我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2014年04月

日本映画専門チャンネルで一挙放送したのを録画て見る。
ドラマは初見。
全5話なんだね。
2クール位だと思ってた。
詳しい経緯は知らないけど、スペシャルドラマか
ミニシリーズ的な扱いだったのかも。

見てみたが特に印象に残る事は無い。
ただ、こんな話が作られるくらい当時の巨人は
野球界だけでなく 、日本にとっても特別かつ大きな存在
だったんだなと。
本作以外にも「巨人もの」は多く存在するわけだし。

長く、未見だったものが見られるチャンスを得たことは良かった。 

大井町にできたハナマサを覗く。
他のハナマサほど、業務用スーパー然とは
してないけども、それでも色々品定めをしてると
楽しくなってくる。
で、冷凍タイ焼きとか豚ミノとか買ってしまった。
西友と組み合わせれば、それなりに良い買い物が出来るかな。 

もっさりと起きて、シャワーを浴びてフリマ。
ここの所、行こうと思うと雨中だったり、競馬の開催が重なって
行われなかったりが続いてたので、久々。
プラモ、食玩等々。
その後、モノレール乗ったらアナウンスがHKTなんだね。
宣伝もしてるからか。

で、新橋のJRAで馬券買って、これも久しぶりのゴーゴーカレー。

アキバは常に混んでるから、土日が空いてる新橋が良いね。

からのアキバ。
定番コースを徘徊して帰宅。

これぞ日曜日である
 

なにそれ?
旨いの? 

プレバンとはいえ、アーツでキカイダーが出るんでポチる。
安定の2個買い。
本当に欲しいんだから、予約初日に行っとくよね。
だけどサイドマシンが、555&バジンみたいに、ちょっとリニューアルした
キカイダー付きのセット売りだったら、どうしようという嫌な予感はある。 

twitterで表明した通り、当分LG戦は見ない。
チーム運営に定見が無く、また、球団内のパワーゲームによって
開幕から17試合目で前年に11振りにPSへチームを導いた監督を
馘首させるようなチームに割いてる時間は無い。

 

¥100(税込)で買ったカップのワンタン麺が
当たりだった。
安売りしてるうちに、また買いに行こう。
ワンタンは塩系のスープが合うよね。 

行きはともかく、一番の懸案事項となったのは帰りの足。
日程を決めた時が増税直前で、チケット屋にも新幹線の
新大阪-東京のチケットが無い状態。
チケット屋の買い取りも高くなってたので、ついに(腰痛持ちにはキツイ)
深夜バスか?と 思ったが、思いのほかANAの特割が安かったので、それに決定。
マイルを消化する旅でマイルを貯めてしまうパラドクスである。

これまで関西で泊といえば、サンルート梅田を定宿にしてたんだが
今回は行程的にも神戸がよかろうと判断して、初めての神戸泊。
使ったサンサイドホテルは、ベッドは固いが寝に帰るだけなら十分だし、
商店街も近いので買い物にも困らない。
ホテルの朝食は、神戸で有名な老舗のパン屋コムシノワのパンが¥700で
楽しめるが、俺はその程度の量では満足できないので、都そば(その後吉兵衛だったし)
宿泊の予約も、増税前に!と思って予約したが、直前割の方が(増税後でも)
安いことが判明したので、一旦先の予約をキャンセルして、予約し直し。

スタバのタンブラーを買うと、コーヒーの無料券(1年間有効、オーダー時にタンブラー持参)が
貰えるので、¥200程度安いマグカップを買うよりも安くつく。

バッカス契い房汰されている、PASSBOOKに航空券を入れて行動していたのだが
これを無くすと帰れないという、緊張感の高さよ...



 

買ったままにしてあった、ガブリカリバーを開ける。
持った感想は、軽っ!の一言。
だが、ガブリボルバーと合体させた時の素敵感はたまらない。
当初はミニティラだけで十分と思ってたけど、安かったから、
買ってみたら意外にハマった。

ガブリチェンジャー同様、どんな獣電池を読み込ませても
決まった音声しか流れないのは残念だけども。

神戸遠征のお土産のお渡し会を挙行。
渋谷→アキバと巡ってから、六本木で
ジンギスカン食べ放題。
相変わらずだるまのコスパの良さ。

お土産を渡しつつ、遠征の話を。
アキバのコミックZINで、球場ラヴァーズを買うつもりだったのに
すっかり忘れてた。
思い出したのは、帰りのバスの中だったし。 

写真はここ

<2日目>
 
前日は、ホテルに戻って早々に寝てしまった為に
ホテルの予約特典だったVDOサービスも使わず、
しかも、早くに目が覚めた。
TVを点けたら、おはよう朝日です土曜日に
村上隆行が、能見を褒めてた。
シャワーを浴びて、TVも面白くないので、三宮から電車で10分の新長田にある
鉄人28号を見に行くことにする。
ホテルから駅に向かう商店街に、都そばがあったので寄る。
立ち食いそばは行っとかないと。
俺の後に入ってきた、アジア人(おそらく台湾人)はコートの下に
黄色いトラユニを着用していた。

新長田の駅前に出てみると、鉄人がいない。
あれっと思って、良く見ると鉄人は駅からちょっと先の所にあった。
夢中で写真を撮って、三宮に戻る。
センタープラザでM兄貴と待ち合せて、吉兵衛でかつ丼。
勿論、俺が食べるのはだぶる。
10年ぶりに堪能。

阪神電車で難波へ。
直通電車が出来て、神戸から難波へのアクセスが非常に良くなったようだ。
電車内で横須賀のカレーイベントの話題。
この路線は甲子園と大阪ドームを一本で結んでいるので、東京の総武線みたいに
デイライトとナイトゲームの梯子観戦にはもってこい。

難波に着いたら、ラブホ街を抜けてまんだらけへ。
グランドカオスがオープンしたのが2008年だから
ここには、初めて訪れる。
店内を物色した後は、日本橋へ。
ソフマップで2人と合流して、散策。
普段来られないようなショップをめぐって、喫茶店で爆笑トーク
話題の中心は、横須賀のカレーイベント。
ベトナムコーヒーを初めて飲んだ。
ここで、時間切れとなり3人に見送られて、難波から空港リムジンに乗り込む。
バスが動き出すと、切実に旅の終わりが迫ってくるのを感じる。 

飛行機は無事に飛び立ち、最後は品川に寄り道して、
お土産を渡して帰宅。

2日間ずっとアテンドしてくれた、M兄貴をはじめ
KさんとSさんもお付き合いいただいて、ありがとうございました。
何時とは確約できませんが、必ずまた行きます。
その時も、遊んでください。 

写真はここにまとめてあるので、興味があればご一見を

<1日目>

伊丹空港から、モノレールと阪急電車を乗り継いで阪急王子公園へ。
十三で乗換えたんだけど、火事の残骸がまだ残ってた。
王子公園駅前でM兄貴と合流して、行きたかったわぎゅうやへ。
¥880で肉(4種)とご飯食べ放題。
旨かったし、お腹も満たされた。
その後は、腹ごなしにM兄貴の母校のある坂を上る。
坂の上には、ナンノの出身校が。

市バスで、三宮まで移動。
途中にあったインド料理屋が旨そうだった。
M兄貴と一緒に、阪神理容で散髪。
シャンプー、髭剃りがついて¥950。
増税前は¥850だったそうだ。
さっぱりした気分で、向かいの四興楼へ。
家へのお土産は、ここの豚まん。
発送してもらうように手配して、異人館へ。
今回初めて知った事、異人館って異人さんたちの住んでた家がある
エリアを指してたんだね。
札幌時計台みたいな、一軒の建物だと思ってた。
そんな、異人館のスタバで休憩。
M兄貴の秘蔵リストをみながらのトーク。
いやもう、流石としか言いようがない。

ホテルにチェックインして、ボークスなんかを巡って
御影へ。
王将グループの異端児、御影王将で焼飯と餃子。
味噌だれで食べる餃子が面白かった。
で、17時になり御影ライオン堂へ。
ワンコインセットと、ステーキ。
コスパがめちゃくちゃ良いんだよこの店。
特にステーキはドーンと盛ってあって¥380。 
うつわに移動するので、電車を待っていたらトラユニ姿の子供たちに遭遇。
甲子園でヤクルト戦やってるもんな。

深江のうつわで、お造りセット。
突き出しのクリームチーズのおつまみと、変わり肉じゃがが良かった。
他の2人ともここで合流して、4人で爆笑トーク。
デビルマンG、俺も読まなきゃ。

解散後、ホテルに戻る


 

事態は先月の中旬に遡る。
5000マイル程が、3月中に失効になるにあたり
マイルの消化方法を考えていた俺は、ある一文に目が止まった
「国内線なら、片道7500マイルから」
マイルの総計は8000弱。
これだ!と思った。
で、行くなら(条件的に行けるところは限られてるし)関西しかない。
久しぶりに、現地の友人たちに会いたいし、連れて行ってもらいたい店もある。
で、条件にあう日付けを探していたら、今日の出発となったわけだ。
 
出発が決まってから約1カ月は毎日、行く予定の御影ライオン堂やうつわ
それに、10年ぶりになる吉兵衛をネットで検索してはニヤニヤしていた。
結構迷ったが1泊2日なのと良いカードが無かったので、今回は野球抜き。
食べて、しゃべってがメインと決まった。

飛行で旅行へ行く日の朝は↓の曲を出発前に聴きながら旅の成功を祈るのだ

そして、機上の人となる 

東京に住んでいるからと言って、東京のすべてを知っているわけじゃない。
今回は、そいういうことが良くわかったという話。

俺はあるミッションのために渋谷へ向かった。
「TSUTAYA渋谷にてリストにあるCDを借りてくれ」
渋谷TSUTAYAが、日本最大の旗艦店であることは
知っていたが、旧作のTVや映画のサントラの宝庫であることは
知らなかった。
特撮やアニメは見るけども、劇判とかに興味が薄いんだよね。
そんな俺でもスゲえ!と思うのだから、その筋の人にあっちゃ
タマランよね。
CDでもこの品揃えって事は、DVDもかくやって事なんだろう。
今度改めて行ってみよう。 

マクドで始まった朝食の新メニュー、ビックブレックファスト。
韓国では数年前から始まっていて、ソウルに行く度に1回は
食べたもんだが、日本だと値段がwow!だよね。
ソウルでスタートした直後に食べた時は、記念品のマグカップを
くれたんだけど、使わないのでフリマで売っていたら、
マクドの景品コレクターの人が買っていった。
世界規模のコレクションは大変だよね。
コーラとかもそうだけど。
朝だとチケット屋が空いてないから、株主券も買えないし
この値段だと厳しいかな...
 

都内某ファミレスで講習会。
順調に進んでいたが、終盤に思わぬ
落とし穴が見つかり、中断。
また、どこかで続きをやらねば。
 

G1桜花賞は、痛快にトリガミ
流し馬券はこれが発生しやすい
それでも、回収できただけマシとも思うがね。
フォーメーション中心で行くかな。
あんまり、良い思い出が無いんだよねフォーメーション 

テレビ東京50周年ならば、
もっとやるべき番組があるだろうし
一日くらい「復活!まんがのくに」とかやっても良いと思う 

好調のカープと、中々目覚めないLG。
まだまだシーズンは長い、問題は終わった時に
どこの位置にいるかだからね。

in KBO

日本でもプレー経験のあるロッティーノが
KBO初の外国人先発捕手と。 

今期は珍しく、見ようと思ったアニメが4本ある。
キャプテン・アース
風雲維新ダイ☆ショーグン
ブレイクブレイド
で、この健全ロボ!ダイミダラーである。
金曜とか土曜の夜にgdgdしながら見たいアニメだね。
平日に見ると翌日、ミダラミダラ...が脳内かけ廻るので
休前日に見たい。

自分の秘めた力を見出されて、ロボットのパイロットになるという
流れ自体は王道のロボットアニメなんだけど、力を発動させるやり方が
これまでと違うアプローチであるということ。
同人誌なら、有りだけどきっぱりアニメでやる潔さ。
たまには、深夜アニメも見ておくもんだと思った次第。
来週も楽しみ。

 

80年代に、ビューティフルドリーマー、パトレイバー、
紅い眼鏡で、押井守をこじらせた世代。
で、治りかけるとまた嵌まるのである。
ああ、アヴァロンで切っておけば良かったんだ...
後悔は、して...ない.. 

昨日は映画の後、WFで買ったキョウリュウジャーの下敷きを
渡すので中華街でシュラスコ。
なんで、昨日の話を今日書いてるのかと言うと、ネタが無いから。

新高島からMM線で元町・中華街へ。
改札口で友人と合流して、店へ。
この店、なぜか中華街でブラジル料理のシュラスコレストラン
をやってるのが面白い。
そこで、120分1本勝負。
飲み食べ放題。

俺なんか、シュラスコっていうと週刊プロレスに載ってた、アントニオ猪木の
アントンリブの写真を見て「大きくなったら行くぜ」と思ってたが、大きくなる前に
アントンリブが無くなってしまった。

食べながら、マニアックな話をグイグイと。
途中で薄い本を勧められたらが、丁重にお断りする。
特撮の話を中心にじっくりと。

ブラジルだと¥500位のシュラスコだが、日本では結構良い値段がする。
でも、ブラジルに行くのを考えたらこんな感じかなとも思う。
何年かに一度の贅沢なら良いかなと。

 

もう、押井守に付き合う必要は無いだろうと思っていた。
週刊ファイトのI編集長の表現を借りるなら、押井守に対して
持っていた100の我慢を使い果たしたのである。
であるが、昨年末に特報映像を見て激しく考えを変えさせられた。
1/1スケールで再現されたイングラムが、1/1スケールで再現された
キャリアに横たわって走って行くシーンを見て、ああ、見なきゃと思った。
かつて、パトレイバーのOVAやTV映画を観ながら「実写でも観たいな」
と思っていた、俺の願いが成就したのである。
行かねばなるまい。
もう、話に一喜一憂しない。
画面にイングラムある風景が、観られればいい。

1章の終盤で描かれたクラタスとのシーンは、現実のロボットクラタスと
架空世界のイングラムが競演する、虚実入り乱れたシーン。
こういうのが、面白いのだ。
異論は認める。

3章は竹中直人が出るのでゲンナリだが、どうせ行く。

実写版パトレイバー序章が始まるので、
映画館の時間をチェックしているが、
最もフィットする時間の川崎が、舞台挨拶とぶつかってる。
後の予定(中華街でシュラスコ)も考えると、109MMだな。

ウルトラマン第二弾が18日から始まるが、
今回はパスかな。
胸像にはあまり、そそられない。

始まって間が無いとはいえ、9チーム同率1位は
珍しいことなので記念ショット


 

そろそろ、エイプリルフールの代表曲を決めようじゃないか。
で、この曲。



ナンノ〜 

このページのトップヘ