我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2014年03月

一夜明けて、本郷猛や神敬介は絶対にあんなセリフ言わんよなと思う。
今後、大戦もの映画で「実は作戦」展開禁止で。 

大好きなXライダー、神敬介が出演するとはいえ
スタッフがスタッフなので手放しで、喜ぶことは出来なかった。
救いは監督がこれまでと違う事。
で、新宿バルト9。
友人が金曜に、チケットを確保するにあたり、ホルスの上映会
でもらった招待券を使おうと思ったが、なんと招待券の使用は
当日券でしか有効ではないとのこと。
券面にそんなことは、全く書いてない。
映画館の都合で書かれざるルールが存在することが、信じられない。
さて、日曜の昼上映。
観客は満員。

もったいない、非常にもったいない映画。
脚本には期待していなかったが、レッツゴーに近い位は努力していたと思う。
ただし、最後のライダー大戦が全てをブチ壊しにした。
途中途中も??と思わせるところはあるんだけれども、ライダー大戦の蛇足加減の前には
瑣末なこと。
大戦要素を排し、ムービー大戦みたいに劇中で描かれていた敬介と巧の交流と、シュウの話を
別建てにして、最終的にライダーがバダンと戦う話にすれば良かったのに。
ライダーも全員出す必要はないし。
パンフを読んでたら、脚本家が「正義とは危ういもの」と言ってたが
仮面ライダーを立ち上げる際にブレーンだった市川森一さんが言ってんだよな。
故に仮面ライダーは、正義の味方じゃなくて「人類の自由と平和のために戦う」って
なったんだから。
別の脚本家で神敬介と乾巧が共闘する話を作ってくれんかいの。
あの部分は、この映画の良心である。
最新の技術で甦った、Xライダーの変身「セタップ!」が観られたのは合格。
レッドアイザーとパーフェクターという変身アイテムを使って変身するXって、現在のライダーの変身と
親和性が高いと思う。
俺がXを好きなのも、1号、2号、V3の変身と全く違う「セタップ!」があったから。
だから、パワーアップして大変身になった時はちょっと寂しかった。
その後の客演でも大変身だったし。

鎧武1号アームズは、カッコ悪いを通り越して醜悪。

映画の後は、久しぶりにフーターズ


 

昨日はNPBが開幕、今日は韓国KBOの開幕だ。
さて開幕2日目、神宮へ行くことにした。
日差しの中で観る野球の楽しさと言ったらないね。
そして、他チームの選手でありながら毎年注目している
ベイスターズの筒香もそれなりに活躍したし。
カープファンだけど、チケット優待に惹かれて友の会に
入会した関係で、ベイスターズも例年以上には気になる
存在になった。
ちなみに、一緒に観戦した友人はカープファンだけど、
スワローズクルーに入会したとのこと。
彼の神宮愛を当然のこと。

夜は、都内某所でレジェンドの経営する店へ。
以前よりこのレジェンドが店をやっている情報はあったのだが、
全く実態がつかめなかった。
何年も追い続けた結果、インターネットではなくヒューマンネットワーク
から、店の事がわかった次第。
情報を掴んでくれた若い友人には感謝してもしきれない。

ここで開幕祝をやったわけだが、もつ鍋最高。
しかも、麺とおじやのご飯は6人で行ったにも関わらず
1人前以外はサービスとしてくれた。

帰宅前の数分だったけれども、往時の話を聞くことが
出来て良かった。
また同時に、もっと早く来ていればよかったと
後悔した次第。

帰りの電車では、この夢のような数分を噛みしめた。
 

いろんな国で、開幕戦が行われるけど
やっぱり、NPBの開幕は格別だよね。
野球好きはここから始まってるわけだし
組織体に色々言いたいことはあるけれども、
とまれ、今年も始まったのだ。 

明日から「あの問題」から10年目の2014年NPB公式戦がスタートする。
この件には、いずれ触れるが今日の本題じゃない。

昨年は、カープとイーグルス、さらに海外ではATLとLGまでもが
ポストシーズンに進出し、アウアウしたシーズンだったが、今シーズンも
こういう、贅沢な悩みが楽しめれば良いんだがなと思う。
ただし何度も書いているが 、俺はノムケンも星野も嫌いだ。
優勝したからとか、3位になったからとかで許すつもりは無い。

さて、カープである。
昨年の3位は、中日高木監督の異次元采配と、ヤクルトがケガ人続出で
落ちて行った結果なので、今シーズンは実力で勝ちぬき、昨年出来なかった
勝ち越しと優勝を目指そうじゃないか。
晴れの暁、旨酒を酌み交わそうという意気である。

ともあれ、明日からは野球の結果に浮き沈みする季節が始まるのだ。



スーパーで安かったので買ってみたが、最近はマーブルだの
キャラメルだのいろんな味があるもんだね。
切り落としだと、安くて量が多くて良いよ。
どうせ飲み物と流し込むから、四角い必要は無いし 。

大田スタジアムで鷺宮製作所vsセガサミーを観る。
セガサミーの監督は今シーズンから、元 ロッテの初芝が就任した。
セガサミーとしては、青島健太、佐々木誠に続く3人目のNPB出身監督。
試合は、コクもキレも無いまま延長タイブレークに突入した結果、セガサミーが勝利。
守備が徹底的に不安。

それと、乗替選手が出てくると、脳内で山口勝平ボイスが再生されるのが困るw

 

ACTレオVer.2だが、まだ開けてない。
週末まで、開けないなこりゃ 

天の指令Xから下される指令のままに
一日が過ぎる。
 

7人制フットボール、ワールドセブンズ東京大会。
さすがに、第1試合からは厳しかったので、
午後から秩父宮へ。
そこからでも、試合終了まで8時間たっぷり楽しめるのだ。

試合も楽しいけれど、場内で盛り上がってる観客を見るのも楽しい。
全シリーズ観戦するために世界を廻ってる猛者もいるんだろうな。
羨ましい。

友人とトークしながら観てると、時間などすぐに過ぎる。
この季節は、ウィンタースポーツのシーズンから野球シーズンへの
切り替えの時期、セブンズが終わり、アジリーグのファイナルが終われば
スタンレーカップを横目で見ながら、野球一色の暮らしがやってくる。 

地元のヤマダでACTレオを引き取った後、アキバを徘徊して、新宿へ。
友人とパセラで集合して、カラオケ2時間30分。
あっという間に終了した感じ。

そのまま2人でバルト9へ移動して「太陽の王子ホルスの大冒険」
トークショー付上映会。
早めに着いてロビーで待っていったら、カップルの大行列が出来ていて
こんな連中もホルスを観るのか!?と思ったが、アナと雪の女王の列だった。

トークで明かされた「かぐや姫の物語」の裏話に聞きいる。
ついでホルスの上映。
ホルスの上映は1968年、当時の東映まんがパレードのメイン作品として
公開(同時上映の1本には、ウルトラセブンが入っていた)されたので、
当然1971年生まれの俺は、本上映では観ていない。
テレビか公民館での上映会で観たんだと思う。
改めて大画面で観ると、手書きであるが故の奥行き感や、色の深さに
ただただ感心する。
その、画面力に圧倒されたまま、残り数分となった所で、
ハプニング発生。
映写機トラブルで、上映中断となった。
どうやら、映写機のタマ切れで交換するために20分のインターミッション。
映画の残り時間は、あと十数分...。

一旦、再開したものの、数秒で再びトラブル。
また、数分のインターミッションである。
2度目のトラブル発生では、場内から拍手が。
会場に来てる年齢層から言っても、客はみんなホルスの話なんて
頭に入ってる人たちだろう。
だからこそ、こんな(デジタル上映時代では、考えられない)ハプニングが発生しても
拍手を送る余裕がある。

予定時間から40分押しで、上映終了。
おかげで、予定してた飯タイムはお流れ。
仕方あるまい。

このハプニングで、バルト9の招待券を貰えたので
早速、来週のライダー大戦で使う次第。




 

地元のスーパーを探検。
昨日は混んでたけど、今日は雨もあってガラガラ。
色々と見て回る。
冷凍食品コーナーは、業務用なんかも置いてあるんで
面白いね。
地方の特産品が置いてあって、こういうのには弱い。 

今回は、及第とはいえないね。
ちょっと、権力にたより過ぎた。
俺のTL上もラプンツェルが優勢だったし。
途中から、完全にながら視聴。
次回シリーズに期待。 

春一番に、マリンのオープン戦は
1回ノーゲームか。
子供の頃、電車をひっくり返した春一番があった気がする。
春の訪れは悪くないが、春一番の到来は、穏やかでも良いと思うね。 

そろそろ、春一番も吹くだろうて



でも、木曜あたり寒いらしいね 

ハマスタに行くので、ついでにブルク13でギンガ劇場版を観る。
桜木町で降りたということは、同時に川村屋でそばを手繰るのは同義。
とり肉そばにイカ天を添えて。

映画館のロビーは、ギンガを観るキッズとアイマスを観る大人が入り乱れててカオス。
と思ったんだけど、映画にカオスウルトラマン出てきた。
ま、この映画のためにわざわざ出向かないよね。
扱いが単館上映作品なので、昨年の劇場版1は単館上映作品では1位だった。
予想以上に人が入ってた。
よって、上映終了後のギンガとのグリーティングも長蛇の列。
グリーティングを放棄した俺は、別の出口から脱出。
ハマスタへ。

ハマスタで友人と合流して観戦。 
1人は初対面だと思っていたが、会ったことがある事を
思い出した。

先週出来なかった、景品の交換も無事終了。
バッグも考えたんだけど、結局キャップ。

特筆すべきは、筒香の長打が漸く見れた事。
最終回ソーサがgdgdだったので、試合終了を観る事なく移動。

帰宅後、キャップは父の手に...
 

QVCマリンへ。
朝早なんでせっかくだと思い、ここのところ
リア充の誉れ高いH氏と品川のコダマに行くも撃沈。
早々に海浜幕張へ。
マリンと言えばタコスであるが、行ってみたらチキン焼いてるから
ちょっと待ってね!
と言われたので、ミュージアムヘ。
時間も早かったし、じっくりと観察。
ビバオリオンズに聴きほれる。

無事タコスを買い入場して、席を確保。
2F席の通常なら指定席のカウンターパノラマシートで観戦。
他の2名も合流して、4人で観戦。
天気も良いし、先週の日曜同様、野球を観るには最高の条件。
カープは勝ったけど、ちょっと手放しでは喜べないかな。

その後はアキバを冷やかし、ディナーは贅沢に、すたみな太郎 。

オープンするんだね。
早めに行こう。



怪獣〜といえば、この曲でしょ


俺の歳時記では、相棒の最終回と定めている。
異論は認める。
 

WF2014夏の申込み及び、当日版権予備申請が完了。
さて、新作が通るかどうかが非常に楽しみ。
個人的には、原型師がいずれやるだろうと思ってた作品。
俺らの世代から上のSF好きのモデラーは一度はやってみたい作品だろうと思う。
版権がどうなるかわからないから、ここでは作品名を書かないけど。
さて、どうなるかな? 

本日、目出度く野球始めの儀と相成りました。
仲間たちと、ワイワイ言いながら観るのは最高に楽しい。
様々な条件を勘案して、ベイスターズ友の会に入会。
入会すればオープン戦観戦は無料なので、今日と来週行けば元が取れる計算。
それ以外に内野B席招待券が2枚と、横須賀招待券が1枚、プラス景品。
今回は景品を引き換えなかったので、引き換えは来週だな。

今年は、やるよな筒香!

参加者の皆さんお疲れ様でした。
お土産を頂いたり、お世話になりました。
 

昨夜、神保町シアターにてゴジラ映画一挙上映があることを知った俺は、
勇躍、キングコング対ゴジラを観るために神保町へ向かった。
途中不安になったので、映画館へ電話を入れてみると「チケットは残り3枚です」 
と言われた。
電車に乗りながらも「内幸町なんて通過しろよ三田線!」と内心思いながら神保町。
人気店さぼうるの行列(キッチン南海も行列してた)を横目に、シアターへ!!
この電脳社会にありながら、オンラインによるチケット予約を行っていない同館では
早く着いたものが、チケットと良席を手に入れることが出来る、至極公平なシステムなのだ。
ロビーでチケットある?と聞くと98番目だという、白金台からの途上でチケットが
1枚しか売れてなかった幸運を喜ぶべきなのだろう。
99枚中ブービーのチケットを手にした俺は、一旦神保町探索へ。

時間になり入場。
スクリーンを見上げる位置での鑑賞するのは久しぶりである。
ミニシアターの割には、スクリーンがデカイし。
ラストは、なんとなくぼんやりした感じだったけど、全体的には面白かったな。

その後はWFの打合せと、打入りを兼ねてジンギスカン。
やってるのは、相撲の陸奥部屋の関連会社みたい。
旨いし、ガンガン食えて幸せ。
新作の版権が通れば尚のこと良いんだけど。
 

近所で有名ポップコーン店が臨時出店しているというので
寄ってみた。 
感想、高いし少ない。
色々なフレーバーを楽しめるので、その分コストが掛ってるんだろうけど。
でも、食べたら旨かった。
ただ、2度目は無いな 

日専で放送された、ゴジラとゴジラの逆襲が無事に録画できたんで
一先ず安心。
これから、毎月5のつく日はゴジラ映画の日だ。
コンプ出来る機会だから、良いんだけど。 

<東宝チャンピオンまつり備忘録>

やさしいライオン

原作やなせたかし
製作虫プロダクション
上映時間24分

※タイトルから、西洋の童話だと思ってたのは内緒 

ホビーマニアックスによると、かつての大人気作品
「気まぐれオレンジロード」の版権に関して、大きな動きが 
有りそうだという。
オレンジロード、特にヒロインの鮎川まどかは、かつてWFにおいて
「鮎川まどかとPOPに書いておけば、泥人形でも売れる」と言われた時代があった。
が、後にオレンジロードの作品は当日版権イベントから姿を消した。
まあ、色々な神の手が働いたのであろう。

しかしだ、このご時世になって鮎川まどかの名前を目にしても
かつての売れっ子AV嬢が、ポンと企画物AVに混じってるような感覚だよね。
オレンジロードは今年、連載30周年という事だが、さてこの周年期に乗ってくる
人たちは居るのだろうか? 

昨日、代々木に持って行ったメイプルリーフクッキーであるが
俺はアキバの輸入食品店で買ったんだけど、他の店でも
買えるようだ。
クッキーにもメイプルシロップが入ってるようで、全体的に
甘い!
オリンピック連覇だし、勝利の味とは甘美なのだろう。 

誘われたので、WJBL観戦。
誘ってくれたA氏、場内で落ち合ったT氏と
短いながらも、じっくりとスポーツトーク。
本来ならば、ダイドーでアイスホッケー観るべきなんだろうけど
なんや、いろいろ話がしたい気分だったし、女バスも久しぶりだし。
カナダのアイスホッケー連覇記念で持ち込んだ、メープルリーフクッキーを
ツマミに話しこんだら、スッキリした。

次回は、塚田農場でやりましょう。 

以前から気になっていた、秋葉原駅構内にある蕎麦屋
新田毎のステーキカレーであるが、土曜日はサービスデーで
安い事もあって、通りかかったのを幸い食べて見ることに。
カレー¥690にソーセージをトッピング。
ここで蕎麦は何度も食べてるけどカレーは初めて。
案外イケた。
値段的に難しいんだろうけど、スープがつけば、更に↑である。 

このページのトップヘ