我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2014年09月

アジア大会のラグビー競技は
男女とも、無失点大勝でスタート。
アジア諸国とのレベル差があるとはいえ、
こうやって勝ってスタートを切れるのは大きい 

昨夜はなんとなく寒かった。
帰宅中に、暖をとりたかったので
コンビニによると「おでん全品¥70」の文字。
さっそく購入。
しかしなぜ、おでんの玉子は旨いのか。
家のおでんだと、あんまり餅きんを入れないんだけど
コンビニだと買うんだよな。 

ブログネタ
香港・マカオの話題 に参加中!
ハーバーシティからみたカウントダウンの花火。
その後の、ネイザンロードのバカ騒ぎ。
思ってたより小さかった、ブルース・リー記念館。
そして、向こうで買いまくったおもちゃの数々...
ミレニアムのカウントダウンを香港で!
という突発的な発想旅行からすでに10年以上が過ぎた。
ラグビーのワールドセブンスと絡めて行きたい 

品川で用事を済ませて、中央通路を抜けて
港南口に出てみたら、広場にテント村が。
この広場は、たまにイベントをやっていて
その時には、いろいろな屋台が出るのだ。
丁度、最近食べたいなと思っていた、広島焼きを。
冷めてたのが残念。
次からは買わない。
 

ゴジラ映画一挙上映→東宝特撮映画特集以降
その動きをチェックしてる、神保町シアターだが
次回の特集がまた、ナイス。 
とりあえず、ドリフだけは観に行こうかな 

もしも、梵がサイクルヒットを達成していれば
初の1シーズンに同一球団でサイクルヒット達成の
快挙だったのだが、梵の最終打席はフォアボールで
サイクルヒット達成ならず。
そして、打席が回らずにサイクルヒット未達となった
誠也が達成していれば、これまた初めての1チームで
同じ日にサイクルヒット同一球団でサイクルヒット達成の
初記録だったんだがな。
非常に残念。

 

親が懇意にしてる所から、貝が入ったとの報を受けて、引き取りに。
大量のハシダテガイを保冷バックに詰め込んで、帰宅するんだが
帰り道の途中にある、ヤキトリ屋が俺を誘うのである。
持ち帰り専門店なので、いくつかをチョイスして購入。
塩とタレを分けてくれるのも良し。
一串¥84。
帰宅後、貝は砂抜きせなならんが、ヤキトリはレンチンなので
さっそく実食。
ウマス。


 

今日の神宮球場で行われたスワローズvsカープは
デイライトゲームでした。
絶好の野球日和。
陽光の下で観る野球の気持ちよさったらないね。


先発はナーブソンとヒース。
新外国人のヒースが観られたのは良かった。

初回のチャンスを潰したときにヤバいと思ったが、
終わってみれば7-2でカープの勝利。
梵、ロサリオそしてエルドレッドにホームランが出て
非常に気分よし。
昨日立ち寄った、TAUでエルドレッドのボードに願掛けをしておいて良かった。


 

一昨日のラグビー観戦中にO氏が
「交通新聞社から面白い新書が出とるでぇ」
と知えられた本である。
「ほな、注文は密林よりも*-h*n.*o*でしたほうがいいですかね?」
と聞いたら「どっちでもいい」と言われたので
地元のヤマダで購入。
ヤマダはワゴン1つが、まるまる交通新聞社新書になってた。

国鉄スワローズの創設から、売却までの15年間を綴ったルポ。
当然、当時の大エース金田正一の存在はこの本の芯である。
読んでると、あっ!と声が出ることがあるね。
今に続くJR大会は、都市対抗野球よりも古い歴史を持ってるとかね。

O氏は「最近出た」と言っていたが、奥付をみたら2010年刊である。
いや、別にいいんですよ。
面白い本を教わったし。
特に巻末の国鉄スワローズ、全勝敗表はいいね。
資料好きとしてはたまらない。

スワローズファンではなくても、野球好きなら
読んで損はないよ
  

家でダラダラしながら野球をTV観戦したり
途中途中で、日本映画専門チャンネルでやってる
翔べイカロスの翼を見たりってやってる間に
1日終了 

気象の時点ではそれでも迷っていた。
さて、秩父宮でラグビーか?それとも神宮で女子プロ野球か?
それがなんとなく、秩父宮行きに傾き、ひとまずアキバ。
その後、秩父宮へ。
戦略的に、リコーの後援会へ。
席を確保して、¥300の焼きそば。
ウマス。

リコーは今シーズン、ここまで未勝利だったんだけど
コカ・コーラ相手に、大爆発。
今シーズン初勝利となった。
応援も面白い。

第二試合は、第一試合と違いなかなかな
ゲームが動かない。
結局はキヤノンが勝ったけど、前の試合が
トライ!トライ!moreトライ!だっただけに、いまひとつ。

試合後はO氏と渋谷へ出て、気になってたbb・qチキン 

ぐったりした気分。
ダラダラと、アジア大会の開会式を見る

2004.09.18
この日、日本プロ野球史上初めての選手会によるストライキが行われた。
期間は18日と19日の2日間。
タイトルは、日刊スポーツだったかの19日の見出しから。

この年の06.13に、バファローズとブルーウェーブの合併が公になってから
3か月目にしてついに自体はストライキに突入したのである。
当時の俺は、カープとバファローズのかけもちファンだったので、
合併なんて許せるものではないし、第一が阪急時代からモダンでスマートな
イメージのブルーウェーブと河内の荒くれ集団のバファローズのチームカラーが
合うわけがない。
なので、その頃は各種集会やデモなんかにも時間があれば参加した。
とにかく俺は、カープとともに好きなバファローズを奪われたくなかったのだ。

結果として球団合併は行われたが、
50年ぶりの新規参入球団であるイーグルスが誕生して
プロ野球の12球団・2リーグ制という枠は守られた。
つまり、誰も勝たなかったのだ。

もし今後、同じ問題が起こった時にそれを
押しとどめるだけの力が選手会とファンサイドにあるだろうか?
正直、俺は自信がない。

あれから10年...
この間発したことがない「近鉄」と「オリックス」の名前を
言うようにしても良いかなと、思ってる

 

上野にある東京国立博物館で、時をかける少女の野外上映があるようだ。
これは、アニメ版。
もう一回、大画面で観たかったから、チャンスではあるし2日のうち
どっちかは行きたいけど、どうなるかな... 

スーパーで安かったので買ってみる。
こういう季節商品は、盛りが過ぎれば
すぐに見切品に回されるのだろう。
通常のフルーチェと違い、原液を一回凍らせてから
クラッシュさせるて牛乳と合わせる。
初めて食べたけど、結構おいしかった。
安いうちに買っておこう。
 

大田スタジアムにて、企業秋季大会。
第一試合の途中から入って、のんびりと2試合。
今シーズンの社会人野球観戦は、これで最後かな。
近所に、こういう規模の球場があることは、うれしいし
素晴らしいことだが、もっとうまく使う方法があるはず。


 

突如チキンラーメンが食べたくなり、買いに行く。
いまは、普通の袋ラーメンと値段が変わらないんだね。
しかも、地元のスーパーは単品で¥108なのに
5袋パックは¥289という謎設定。
で、迷いなく5袋購入。

余計なものも入れずに、ラーメンだけを食べる。
(山男の友人は、割ってそのまま食べる)
俺が子供の頃は、関西以西でしか売ってなかった時期もあったけど
いつの間にか、全国発売に戻ったよね。

たまに食べると、とてつもなく旨いよ 

土曜日のデイライトゲーム。
ロッテ浦和開催、マリーンズ2軍とアジア大会野球日本代表、
すなわち侍ジャパンの強化試合である。
行くしかないではないか。

約3年半ぶりに降りた、武蔵浦和の駅は大改装中で
ロッテリアも回転すしも無くなっていた。
そして、道中にあるロッテの工場も新規棟を作ってる最中。

前回訪れた時には、すでに改修されていたロッテ浦和球場だが
懐古主義と言われても改修前の方が好きだ。

当初は1塁の日本代表側に座ろうと思ったが満席だったので、
若干余裕のあった、3塁のロッテ側で観戦。
試合前にSさんとも合流して、観戦しつつトークタイム。
野球を軸に、やくざ映画とかハイディー古賀の話とか
話す事は尽きない。
そんなこんなで、試合終了。
試合のテーブルはここ
試合のレポートはここ 

アジア大会では、韓国・台湾と別組になりグループ突破は出来るだろうとは思うが
先日のフランス吉田チャレンジにおける西濃運輸敗退のようなこともあるので、
日本は油断しない方がいい。

でもね、今日みたいな野球日和に昼間から野球が木戸銭無料で観られて
友人と、心おきなくトークが出来る日って最高だよね。
 

ブログネタ
料理の失敗談教えて! に参加中!
いちばん料理を作っていた頃の話。
カレーを市販のルウではなく、きちんと小麦粉から
作ってみたくなった俺は、材料を買い込み、いざチャレンジ。

意気込みは良かったが、小麦粉を焦がしてしまい
苦いだけのブラックカレーになってしまった。
で、結局ルウを買いに行って作りなおす羽目に... 

今ではリューターですら、USBで動くのである。
そのうち、電気を必要とするものはなんでもUSBが使えるようになるんじゃないか?
と思うね。
たとえば、USB炊飯器とか、USBトースター。
USBドライヤーに、USB鼻毛カッターとか。
むしろさ、電源のタップを全世界的にUSBにしてくれたらどの国に行くんでも
変圧器を持ち歩いたり、ホテルで借りなくて済むじゃん。

近い将来、電気自動車のバッテリーも小型化されてUSBで充電できるようになれば
充電ステーションを探さなくて良くなるのだろうか? 

これから起こることを、そなたは見ない方がいい...
と妖獣シレーヌが言い出しかねない、スーパームーンであった。

バッカス契い離メラだと↓が限界

 

彼の存在が大きいのは、野球という競技において
ショートストップというポジションの、概念を変えたことだ。

色々と浮名を流したり、パーティーの常連であることが
オーナーの覚え目出度くない時もあったが、彼の実力は
余人をもって代え難かった。
「1シーズンとは、ユニフォームを着てから、脱ぐまでの事」
というメソッドのもとで、自らに鍛錬を重ねて来たのである。

そんな彼のシーズンが終わった。
俺は言うまでも無くATLのファンだが、
彼の存在は別格だ。

ニューヨークヤンキース、デレク・ジーター。
間違いなく、野球の歴史に大きな足跡を残した男。

お疲れ様 

ハマスタへ行く時には、できるだけ寄るように心がけている
桜木町の川村屋。
ここの鶏そばは、メインメニューである。
だいたい、鶏そばに天ぷらを付けるね。

ハマスタ近くには、富士山盛りで有名な味奈登庵もある。
が、しかし!
昨日、放送ライブラリーから関内駅へ向かう途中で
一軒、そば屋を発見した。
普段通らない道なので気が付かなかったが、こんなところに
そば屋があるとは!
それは、ベイスターズ通りにある相州そば。
とりあえず、コロッケそばを。


これは、アタリやわ。
調べると、俺の入った店は本店のようだ。
最近は、街中からも駅のホームからも減りつつある
そば屋だけど、こうやって続いてる店もあるんだよな。
久しぶりに、店を発見して楽しかった
 

先ずは桜木町で降りて川村屋の鶏そば。
相変わらず旨し。
徒歩で放送ライブラリーまで行って、世界名作劇場のイベント。
無料なうえに展示物撮り放題ですよ。 
じゃ遠慮なく。
と言う事で
とか
とか、展示物は殆ど撮影してきた。
大好きなペリーヌ 物語のコーナーが無かったのは不満だったが
まあ、内容は満足できる。
その後は、関内駅で友人と待ち合せてハマスタへ。
ベイスターズvsカープ。
この時期のこのカードがプラチナ化するとはシーズン前に
誰が予想しえただろうか?
ハマスタは満員御礼である。

試合は、ルーキー大瀬良がなんと完封勝ち!
相手のモスコーソも悪くなかったけどね。
Y姐御からお土産まで頂いて、ホクホクな一日であった

これまで何度も来ていたのに、西友にカレーバイキングあり
しかもランチが¥980で食べられるとは知らなかった。
ちなみにディナーは¥1280。
カレー4種とナンとサフランライス、チキンとサラダが食べ放題。
暑かったし、カレーは良いよね 

と言っても非常階段じゃない。
¥100ショップの事。
ここの製品であるフリーパネルは、モデラーのイベント出店に欠かせない
アイテムとなった。
それは、このブログでも何度か触れている。
今回はここで売っている、サラミである。
最近、寄る度に買ってる。
愛食してた、トップバリュのよりも旨いかも 

今日の事故を見るまでも無く、韓国の安全への
無頓着さは病的と言わざるを得ない。
今年は、韓国における安全の在り方が問われてる年なんだと思うね。
抜本的な安全対策を日本の韓国好きの末端にいる人間として、望む 

しょうもない試合の中で、ロサリオがサイクルヒットを達成した。
史上66人目。
カープでは6回目の記録。
なんで、人じゃなくて回かと言うと複数回達成してる人もいるから。
1球団で6回というのが、どれほどのもんか?
と思ったので調べてみると、最多達成球団は
横浜の8 回(前身球団含む、何しろロバート・ローズが3回もやってるんだから)
その次が西武(前身球団含む)と阪急(後継球団含む)の7回。
(そうだ、阪急といえば当時にいた阪急のスペンサーがマスコミに
「今日はサイクルヒットを達成したのにそのことは聞かないのか?」と聞かなかったらスルー
されていた記録である。もしも、スペンサーがスルーしていたらカープの達成者第一号となった
山川武範や第二号の大和田明の記録が闇に閉じ込められる所だったのである。)
で、その次にカープと中日阪神ヤクルト讀賣ハムヤクルトが6回で並ぶ。
その後が、ロッテが4回(前身球団含む)ソフトバンクが3回 (前身球団含む)
で楽天はまだ未達成。
心情的にはバファローズの4回をやっても良いんじゃね?と思うね。
これをやっちゃうと、11回で阪急の後継球団が1位になっちゃうし。

今日、引退を発表したハムの稲葉はヤクルト時代に5イニング達成の最短記録保持者。
これは試合がコールドゲームとなったため。
しかもこの日は、ダイエーの村松も達成しておりNPBでは、唯一の同日達成記録。
ヒット→ツーベース→スリーベース→ホームランで達成するのはナチュラルサイクルヒットと呼ばれ
日本ではこれまでに5人が達成している。
これを逆にやる逆ナチュラルは、今回のロサリオと日本では中日とカープに在籍したオチョア
の2人だけ。
しかもオチョアは日米で達成している現在唯一の選手である。

 

東映チャンネルで「世界最強の格闘技 殺人空手」をやっていた。
かつて、日本に存在したプロ空手のドキュメント風映画。
と思わせて、どんどん破天荒な展開になって行くのが面白い。
特に最終決戦の決着のつけ方は、何度見ても唖然とする。
この当時の、東映空手映画はヤクザ映画とカップリングされることが
多かったんだけど、立て続けに見たら餃子と焼肉を縛られて口に突っ込まれる気分だよね。
でも、クセになるみたいな。
東映カラテ映画路線は、もっと陽が当たっても良いと思う 

このページのトップヘ