の京急とモノレールの改札からは
エスカーでまっすぐ、出発ロビーに上がれるが、4Fの連絡から
入ると1フロア降りなければならないのだが、これがちょっと面倒に感じた。
入ってるショップは、丸善以外は必要ないな俺には。
運転してるときに気が付いたが、第1と第2に挟まれて国際線ターミナルが
一層わびしく感じた。
シネコンなんかを備えた、金浦空港をみならえって話だよ。


 

日本からアジアリーグに参戦している4チームの中で
どうしても、戦力的に落ちる我らが日光アイスバックス
昨年は全く使わなかった(使えなかった。)外国人枠を
ついに使うに至った!!!!
その選手の名は、マーティン・テツヤ・カリヤ選手である。
実はこの選手、長男がNHLで、俺がファンのコロラド・アバランチ
所属のポール・カリヤ。次男が元バンクーバー・カナックスのスティーブ・カリヤ
というホッケーブラザースの三男なのである。
12/1契約で、すでに日光入りしている上に、5日には霧降で
ファンクラブ向けのサイン会も行ったようだ。
ヴィザの関係があるが、早ければ18日にもお目見えの予定。
俺の好きなーチームに入る三男坊か.......。
定.......。いや、思い出さないでおこう。
逆カン......。こういうネガティブな事は忘れよう。

いや、頼むぞマーティン!!!!!!!
俺は今シーズンの開幕戦でケビン木村のファンになったけど、
バックスで、霧降で熱い冬を過ごしてくれ!!!!


 


 

東京駅の敷地にある某所で供される「Aセット」
これを傍らに、友人と四方山話で盛り上がる。
お土産にもらった静岡おでんが旨かった。
黒はんぺんはおでんに入れてもいいのだな。
今まで、油通ししたものしか食べたことなかった。
話の内容は、かなりプライベートに触れるので
書かないが、盛り上がったのは事実だ。

無性にハートチップルが食いたい。
困ったのは近所のスーパーやコンビニで売っていないのだ。
あの、過剰なまでのニンニクの匂いはたまらんのですよ。
これは追憶のスナック菓子”スナッキー”の過剰なサラミの匂いにも
通じるのだよ。
ああ、食いたいな。

ナカガワ君のブログCOMMUICATION BREAKDOWN
とのリンク記念で連動企画としてみた。
(ナカガワ君無許可でごめん。)
向こうはプロレスの観戦実績だが、こっちはプロ野球だな。

手帳を開いてみよう。

続きを読む

今日は、いつもキムチなんかを取り寄せる
韓国食品の通販でチルソンサイダーチョコパイ
一緒にオーダーした。
チルソンサイダーは、韓国に旅する際は必ず飲むソフトドリンク。
(そう、酒飲みがマッコリを外さないように)
店でオーダーするとチルソンサイダーではなくキンサイダーを出す店がある。
あれは法律で取り締まるべきだ。
俺は、渡韓の際はホテルに1.5lペットボトルを常備しておく。
併せて、ミネラル・ウォーターと真っ青なスポーツドリンクもだ。
チョコパイはこっちの方がロッテのよりもおいしい。
若干こっちの方がクリスプなんだよな。
辛いピビン麺やキムチチゲなんかを食った後で、ホテルで食うと超うまい!!!
しかも安い。

平和島シネマサンシャイン18:10上映開始。
先月は立見で観るのをあきらめた「笑の大学」
劇団の座付き作家と警視庁保安課の検閲官とが
織りなすコメディーだ。
昭和10年代の浅草ものというと俺は
長坂”特撮に帰ってきてください”秀佳氏の小説
「浅草エノケン一座の嵐」を真っ先に思い出す。
この映画の主人公、椿一はエノケン一座の座付き作家、
菊谷栄をモデルにしているということもあって、前記の作品が浮かんだわけだ。

ほとんどが、部屋の中で行われる役所広司と稲垣吾郎の2人芝居。
演劇では人気があったそうだ。
芝居は観ていないので何ともいえないが、映画は今ひとつ
物足りなさが残った。
映画ではシットコムがなじまないということではないと思う。
ただ、なんかすっきりしない感が残った。
なんか、消化不良なんで38点。


 

友人であるJOE夫婦に第一子が誕生した。
実にめでたい!!!!!!!
なんか、自分のことのようにうれしい。
ほんま、おめでとう。
JOE夫妻。

このページのトップヘ