我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2007年06月

チェックしたのは、↓
シルバー!!






と↓
ジオラマ






他にもあるんだけどね。
ブログ掲載NGとかね。

 


 

 

大汗かきながら喰う、レバニラ。
最強。

やっぱり、ロッテのスイカバーだね。
ハロハロとか。

昭和ではなく平成の新日だったのか.........。
橋本・エディ・ビガロそしてペガサスキッド。
どのレスラーも、平成黄金期を語る際に、
いち度ならず、名前が出てくる人物。
新日における、失われた平成の行きついた果てが
スーパージュニアにおける、ミラノ・コレクションA.T.
の優勝だったりするのかもな。
そして、近年のハートダンジョンは明らかに呪われている.......。

BISが最近の円安は異常と警告した。

いやほんと、困るんすよ円安。
BIS(国際決済銀行)が、どんなコトしてるとこなのか
なんて、トンと知りァしませんがね、言ってることたァ
まま、真っ当なんじゃないかと。
貧乏旅行者のお財布に直結する話ですけぇ
書いておいた次第。
で、この警告で円がポーンと上がるってこたァないんですかね???

神宮球場14:00プレイボール。
スワローズVSマリーンズ。

去年も大雨の中で起きた光景が、今回も繰り返された。
8回表2アウト満塁、バッターは里崎。
かつての僚友シコースキーから打ったのは、逆転満塁ホームラン。
去年も同じカードの同じような状況で、里崎は逆転満塁弾を放っている。
本人も「雨で満塁の神宮は縁起が良い。」と言っていた。
すごいや。

同時に喰いタンを録ってしまった俺。

途中から見なくなったので、最終回も見なかった。
内山理名にああいう役は似合わないんだな。

 

大泉実成を調べていたら、ここにあたった。

だったら、受信料支払うか支払わないかの選択肢は
こっちにあるんだな?????
え?NHKさんよ。
君らのやってることは、強盗。
って、送られてきた封筒見ながら思った。

事実上のAA組織にするってコト。
だよね。
育成枠の登場で事実上、選手の70人枠は
無くなったわけだから、ファームシステムの拡充
というのは、最大の懸案事項である。
もっと独立リーグも、NBP所管のファームリーグが
あって良いんだが、そのまえに、
NBP自体が抜本的に変わらなければいけないのである。

選手は上に行くために努力している。グラウンドで
胸を張って戦っている。今はこういう状態だが
先には良いことが待っている。

2試合連続10点差負けを受けて尚、こんな発言が
出来る男。

マーティー・レオ・ブラウン。

デケぇ人間が超デケぇ!!!!!!!

 

いや、マジでさチームの連中、カープって名前に対して
人やカネがどれだけ動いてるのか、自覚がないだろ?
つーか、マーティには甘えてファンを舐めきってるだろ?
相手が3点取った後に1イニングが6球で終ったら、
西口も楽だよな。
何度も書いてきたけれども、客にはっきりわかるような試合の
諦め方をするのはやめてくれないか?
幕張やら所沢までそんな連中を見に行くために、行ってるんじゃないんだよ。
2年前では、監督がダメ。
今は、12球団でもっとも機能的なメソッドを提供する監督に
選手がついていけない、はっきり書けばついていこうとしていない。
交流戦で貯金します、って借金10だよ10。

夏は近いぞ







交流戦と同時に打線が梅雨入りしたカープに
文句タレながら本屋に行って発見した告知。
夏も近づく...........。

戸田恵梨香に激似の娘がいた。
やおい系の同人誌を抱えてた。

このチームの甘えと諦めの構造は、どうにもならんね。
完全にマーティに甘えきってるだろ。

今日、全球場で生観戦したファンは143396人。
6球場の平均、2万3千人強の人たちが
ゲームを楽しんだのである。
全試合がパ・リーグの主催ゲーム。
6.13という日付けになにか、示唆的なものを
感じるのは俺だけか............。

千葉マリンスタジアム18:15プレイボール。
マリーンズVSカープ。
観客は23419人。
あのとき同じマリーンズ戦。
違うのはマリーンズのホームで、相手がカープだと言うこと。
2004年から数えて、4度目の6.13。
前述のように、今年は全球場がパ・リーグ主催ゲーム。
4年前のこの日以後”消滅は不可避”などと言われていた
パ・リーグが生き残り、かつバファローズ難民の発生と引き替えに
設定された交流戦では、パリーグが今年は特に無類の強さを
発揮している。

6.13という日は、俺にとって俺の中のパ・リーグのとあるかたちと
決別せざるをえなかった日であり、あまり来て欲しい日ではない。
合併が正式に決まったのはもっと後だが、この日以降パ・リーグが
とり続けた態度は、もし合併が撤回されても、俺との間に
精神的な溝は残すだろうなと思われた。

バファローズの合併以後、野球観戦とは応援と同義だった俺に
新しい概念が生まれた。
それは、カープは応援するもの、パ・リーグは観るもの。
ということ。
イーグルスの高須と森谷は応援するが、もうパ・リーグにおいて
特定の球団を応援することはないんだろうなと。
パ・リーグの球場の雰囲気は好きだしこれからも球場に
行くことは続けるが、外野席よりも村松友視的な目線で
観ていこうと思う。


 


 

 

水曜日にはまた、6.13がやってくる。
あの日からの数ヶ月間プロ野球は労使共に
勝者のない闘いに突入していったのである。
2004.6.13以降、プロ野球との関わりが変わった
また、変わらざるをえなかったファンたちが居る。

今年の6.13の交流戦は、全てパ・リーグがホームで
行われる。
そこで、ひとつの願いがある。
ラッキーセブンの時に球団歌ではなく「白いボールのファンタジー」
を唄うのはどうだろうか?
いま、こうして交流戦が行われているのは
6.13のあの発表があり、以後の選手やファンたちの
苦闘が合った上でのことだと思うからだ。

こんな辺境なブログから、そんなことを願う。

神宮球場16:00プレイボール。
スワローズVSイーグルス。

はい「OSAKAユニ」着て観戦ですよ。

”兄弟以上の親友”Mから「久しぶりにサシでどうよ。」
と誘われたので、出かける。
ホンマ、サシは久しぶりや。
向こうが結婚して以後は、初めてか。
ならば、Mの実家近くでやっている祭りにでも
繰り出すかと。
十数年ぶりに訪れた、その祭りは以前よりも規模が小さくなり
その分、屋台の密集度は高くなった。
そんな話をしながらグダグダと2人で。
途中、雨が降ったのでMの実家へ避難。
これも十数年振り。
Mは明日、家族を連れてくるのだという。
愛息トレーシー(※)の祭りデビュー。
いずれは、御輿を担いだりするんかな。




※トレーシーは純然たる日本人であるが、俺が勝手にそう呼んでいる。
尚、俺の中ではトレーシーは既に競輪選手になる事が決まっている。


 

報道する資格を失ったなTBS。
あきれた。

最低限のルールが守れないならば、フィールドや
フェアウェイにいる選手をリスペクトできないのならば来るな。
この状況を是とする以上、日本のスポーツは文化にならない。

ボンゴレのトマトソース。

千葉マリンスタジアム13:00プレイボール。
プロ野球インターリーグ:マリーンズVSスワローズ。
昨日、毎日新聞の記事を読まなかったら、
安田記念で、ダイワメジャー軸1頭馬連総流しでも決め込んで
ダラダラ、過ごしていたと思う。
しかし、だ。
毎日新聞に「大毎オリオンズ回顧イベント〜君は東京球場を見たか〜」
の記事が、小さく載っていた。
かつて”光の球場”といわれ、歴史の波に消えた
東京スタジアムのビジョン紹介や
パネル展示等が行われたわけだ。
昨日は東京球場ポストカードまで配られたという。
行くしかないではないか。

オレは決して懐古主義者ではないが、自分が好きなチームが
どういう経過を辿って今に至るのか?
ということを知っておくのは悪いことではないと思う。
今日のイベントテーマ「東京音頭ゆずりました。」
このワードに惹かれて、スワローズファンでも
マリーンズの歴史に興味を持つ人が出てくるかも知れない。
残念なのは、ここまでやったらチームも大毎ユニでやれば良かったのに。

文化を考える上で、歴史は欠かせないファクターだ。
だからこそ、福岡時代を真っ向から否定してるあのチームや
2チームの歴史を潰したあのチームは、傲慢としか言いようがない。
プロ野球が、今後も次代に継がれる文化にするために、
ファンも球団も”歴史認識”を深める必要があると考える。

毎日新聞でなければ、絶対に載らなかったであろう
記事を読んでしまった..........。
なれば..........行くか.......。

(明日に続く)

主人公が、難病に冒された甥っ子の「仮面ライダーアマゾンに会いたい。」
という願いを叶えかつ治療費を稼ぐために、芸能界で頑張る話です。
(かなり要約)

前作よりも、かなり重め。





このページのトップヘ