我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2015年03月

WF夏の結果が出た。
T&Mプロジェクトは、抽選の結果
WF夏には参加できないという事が決まった。
20周年イヤーで色々やろうと思ってたんだがな。
う~ん... 

豊洲に行ったのは、池袋で買えなかったアメリカン・スナイパーのパンフを買うのと
ウルトラ十勇士を観るため。
シアターに入ったら、ストロングコロナゼロがいて
写真を撮ろうと思ったら「握手会ですので撮影は握手の時のみオッケーです」
といわれたので、握手しながら撮影。
その間、ずっとポーズをとってくれるゼロ!良い奴だ。
内容的にもオッケーで満ち足りた気分。
あ、もう一本春の納税したわ。
納税よりも野間のプロ入り初ヒットの方が
余程、大事なことなんである
 

これは、ネットで見かけたある言葉がきっかけだった。
「東京上野ラインと言うのは、品川でメガチキン竜田そばを食べた後で、
我孫子に行って唐揚げそばを食べる時間が短縮されること」 
と言う事であったのだ。
これを読んだ時に震えたね。
メガチキン竜田to唐揚げだぜ、沸き立つじゃん。
で、この鶏々そば道中を挙行した次第。
先ずは品川でメガチキン竜田そば。

 東京上野ラインが入る東海道線ホームには、駅そば屋がないので京浜東北線のホームで食べてから
乗り場へ移動。
で、初の東京上野ラインへ乗車。
新橋、東京と結構客が乗ってくる。
で、松戸でふと思ったけど鎌ヶ谷行くのは松戸経由の方が早いかも?
ってこと。
で、我孫子。
電車降りたらちょうど目の前がそば屋。
弥生軒。
前日、ラグビー師匠にこの話をした際「まさか、唐揚げ2個とかヌルイ事は言わんよなあ?」
と言われたんで、唐揚げ3個。
 
隣で喰ってった奴がクチャラーだったんで、死ね!と思いながら外で
ドンブリ持ったまま食べることに。
この、どんぶりを落とせない緊張感と、唐揚げを落とせないスリル!
で、完食。
実は上野の全部入りそばもチャレンジする予定だったんだけど、
流石にやめた。
 

長いシーズンオフを終えて、ついに2015年度のNPBが開幕した。
 ただし、俺が向かったのは東京ドームでもプリンスドームでもなく
神宮球場。
だって、イースタンのナイトゲームvs日ハム戦があるんだもの。
不思議なもんで、神宮に一番近い俺が一番遅く到着するというね。
で、3人でワイノワイノ言いながら観戦。
この開催は、開幕だし生観戦したいけど、東京ドームはチケットが無い
プリンスは遠いしという、連中の受け皿の役目を見事に果たしたと思う。
昨年の今頃は、初打席初ホームランで話題の男となった西浦が、
プレーしている所に、プロ野球の厳しさを感じるのだ。
さて、西浦はヤクルト暗黒のプロ入り初打席初ホームラン男リストに入ってしまうのか?
今シーズンの注目点でもある。

試合後は、インドカレー屋で野球談議。
タンドリー料理を鉄板でジュージューイワしながら出してくるのは
初めてだ。
結局、タンドリー料理で満足してしまい、カレーは頼まず。
その分、ランチでカレー食べに行くよ。
ナン食べ放題だし 

新ガジェットの導入のため、セブンイレブンでamazonの支払い。
ファミマやローソンは店内の端末でレシートを発行してレジに持って行くんだけど
セブンイレブンは、レジで払込番号を言って支払うんだね。
マルチコピー機にファミマとかローソンみたいなマルチペイメントの
機能を実装できないんだろうか? 

ツイッターのガラケーサイトが仕様変更となり
全くもって使いにくくなった。
酷いもんだ。
どうしてこう、SNSの仕様変更はどんどん使い勝手が悪い
UIへと変わっていくのか?
猛省を促したい 

土曜日のトーク会の前に、小休止をしていた時に
沼袋の話になり、フト駅前の紅茶屋を思い出した。 
まだあるんかいの?
という話になり、検索してもらったら店名が変わっててるけど
まだやってるようで、 懐かしいなと。
東伏見に行く時は通過するだけだし、降りることも無くなったけれど
約四半世紀前のほのかな思い出の居場所である 

コンビニで仮面ライダーぴあを立読みした。
しかし、掲載されてる絵に苦笑を禁じ得ないね。
あれには、金を払えないよ 

観戦/トーク会から帰って1:30過ぎに寝落ちしてしまい
予定してたアーツの大撮影会が出来ず。
目覚めたのも、午後遅かったのでHDDのデータ整理と
ブログの更新で1日が終わる。
こうなる予感がして、予定を何も入れてなかった俺ではある。
馬券でもこういう予感が当たればいいのに 

耐震工事が無事に終わった、神宮球場である。
ヤクルトvsロッテオープン戦。
先発はヤクルト石川、ロッテがチェン。
ミレッジの2ホーマーは盛り上がったが、
開幕へ向けて、両チームとも不安が満載の試合運びである。

その後は、新大久保で開幕直前トーク会。
会場をカン・ホドンチキンに決めたのは
俺が行ってみたかったから。
チキン屋は1人で行くの難しいしね。
野球トーク他で、盛り上がり大体4時間弱くらいかな。

楽しかったんで、シーズン中も何度かやりたい
 

電車を降りて帰路へ向かってる途中で
Uさんとバッタリ。
で、晩飯をゴチになりました。
あ〜奢りの飯の旨さよ...
 

見るのは半年後かな。
他に消化しなきゃ行けない奴が多いし。
見てないけど、ギースがつまらない事は
当たってると思う 

未開封のアーツを開けて撮影しないとね。
週末かな。
捜してる特写ショットの画像が出てこないんだよね。
1号2号の乗ったサイクロンの上にV3が立ってポーズつけてる奴。
一番再現したいんだけど 

来月からマシンハヤブサが東映チャンネルで始まるのだが
問題はハヤブサ後である。
グランプリの鷹、ルーベンカイザー、マシーン飛竜は放送されるのか!?
シャリバンの後番組がウインスペクターっていう編成をする局なので不安一杯。

 

マシンはガンテツが一番好きだった 

池袋へ出向いて、アメリカンスナイパーを観る。
クリント・イーストウッドは、観る側に正解を与えないよね。
だから、映画の意味を自分で考えなきゃならない。
これから、じっくり考えるわ 

俺としては半端なので、どうせなら新宿まで来てる
スペーシアを品川まで延伸してくれませんかね?
乗り換えなしで東武日光に行けるメリットはデカイよ。
絶対に品川駅周辺の住民の97%はそう思ってるはず。 

なんで、21時からじゃないんや??
まさに13日の金曜日である。 

27日にひっそりと神宮で行われる
イースタンリーグのヤクルトvs日ハム
があるんだけど、こんなん間違いなく行く案件じゃんよ。
久しぶりのイースタンのナイトゲームだ! 

今シーズン初観戦は、東京ドームで行われた
日本代表vs欧州選抜。
水道橋で、同行者と合流し場内へ。
場内で先行者と合流して3人で観戦。
こうして普通に野球が観られる事に感謝をしつつ。

球場到着が遅かったので、俺の欧州野球のアイコンである
デカスターの3ランを観ることは出来なかったが
前回のWBCは諸事情で全欠だった俺としては
漸く観ることが出来たヒーローである。
とにかく、言いたかったのだ「デカスター!でかしたー!」

もう、野球はアジアの一部と北米のモノだけではなく
ヨーロッパでも(事実この試合は欧州54カ国で中継された)
アフリカでも、中東でも行われていて、それぞれが伸びつつあることを
日本の野球ファンは自覚すべきだ。
そして、日本の野球界はもっと野球後進国への支援を
惜しむべきではない。 

毎週火曜日だけ聴いているラジオ番組で
「ワイルド7」と「つむじ風」がフルコーラスで流れた。
これは、滅多にない事である。
ラジオの1コーナーで阿久悠の特集をしてるコーナーがあって
そこでかかったのだが、こういう曲も丁寧に流す所は好感を感じる。
(先週は「ウルトラマンレオ」と「星空のバラード」だったのだ)


 

韓国食品に辛いものはいくつもあるが、
これは別格だと思う。
 
普通に食べると、辛さがキツイので
キャベツを(時には魚肉ソーセージも)刻んで、入れるようにしてる。
それと、目玉焼きととろけるチーズで辛さをやわらげないと
食べるのには難儀する逸材。
なんだが、無性に食べたくなるのである。 
ただ、品名通りタレを鶏肉に漬けこんでプルダックにして
麺は湯掻いて添えれば良いんじゃないかと 

Gロッソ第五期公演、公演数にして96回目の
公演がやってきた。
これをもって、ここでのトッキュウジャー公演は終了となる。
所謂、大楽である。

全公演アドリブを仕込んでやりきった役者達が凄いね。
前年よりも公演数が増えた上で、Gロッソ最高動員数を叩きだした
トッキュウジャーショーの底力か。
とにかく、最後の瞬間を見届ける事が出来て良かった。

帰り際、水曜日のチケットを購入


 

日中、マリンに行かれなくなったのでクサッた気分で
夕刻からアキバ。
ただし、滞在時間がエヴァの活動限界時間並みだったので
サッサと動いたんだが、3軒が限界。
で、白楽へ。

串揚げをお共に行われた、WFの打入りは思わずニヤリとするラインアップ。
一点だけ確認すべき事項があって、保留となったが
夏及び冬に20周年イヤーに突入するに相応しい内容ではある。
出来上がりにワクワクする。

で、串揚げ。
旨かった。
ウズラと、ウインナー最強。
味噌カツも最高。
1品料理のタコさんウインナーも超最強。

で、帰宅後申請作業 

明日の打入りを前に、サクッとWFの申し込みを完了。
打入りでもらう版権作品のデータを落とし込んでやれば
WF夏の事前申し込みは完了となる 

ここしばらく、最寄駅の近くにあったものが
昨日限りで撤去されたようだ。
ウルトラマンスタンプラリーで使われていたスタンプ台。
ついに、無くなってしまった。
これで、完全に祭りは終わったのだ 

俺はどうにも相撲に疎いのである。
どれくらい疎いかというと、シリーズがいつ始まって
いつ終わるのかも知らない。
たとえば、プロレスならば「世界最強タッグリーグ」が始まれば
もうすぐ年末がやってくるのだが、どうやら相撲にはそういう事が無いらしいのだ。

さて、先ごろあった女子プロレスのセメントマッチ問題から
派生して、相撲好きのSさんから1つの動画を教えてもらった。
相撲の動画なんだけど、門外漢の俺でもプロの仕事とはこういう事だと
わかる一戦である。

 

この動画を見た時、一番最初に思ったのが
「朝青龍と貴乃花が試合してたんだ」ってこと。
だって朝青龍は最近のイメージがあるし、 貴乃花が引退したのは
凄く前のイメージだったのだ。
 

さて、持ちネタが無いので1日にあったエピソードを
切り分けて書いてるのである。
毎日毎日、そうそう 何かが起きるもんじゃないよね。
昼ドラじゃいないんだから。

Gロッソの公演に行く前に黄色いビルで、頭脳を動かして
焼きそばと串焼き。黄金パターン。
今回の公演は、回ごとに別なネタを仕込んでたりするので
観る回によって或る場面のセリフが違ったりするのである。
毎度の3人で鑑賞。
今回も、若干カグラのスカヒラが気になる。
マイッキーの動きが派手すぎで毎回笑う。

ショーの後は、赤坂のフーターズ。
時間が微妙に早めだったんで、フーターズガールが少なくて
Gロッソの女神には若干消化 不良気味だったかも。
トークの花を咲かせて終了。
 

ラグビーの後はA.M.F.があるのだ。
先ずはSさんの先導による、大久保から徒歩数分のMLBショップへ。
大人の社会科見学。
移動中に始まったトークをCapter1として、延々と男数人がしゃべり続けるのである。
さて、MLBショップと隣接するアメリカプロスポーツ関連のグッズショップは
金があったら、とめどなく買い物をしちゃいそうな夢の空間。
実際、Aさんは3万近い買い物をしてた。

ショップを堪能した後Sさんと大久保駅で別れ、大久保通りにある
チキン屋へ。
怒涛のスポーツトークである。
チキン屋に入るまでにCapter7くらいまで話が進んでたんだけど
テーブルに落ち着いて、旨いチキンを食べながらだともっと話が進むよね。
結局、ブラバン甲子園だの阪急ブレーブスだの4時間ちょっと(寝落ちしてたOさんは
ともかく、AさんHさん俺はネタの棚ざらえである)

その後は、ガストに場を移して野球漫画トーク。
アレ時間無制限でやってたら、確実に夜明けまでやってたレベル。
かなり、言いたいことを話したんで俺もスッキリした気分。
トータルで6時間近くか。
時間の制約が無ければ、もっといけてたね。
 

有楽町から一駅戻って新橋。
銀座線へ。
なんせKANOが185分の大作なので、
10:00に上映が始まったが、終わって映画館を出た時には
13:10を超えていたのである。
ラグビー日本選手権決勝のキックオフは14:00。
時間との戦いである。

勝手知ったる銀座線だが、ホームは混雑。
外苑前で人を吐き出すと、一気に車内が空いたから
俺も含めて皆同じ方向に向かっているのだ。
普段なら、一旦表参道方面に向かってピーコックに寄り
買いものを済ますのだが、前記の事情により近場のコンビニ。
なんとか、キックオフに間に合ったのである。

サントリーサンゴリアスvsヤマハ発動機ジュビロ。
新旧清宮イズムの闘いは、ちょっと予想外の展開になっていった。
詳細はゲームシート参照だが、サンゴリアスの得点がまさかまさかの
前半20分過ぎにあげた、トシ・ピシのPGによる3点だけとは...。
開始早々に先制のT&Gをあげたジュビロとは対照的に、サンゴリアスは中々
得点に結びつく攻撃が出来ない。
何よりも、敵陣での攻撃があまりにも少ない。
結局、ジュビロが前半にあげた2T1Gと1PGの計15点をあげて
15-3で勝利、初優勝となった。
後半はどちらも得点が出来なかったが、特にサンゴリアスは後半開始10分過ぎに
五郎丸がシンビンで退場した時に、無得点だったのが最後まで響いた。
ノーサイド直前のノックオンは、議論を残すがレフェリーが判断した以上
ノックオンなのである。

これで、ラグビーのシーズンが終わった。
逆に、野球の季節はもう目の前である。 

このページのトップヘ