我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2012年12月

気がつけば、2012年も終わりだ。
年々、1年の経過が早くなって行く。
そんな気持ちで、アキバ。
その後は、両国に移動して猪木祭り。
10年ぶりの国技館。
あの時は、ZERO−ONEの日米対抗戦だったな。
プロレス自体、6年ぶりだ。
たまには、こういうのも良い。
さて、試合後は同行のYさんと新橋の近くに移動して
時間を調整して、友人Mと合流してフーターズ銀座の
カウントダウンパーティー。
元日は、ヘロヘロだろうな。 

来年は、鐘路のカウントダウンを楽しみたい。

親の運転手で近所のスーパーやコジマ電機へ。
蛍光灯を買い、部屋の照明を替えたらとんでもなく明るくなった。
雨がかなり、強くてビックサイトの一般参加者は
大変だったろうな。

いままで、この集団の忘年会は猪木酒場だったんだけど、
今回は、諸事情によりフーターズ。
相変わらず、楽しい店だ。
来年も、折に触れ行く事になるだろう。
赤坂も、銀座も。
あ、大晦日は銀座店でカウントダウンパーティーだ。

2012年最後のカレーライス。
ポーク&チキンで、プチ豪勢。

これと

 

これ



相棒なし。
次は、元日SPか。
毎年、元日の各付けチェック→相棒の流れは
テレ朝の金看板やね。

惣菜の唐揚げ。
何故かって?
ケンタがアホ混みだったから。

2曲選んでみた。

1曲目は昼間呟いた、この曲。

 

2曲目は共感する人も多いだろう、この曲。

 

昔、コミケ(幕張時代)とイブが重なった。
一般参加だったので、前日から徹夜でメッセに乗り込んだ俺は、
昼過ぎに帰宅後即爆睡。
起きたら、テーブルの上に、ケーキやチキンの喰いさしが残っているだけで
家がガランドウになっていた。
その時の、静寂が今でも忘れられない。

負けたんじゃない。
天が、来年も生きていくための目標を
俺に与えてくれたんだ。
それだけのこと。

おかしい、本来ならば009を観にバルト9へ行くはずだったのに
雨の中、秩父宮でフットボールを観ている。
しかも、寒い。
第一試合後、売店前に設えられたテーブルで、パスタをかっこみ
寒いので、コーンポタージュを買って席に戻る。
旨い不味いじゃなくて、暖かいのが救い。
第二試合のインターミッション中に、天気が良くなったので
バックスタンドへ。
試合後は、駅への途中で少年野球を観たり、マイミクのAさんと野球談議をしながら。

その後、アキバを徘徊。
ミッションをこなし、六本木へ。

最近はすっかり年1の会合となってしまった、連中とジンギスカン。
「玩具屋もない六本木とは!?」という問いに「旨くて安いジンギスカン食べ放題があるからだ」と。
この店が、良いのはソフトドリンクのみの飲み放題が有ること。
来年は、年1ではなく多く会えると良いんだけど。
六本木のドンキは特に収穫なし。
思ったよりも、イヴ前日の六本木は静かだった。

明日行く、フットボールのチケットを発券。
手数料入れると、前売りでも¥95しかヴァリューが無い。
これならば、当日でも良いよなって気になる。

安売りだったので買った。
ベーコンピザとプレーンピザ。
結構、クラストが厚くて、旨い。
あったかいと、もっと旨いんだろう。

アレ(金失)を観るのは業腹も業腹だが、
土曜日は、秩父宮に行こう。
業腹だがね。 
リコー観たいし仕方が無い。

最近、高いんだな。
昔は、もっと安かった気がする。
必要だから買ったけど、
もう少し安いのが、欲しかった。

今月の初めから、突如としてシャットダウンも
再起動もログオンも出来なくなった、デスクトップPCだが
いろいろ、試行錯誤していたら甦った。
システムの復元で、スタートアップの復元とメモリチェックを
行ったら回復したんだけど、詳しい事は不明。
直ってなによりだ。

家に長く居ると、ネットで密林探検に勤しんでしまう訳だ。
で、ダークナイトライジングブルーレイ&DVDのセットを
ポチる。
ブルーレイ単品は、廉価盤にならないと出ないんだね。
特典映像が欲しいから、これにしたけど。
来年には、アルティメットトリロジーBOXが出るのに。
セカンドスクリーンも楽しみだ。

所謂一つのミートグッバイになったので、
予定は全て白紙に。
この歳でなるとは...
いや、この歳だからなったのか...
セルが壊れてて、キックでしか動かない原付も
慣れない左足でキック。

家にあるのは、すべて肩こり腰痛に効くヤツだった。
色別に、効能が違うと思ってたのに。

いきなり、殴打された状態のカイト君は
熱中時代刑事編のオマージュかと思ったり。
この前後編が終われば、年内終了で
元旦スペシャルか。

地元のダイエーで、期間限定ながら二木の菓子が
オープンしている。
昔は、イベントの前に御徒町まで買出しに行って
おやつセットとか作って、関係者に配ったのが懐かしい。
売り場が狭いので、御徒町のワクワク感は無いが、それなりに楽しい。

ムービー大戦。
鑑賞後、友人と大反省会。
来年の春映画、今度はギャバンvsライダー・戦隊なので、
再来年の春映画は、コンドールマンvsライダー・戦隊・ギャバンか? 
プリキュアのオールスターものは、予告を観るとそれなりに楽しそうに感じるんだけど
スーパーヒーロー大戦は、予告を観るだけで暗澹たる気持になる。

映画館のタダ券は、人生の特等席ではなく、こっちに使えばよかった。

90年代の終わりから00年代の初頭、毎日のように
そこを車で走っていたので、出来つつある所から
完成までを、見届けてはいた。
しかし、俺には関係も必要も無い場所だと思っていた。
その場所の名前は「味の素スタジアム(正式名称東京スタジアム)」

事情が変わったのは、数年前からフットボールを観るようになった事。
かつ、今年は東芝の後援会に入っているので東芝のゲームは無料観戦。
で、ボク・ノート祇す罎如⊇蕕離▲献好紳慮海帆蠕った。

入って思ったのは、広い。
初めて国立競技場に行ったのは1982年11月10日のこと。
その時も、野球場とは異なる配置のスタンドや、フィールドの
形状に息を呑んだものだが、今回も唖然だ。
まあ、男3人でワイワイしながら観戦。

惜しむらくは、調布飛行場にランディングする、飛行機の写真を撮り逃したことだ。

帰り足、O氏(いくら、渋滞でも助手席でDS始めるのはやめて。)を送るついでに
通った、成城学園前駅周辺の変わりように驚く。

主人公が、メジャーリーグのアナログな
老スカウトってだけで、観るリストに入れるわね。
しかも、スカウトが所属してるのがアトランタ・ブレーブスとなったら
観ない理由がない。
そして、この映画のアウトラインだけを知ると
マネーボールと比べたくなると思うが、それは
全く、無意味なことだと言っておく。



ちゃんぽんは普通だった。
もう少し、特徴が欲しかった。
ラーメンとは離れるが、
アイスにかけると固まるチョコは
最近、アイスマジックではなくて、ハーシーズなんだね。


 
CMの後に、一瞬映る映像にも注目。

ブログネタ
2012年もあと1ヶ月!やり残したことはありませんか? に参加中!
数時間かかるよね。
大体が、1年間きっちり目標通りに
終わらせられる人など少ないわけで。
年齢とともに1年365日(あ、今年は366日か。)8760時間
(あ、今年は8784時間か。)が短く感じるし。
今年、バカボンのパパと同じ年齢になって、言えることは
「不惑の四十」なんて、ウソやで。

近所のダイエーで¥98なんだけど、
ワンタン麺が旨かった。
味噌汁代わりに、これでいい。
逆にカップスープが高く感じる。
いずれちゃんぽんと、焼きそばにも 挑戦してみるか。

会期末も近づき、ようやく荒木伸吾回顧展『瞳と魂』に行ってきた。
行ったのは昨日なんだけど、昨日はシアターNのことを書いたから。
会場のギャラリーは、廃校になった中学校を再利用したものだ。
原画を見て思うのは、線の躍動感。
矢吹丈もルンルン・フラワーも。
そして、描かれたキャラクターの持つ眼力の迫力。
改めて見るとその目に圧倒される。
こんな、キャラクターを見て育ったんだな、俺は。
ドラグナーと勇者シリーズの間の穴埋めの印象しかない、
ユリシーズ31も氏の仕事だったんだ。
惜しむらくは、月光仮面の原画やセルも見たかったな。
でも、これほどの展示が木戸銭無料で見られるって、凄いことだ。




渋谷のミニシアター、シアターN渋谷が
今日を持って閉館した。
この映画館で、特に印象が強かったのは
ネットの運動から上映にこぎつけた「ホテルルワンダ」
これは、観ておいて良かった映画。
最後にこの映画館を訪れたのは「テコンV字幕版」
最近は足が遠のいていたが、こういう小体な映画館が
消えるのは、本当に惜しい。

映画の日に公開となった「007スカイフォール」である。
歌舞伎町の東急ミラノ2で鑑賞。
本館はヱヴァQやってた。
前作から4年か。
結構、待ったんだな。
ダニエル版ではQが初登場だったんだね。
パンフ読むまで気がつかなかった。

このページのトップヘ