我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2013年10月

愛用していた、ツイッタークライアントアプリのEchofon(ios版)が
アップデート後、起動しなくなったので、バックアップのじゃねったーで
この2日程はやってたんだけど、今朝、無事復活の報を聞き再インストール。
やっぱり使いやすいわ。
 

先だってのチョコレートであるが
いざ、実食。
イメージは、板チョコ版のルックチョコだね。
ただ、ルックは味が何種類かあるけど、板チョコだから
これは、味が一つしかない。
でも、¥100ならば十分なボリューム。 

高須に戦力外か...
寂しいな。
このことがあったから、美馬がシリーズ初勝利を
あげたのに、いま一つ喜べない 

昨日、池袋の有名菓子チェーンで¥200近かった
フルーツフレーバーのチョコレートが、地元の¥100ショップで
普通に売ってた。
物の値段とは不思議なものだ。 

池袋で、謎の会談。
昨日の新宿もそうだったが、
池袋も御多分にもれず、仮装が多い。
この2日間で白雪姫を何人見たことか...
リブロで球場ラヴァーズの新シリーズである
だって野球が好きじゃけんを購入して、
帰りの山手線で読了。
基町さん、素敵すぎる。 

雨の中、早々に家を出る。
1か所寄り道をしてから、ダイドーへ。
関東大学アイスホッケーリーグ観戦。
最近、不足しているアイスホッケー成分の補充。
最初は1人だったが、途中から友人が合流して2人で観戦。
試合後は、2人で新大久保へ移動して別の友人2人と合流。
韓国鶏料理を食べながら、野球トーク。
変なバイアスのかからない、野球トークは楽しいよ。
2次会はカラオケ。
君を乗せてには、やられた!!って感じ。
楽しい夜だった。 

成分補給のためダイドーに行く。
夜は、大野球トークだ。 

未だ、日本シリーズ前のドラフトには違和感が残るが
田村、良くやった!!
大瀬良潰すなよ、ノムケン 。

相棒の2話を見逃すなど

清川が関東のチームのユニフォームを着るってのが
凄い違和感。
今年、日立のコーチだったけど、プロだと完全に西の人の
イメージじゃん。 

大田で新大学と思ったが、雨だし
大田区体育館で、水木一郎と堀江美都子のライブが
木戸銭無料で楽しめるので、そっちにしようと思いながら、
眠り、目覚めたら菊花賞すら終わってる時間だった。
仕方なく、キーマカレーとナンにトマトパスタスープという
朝昼おやつ兼食を済ませて、KBOプレーオフを見たり、
怪奇大作戦セカンドファイルを見たり、アステカイザーを見たり
してたら、案外時間が過ぎるもんである。

 

10.19から25年。
当時高校生だった俺には25年後なんて
想像も出来なかったし、想像してる余裕もなかった。
とにかく、目の前でバファローズが優勝を決め、
仰木監督が、胴上げされるのを観たかった...。

20周年の時もやったんだが、今の川崎球場を撮りに川崎へ。
5年前は、まだ球場の今後がはっきりしていなかったが、
今年は2015年に、アメフト専用スタジアムへ変わるという事で
改装工事の真っ最中だった。

これは、俺が初めてプロ野球を観た(ロッテvsクラウン)そして、その後
いくつもの思い出を作った(中学時代なんて、チャリで40分かけて行ってた)
球場が、ついに「野球場」で無くなるという事。
なんか、バファローズの思い出もオリオンズの思い出も、拭い去られるようで寂しい。

当然、思い出の中でもピークは10.19になるんだけど。
あの試合を観ていなかったら、俺はもう野球を観ていないんじゃないか?
と思う事がしばしばある。
それくらい、大きな試合。

思い出に浸りちょっとだけ競輪をして、
寒かったので、駅前のドーナツ屋(思えばここは、ロッテ資本だ!)で
暖をとりつつ、ガジェットの充電を行い。
帰宅後は、仮想実況。 

異常な眠気。
こんなん、久しぶりや。
とにかく眠い。
徹底的に眠い。
とにかく、場所を選ばずに眠れそうな勢い。
こういうときは

とか、
 
とかは、聴いてはいけない。
なんとかやり過ごして、夜へ。
都内某所のチキン店は、チキン食べ放題がレギュラーメニューになってた。
飲み放題と併せて¥3150。
コスパは良いと思うんだよね。
で、先週の品川に続いて、Friday Night Talk。
俺が恵まれてるのは、こうやって話を聞いてくれる人がいることだ
先週も今週も。
トークに没頭している間に、カープがCS敗退をしたんだが。 

明日、都内某所にて
Friday Night Talkを行うことに。
NZ戦のチケットも受け取ることになる。 

ってタイトルにしながら、パトレイバーの
小説版は一切読んでいない俺である。
いや、台風一過で風が強かったから。
ちょっと、思い出した。 

と言うほど語るべきものも無いんで
この曲を。

 

ケロッグよりも安さでシスコーンを選ぶことが多いんだが、
チョコ味に、イチゴ牛乳とかフルーツオレみたいのをかけるのが理想。
実は、プレーンのやつに黄粉と牛乳ってのもイケるんだぜ。 

東京野球ブックフェアでの獲物は、イーグルスの
レプリカユニ3枚¥1000。
ブースを冷やかすのも楽しいけれども、
往来の人たちと会話するのも楽しい。
予定より、若干時間をオーバーして、離脱。

大江戸線でのんびり新宿へ出て、トークタイム
時間を気にせずに、話せるのは連休の中日だから。
中々、持てる時間ではないので貴重だ。 

2度寝したら、目が覚めたのが16時前。
NPBCSもKBO準プレーオフにも乗り遅れる。
仕方ないので、gdgd録画した番組を見て
やり過ごす。 

「MAN OF STEEL」が最終上映日ってことで、
慌てて観に行く。
お台場inぼっち。
インフレ化していたスーパーマンの強さを、再設定した
2008年以降のコミックのシリーズに合わせて、スーパーマン映画も
再設定。
で、スーパーマンリターンズの更に前の話から、スタートとなった。
バットマン3部作みたいな、感じではないけれども、面白い。
 

こういう作品のために、地デジが有るんだなと。
これまでならば、劇場でも出来るかどうかわからない
CGレベルでしょ。
話も、面白いし視聴確定。 

八王子名物の、青竹豆腐。
これは、文字通り中をくりぬいた青竹に
豆腐が入ってる。
結構なボリューム。
醤油よりも、塩で。

さらに、千葉名物の茹で落花生。
煎るのも好きだが、茹でも悪くない。
 

ATLの短期決戦の弱さ。
フリーマンの守備を始めとして、
いろいろと、悔やむ点は多いが、
終わった以上、今シーズンを踏まえて
来シーズンは、WS進出を目指してほしい。 

午前中に、用向きを済ませていったん帰宅。
しばし後、東京テレポートへ出て、マイミクのOさんと合流。
某メディア企業近くでHさんと合流。
デックスにある、メキシコ料理屋へ。
実はOさんから、昼飯にカレーはどうですか?
と声を掛けられていたのだが、ミッションにより
お台場へ行くことまた、せっかくの機会なので
平日しかやってない、メキシコ料理のビュッフェに行きたいのだ
と言うと、Oさんも賛同してくれた。
かような次第で、Oさんと俺はビュッフェを喰う気満々だったのだが
Hさんは、昼食を摂ってしまったようだ。
ま、お構いなく店へ。
タコス、パスタ2種、チキン、ジャンバラヤ、サラダと
ソフトドリンクとミニサイズのソフトクリームが食べ放題。
特にクーポンはないが「ぐるなび」の店紹介画面を見せれば
¥1200が¥1000に割引される。
旨かった。
チキンも所謂クリスプチキンだ。
タコスはソフトタイプのトルティアに、具材を自分で乗せていくスタイル。
出来合いのタコスが並んでるよりも、はるかに良い。
タコスの具材で、タコライスを作ることも可能。
ここでの話題は、野球と漫画。
Oさんも、喜んでくれたようで何より。
その後、某メディア企業に潜入し、ミッションを果たし
仕事のあるHさんと一旦別れ、俺らは新橋へ。

新橋駅前では、古本祭りが行われていて、ポツポツと購入。
ヤマダに寄って、銀座線で外苑前へ。
さすがに、鱈腹メキシコ料理を食べた後だったので、蕎麦屋には寄らず。
ファミマも大混雑。

試合途中までは、Oさんと2人観戦だったが
仕事を終えた、AさんやHさんも合流し全員が揃う。
これまで、その打球のほとんどがノーダウトホームランだった
バレンティンが放った60号ホームランが、すわ、ライトライナー??と思わせる
低い弾道の打球だったのが、野球の面白さ。
引退セレモニーは本当に迫るものがあった。
雨も気にならないくらい。

内容の濃い、金曜日であったのだ。

 

LGツインズは今日が最終戦。
いつもの年の、最終戦と違うのは
この試合に、2位がかかっているからだ。
ただし、LGが2位フィニッシュする為には、
テジョンでゲームを行う、ハンファがネクセンに
勝ちまたは引分け、その上で、LGは斗山に勝たねばならない。
ちなみに、ネクセンはハンファに勝つか引分けた上で、斗山の勝利が条件。
斗山はLGに勝ち、ネクセンが負けるのが条件。
ともあれ、ソウルに本拠地を置く3チームが、同日同時間に
2位をかけて、死闘を繰り広げるのである。

そんな、条件で行われたゲームであるが、
まず、ハンファがネクセンに勝ち、 LGが勝つまでが
ヒヤヒヤの時間だった。
しかし、なんとか勝利。
2位が決定し、LGのポストシーズンは
プレーオフからとなった。
潤沢とはいえない、ブルペン事情を考えれば、準プレーオフを
戦わないで済むのはありがたい。
11年ぶりのポストシーズン。
選手たちには、晴れの舞台で思いっきり戦ってほしい。 

今年は、プロ野球(ここではNPBね)において、前田智徳を筆頭に主に90年代に活躍し
長く現役を続けてきた選手の引退が目立つ。
年代的に、そういうタームなんだろうと思うが 、
この世代の(未だ引退の気配がない、山本昌も含めて)選手寿命の長さは
特筆すべき事項だろうと思う。

神宮球場で、宮本慎也の引退試合を観た。
前日の前田智徳の引退の際にも思ったのだが、
「もしかしたら、俺には00年代が無くて90年代を2回繰り返したのかもしれない。」
ということ。
映画フィールド・オブ・ドリームスで、嫌味なオバハンと口論となった
主人公レイ・キンセラの嫁である、アニー・キンセラが
「あなたは60年代を2回繰り返して、80年代を迎えたんだわ!!」と
喝破するシーンがあるが、まさにこれを、90年代に置き換えて自分に向けると
妙に納得してしまうのだ。
それは、90年代と00年代を比べたら90年代の方が楽しかったし、
今、俺が話をしてる中で出てくる知識の大半は90年代に仕込まれたもの。
交友関係だって、90年代に知り合った人たちが中心だ。

だが、しかし、同世代、同い年の選手がグラウンドから去って行く光景を目の当たりにして思う。
俺も、いい加減10年代と向き合わなければいけないのだと。 

24年間という、長いシーズンにピリオドを打った
前田智徳選手、お疲れ様でした。
熊工からカープに来てくれて、本当にありがとう。
 

身体中にカビが生えそうな、天気から一転
雨が上がり、ふと眼をやったら虹が。
久しぶりに、くっきりとした虹だ。


































一部の地域では、ダブルアーチが
見られたようだね。

 

タイトル通りの1曲。 

都民の日、昔はカッパのバッジを買えば、後楽園球場のハム戦や
神宮のヤクルト戦は無料になったな。
それ以外に、東京タワーなんかも無料になった。
あ、でもバッジ代¥300払ってるから完全無料じゃないか。
カッパのバッジは1997年に廃止されたんだね。 

このページのトップヘ