我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

2016年08月

8/31に感じる寂しさみたいのは、大人になっても残るよね。

先だって韓国の友人からもらった箱の中身は↓の通り

大人気アニメ、タイニーンメカードの玩具。
車からロボット、フェニックスへ変形できる。
メーカーのソノコントイ社は、かつて旧タカラのライセンス販売を行っていたので
勇者シリーズの玩具はソノコンから出てたね。
ソノコンは孫悟空。

OXFORD社から発売された、韓国プロ野球のブロック。
球団によって移動バスやロッカールームが出てる。
(ロッカールームとバス、両方出てるチームもある)
選手を増やしたければ、追加でミニフィグを購入できる。
この会社のブロックの大きな特徴は、LEG....(ry

一時期は品薄と聞いていたから、最近は少し落ち着いたのかな?
昨日帰宅して、さっさと仕込みを済ませて聴く。

鷲巣サウンドと、伊福部サウンドが
同居するこの1枚。
70分の至福とは、まさにこのこと。

俺はあまり、TVや映画の劇判を買う事は無いんだけど
あまりにも巨災対のテーマ曲が好きすぎて、買ってしまった。
もう、シン・ゴジラは俺に劇判CDは買わせるわ同人誌は買わせるわで
やっぱり今後、俺の軸になる作品なんだろうなと思うね

友人の日本遠征最終日である。

今回の遠征で最大の功労者であるFちゃんと友人と俺で
先ずは、すたみな太郎へ。
2人はホテルで朝食バイキングを食べた上で、すたみな太郎。
まあ、俺が同じ立場でも同じことをするね。
焼肉食べながら旅の総括。
今日は早割で10%オフ。
昨日さくら水産で食べた寿司よりも、こっちの方が美味いというね。

韓国人の友人にシン・ゴジラを観せる企画は、う~ん夏映画でやれば良かったか?
次回は別の映画で。

関内に戻って少しトークして、荷物を受け取りにホテルへ。
ここまで小康を保っていた天気が一気に雨。
濡れながらどこに行くんだろう?
って荷物を取りにホテルだよ。

ハマスタでFちゃんと別れて、2人で羽田空港へ。
3泊4日殆どの行程に付き合い(中には福岡遠征も含んでいるのだ!)
主体的に色々と手配をしてくれた、Fちゃんに比べたら俺がやったことなど
微々たるもんよ。
Fちゃんがいなかったら、今回の遠征はどうなってたか...。
最大級の賛辞を送りますよ。

横浜から京急に乗って羽田に向かう際に「どれくらいの時間がかかりますか?」
と聞かれたが「俺だって初めてだからわからん」
と答える。

空港でヌナとYちゃん姉妹と合流。
Yちゃんは木曜日に空港に迎えに来てくれて今日は見送り。
こうやって色々な人が動いてくれてるのだよね、ありがたいことに。
手続きが済んだ後で、お茶タイムだったんだが、
折しも羽田空港は江戸まつりの最中で、侍だの町娘だの忍者だの力士だのが
いて騒がしかった。
出国ゲートへ行ったら黄色い歓声が上がっていて、どうやら友人の帰国便は
BIGBANGと同じらしい。
出国ゲートを通ったら、俺の手は及ばない。
次は何時になるんだろうな、今度来る時も玩具を頼んでやる!(ゲス顔

帰りにヤマダに寄ったら、売ってたので購入。



皆様、色々とご協力いただきありがとうございました。
きっと、友人にも楽しい度になったかと思います。
これに懲りず、次回もご協力を賜りますように深くお願い申し上げます。

ちょい用の為に一旦新橋へ。
アキバ組のナポリタンの話を聞いてたんで、先ずはパンチョへ。
混雑で挫折。
で、博多風龍。
替え玉2つ。

明け方の街じゃない桜木町で降りて、ブルクへ。
明日観るシン・ゴジラの発券。
さて、全くゴジラを知らない韓国人にこの映画はどう映るのか?

そのままランドマークの5Fにあるホールへ。
「大ゴジラ 特撮王国」を見るためだ。
場内でARスタンプラリーをやってるとの事だったので
アプリをDLして参加。
場内では撮影禁止のものは、必死に脳内に刻みつけ撮影可能なものは
撮りまくる。
結果、撮影する→一旦外で確認→戻る→撮影する...を数回繰り返す。
で、1時間で出る予定が2時間以上いた。


マーカーをスキャンしてモンスターXが出て来た時の気分たるやね...

駅まで戻って川村屋で鶏肉そば。
桜木町に居る以上は、寄らない理由がない。

関内で例のスーパーに行ったら、この時期のお楽しみである
ミスターイトウの「塩すいかクッキー」が無い!
観戦しながらみんなで食べようと思ったのにな。

集合場所にメンバーが揃いハマスタへ。

ベイスターズvsジャイアンツの試合だが、韓国人の友人は現在
「観戦時、応援してるチームが負ける」ジンクスを発動中であり、一昨日の東京ドームでも
その実力を存分に発揮してくれた。
さて、今日はどうかな?
時々、雨模様の中試合は終了。
彼のジンクスは、未だ破れず。
勝ち負け以上に、筒香のホームランを生で見せたかった。
あの美しい放物線は、誰でも身震いするよね。

試合後は仕事のトラブルを乗り越えて遠方から参加してくれたH君と
仕事後に駆けつけてくれたYちゃんも含めて、アフターマッチファンクション。
2人には感謝の一言。
勿論、二つ返事で参加してくれたAも、一番観たいカードだった「東芝vsクボタ」を蹴って
来てくれたラグビー師匠同じくらい感謝してる。
返すあては無いけど、感謝してる。

なかなか、ナイトゲーム後にアフターをすることも珍しいし
楽しい会となった。


ジャパンラグビートップリーグ2016-2017が開幕。
秩父宮ラグビー場の開幕カードは、
パナソニックワイルドナイツvsヤマハ発動機ジュビロ。

昨年のW杯を受けて、人気が続くと思ってしまった運営は
強気でチケット代を値上げしたが、結果として観衆は9243人
2014-2015シーズンの開幕(パナソニックvs東芝ブレイブルーパス)の11162人よりも
少ない観衆となった。
去年のW杯以降についたライト層は、サンウルブズの低迷と代表のvsスコットランド戦の連敗によって
相当数離れたと思う。
史上最多観衆を入れた昨年12/26で山を下り始めていたのだ。
でも、1回上げた料金は下げられないからね。
また、好きな所に座り放題の秩父宮が帰ってくるさ。

試合は、パナソニックが2年連続で開幕戦を落とすというスタート。
追って追って逆転できる場面でのミスが明暗を分けた。


東京ドームへ向かっていたら、銀座線が止まる。
なんという運の悪さ。
なんだかんだで、ドームに着いて先に入場してた
韓国人の友人と合流。
1年ちょいぶりの再会。

お互いに拙い言語で会話をしながら観戦。
友人とは日本で何試合も一緒に観て来たが
(俺にとっては事実上の罰ゲームともいえる組合せの試合も一緒に観た)
G-C戦は初めて。

試合前には、大嫌いなバンドのミニライブがあったんで遅れて行って良かった。
しかし!着いた時には4-0でカープが負けていたので、
友人に「もう野球観るの止めて王将で飯くわね?」
と言いたかったのだが、楽しんでる友人を見てたらそんな事は言えない。
昨日はマジックが付いたし、今日は先発が九里だからあんまり勝利は期待してないけど。
試合中は昼間に別の友人と行った秋葉原の話を。
パンチョでナポリタンは食べたけど、メイド喫茶には行かなかったそうだ。
で、そんなこんなで9回表2アウトマウンドには澤村...

試合後は、蒲田に行ってプレゼントを受け取る。
当初は「ドームで貰うわ!」と言っていたのだが、あまりにデカイのでアキバに同行した
友人の判断で蒲田のコインロッカー預けとなったのだ。
俺も箱のサイズを見て激しく反省した。


↑これを韓国から運ばせたボクは、外道の誹りを免れまい。

明日は友人2人は福岡へ向かうのである。

無事に発見されたチケットを持って、蒲田の某ホテルへ。
ランチのハーフバイキングが気になるが。
フロントにチケットを託して、以前より気になっていた場所へ。
蒲田駅東口駅前の商店街は、ゴジラ第2形態すなわち蒲田くんによって
大打撃を受けたが、光速で復旧し普段の生活を取り戻したのである。

何度か前を通っていたが、入るチャンスの無かった信濃路。
こういう街の立ち食いそば屋も、ドンドン減ってきてるし
駅のそば屋だってJR資本の店が増えて、個性が無くなってきている。
俺はそのうち本当に「立禁法」が出来るんじゃないかと、密かに恐れている次第。

店は、手前が立ち食いそば。
奥は定食とチョイ呑みコーナとなっている。
ちくわ天そばwithコロッケ。
手繰ってわかった。
「あ~まぎれもなく立ち食いそば屋だ」
ああ、¥390の至福...



喬太郎師の師匠であるさん喬師の、時そばを

明後日は韓国から来る友人を東京ドームへ招待するんだが、
友人には先にドームへ入ってもらうために、ホテルにチケットを届ける必要がある。
そのために、先般買っておいたドームのチケットをさて手元に置いておくか。
と思い、周辺を眺めるとチケットが無い...。
これは一大事だ。
友人は俺と違ってジャイアンツファン。
それがドームまで来て「チケット無くしちゃった!テヘペロ」って訳には絶対に行かない。
必死で探す。
TVの周り、プラモの隙間、本の山、DVDの谷...出てこない。
最悪の展開を考えつつ、シン・ゴジラのチラシの束をバサバサしてみると
その間から、ふぁさっとチケットが!

明日届けに行くホテルは蒲田。
それもシン・ゴジラ第2形態が蹂躙した東口にある

夏のWFが終わったのは先月の26日である。
次回は来年の2月19日。
で、参加申し込みと当日版権予備申請は今月26日の
23:59までである。
せめて、次の事を考えるまで1カ月は開けたいなと思うけど
色々と手続き上の問題もあるから仕方ない。
仕方ないとは思っても、やっぱり1カ月は開けたい。

で、渋谷のゴッチバッタで打入り。
リオオリンピックだし、シュラスコでしょ!
ラインアップは、許諾されてから書くけどね。
T&Mプロジェクトではこれまでやった事のない版権元の作品。
あと、ウチの内規ではWFの告知は6週間前からと決まっているのだ。

でも、打合せは早々に殆どの時間をゴジラトークだったけど。

島本和彦先生の同人誌アンノvsホノオだが、
どうやら、コミケだけでなく通販も順調というか
爆発的な売れ行きのようだ。
コミケでも最後尾がわからないくらいの混雑ぶりで
大盛況だったようだけど、その熱がまだまだ続いてるようで。

ここだけ切り取ると、シン・ゴジラネタの本だし特撮もまだまだ熱いじゃないか
と思えるんだけど、特撮のジャンルコードがコミケから消えるんだよなあ...
寂しい...

中止になった昨日の試合。
招待券だったので、中止無効だと思って
トラッシュする寸前に、券面を見たら「9/15以降の振替試合で有効」
と書いてある。
俺はてっきり、中止無効と思ってたので時代は変わったなあ...と
感心した次第。

ああ、捨てなくて良かった

今日は神宮で、俺としてはNPBで最も熱いカードである
スワローズvsベイスターズを観る予定だったんだが中止。
帰りに、新橋のチケット屋で横浜のランドマークで開催中の
「大ゴジラ特撮王国」のチケットを購入して帰宅。

27日にハマスタの前に行って来る。
川村屋もあるし

短い夏の短い夏休みの最終日。
そんな日は映画を観るのが良い。
で、Tジョイ。
いや人多いわ。
映画業界は書き入れ時だねぇ...

品川で映画を立て続けに観るときのブレイクは、高架下のゴーゴーカレーと
相場が決まっている。
C&C→某所→ゴーゴーとカレー3連戦。
特に困る事もなく。
映画館だけじゃなくて、隣の水族館も人が多いよ。

お布施と納税完了。

帰り足は「品川か大井町にも京都王将を!」と思いながら大阪王将で天津炒飯

毎年、海の方に出来る某大陸へ上陸。
かすったくらいだけど。
まあ、ちょっと密談して離脱。
密談相手は、殆ど毎日上陸してるので住民票でも出してやって。

その後は、アキバを徘徊。
夏休みとはいえ、人出がけっこうあったのはコミケの後泊組が
それなりに居たのかな?
ちょっと欲しかったものがあったんだけど、意中のものは無かった。
まあ、そんな日もある

余程の事が無い限り、毎年8月14日は
桂歌丸師の誕生日と決まっておる。

毎度のことだが、永田町のC&Cでカレーを食べて演芸場へ。
11日と違うのは好楽じゃなくて歌丸師の一番弟子歌春が。
歌丸師は前回とたがわぬ切れ味で江島屋怪談。
終演後、東京ボーイズ師の伴奏で演者観客一斉にハッピーバースデーの合唱。
サプライズで、歌丸師のひ孫が花束を持って登場!
国立劇場で上演中の歌舞伎役者一同からも花が。

演目。
ここんとこ前座の噺は、子ほめが続いてたので
久しぶりの饅頭怖い。
小南治は今日も、どくとるで良かったのに(笑)

今日は14日トーフォーつまり東宝の日という事で、有楽町へ出て
日劇へ。
まだ観てなかった、インディペンデンスデイ・リザージェンス。
20年後にこんなガッツりとした続編を観られるとはね。
アンジェラ・ベイビーがベイビーな感じだった

今このタイミングで、見るべきなんじゃね?
という大義名分の下、プライムビデオで見始める。
山本美月と黒島結菜とか最高じゃね?
さて、夏休み中に見終わるかな??

さすがに南アフリカも、ユニオンもセブンズも負けるってわけにはいかないよね。
初開催のセブンズでNZも南アもメダルなしだったら、大事件だったけど。
世界の壁はまだまだ厚い。
セブンズは4年後ユニオンは3年後に壁を超えられるように。

ぼ~とした頭で有楽町へ。
今日はドコモラウンジではなく、帝劇へ。
といっても、用があるのは地下2F。
関西では普通に見かける都そばだが
東京ではここでしか食べられないのだ。
関西出汁成分補給。
ただね、関西の店舗にあるどん兵衛に入ってそうな天ぷらが無いんだよね。
でも、美味いからよし。

その後は散歩もかねて、シン・ゴジラで話題となってる常盤橋プロジェクトを見に行く。
ただの建設現場だけど。
その時の写真は「常盤橋プロジェクトを歩く」に。

昨年のワールドカップで南アフリカを破った、ラグビー日本代表が
昨日はセブンズのNZ代表を破った。
国際大会で大物喰いをする日本代表である。
女子のサクラセブンズのような愛称のない日本代表チームに
イギリスのガーディアン紙が命名してくれたのは「The Brave Bonsaiz」
海外では若者の方が愛好者の多い、日本発の文化である盆栽の名を頂いたのである。
定着するかどうかは別問題だけど。

そんな事を永田町のC&Cでカレーを食べながら、思いつつ国立演芸場へ。
8月中席の主任は、桂歌丸師と決まっている。
しかも今回はデビュー65周年記念興行。
そのため、芸協からだけでなく日によっては円楽と好楽もでるぞ。

歌丸師の病休明けでもあり初日なので、メディアが取材でうろついてる。
聞かれたら「小南治目当てなんで...」と答える気満々だったが...
その小南治、座談の時に三代目小南を襲名するそうだ。
以後、俺の中で三代目は小南を指すのでJなんたらじゃないからね。

歌丸師は「江島屋怪談」
50分の噺をきっちりとやれるあたり、まだまだやれるね。

終演後は有楽町のドコモラウンジでシン・ゴジラの検討用モデルの撮影。
インスタにアップしたら記念品くれるキャンペーンで、ノートと団扇をゲット。


日本女子7人制ラグビー代表、すなわちサクラセブンズの戦いは
最終的に10位で終わった。
この結果を受けて2020年にはもっと上の結果を出さねばならない。
オリンピック出場をかけた試合では、堂々とプレーできてたのに
本番では、選手たちが委縮してるように見えた。
地球の裏側で感じた事のない雰囲気、特にブラジル戦でのうねる様な声援は
他国にも日本にも無かった。
どうしても、海外の選手とぶつかると当たり負けしてしまう。
2人で入っていく作戦も機能しなかった。
大きい選手を止める、ラグビーでは永遠のテーマであるが
この問題を克服しないと、さらに先へは進めないのである。

10位でも恥じる事は無い、お疲れ様

イチローがメジャーリーグ通算3000本安打。
この数字は殿堂入りの目安となるため、
これはメジャー殿堂入りが現実を帯びて来た。

ただし、日本人でこの記録を達成するのがイチローだけなのは
寂しい。
後に続く選手の出現を望む

夏になれば1度は作る、フローズンフルーチェ。
俺は牛乳じゃなく飲むヨーグルトで作るのが好きだね。
固まったのを割って容器に入れて、溶かしていく作業が
結構、楽しい

2日間に渡って行われる、大田区野球まつりの1日目。
NTT東日本vs東京ガスのオープン戦目当てに。
まあ、暑いよ外。
時同じくして、高校野球も始まったけど暑いよね。
まあ、試合的には特に書く事もなく。

一旦帰宅して、ほどなくして再び出発。
品川プリンスシネマがTジョイ・プリンス品川と生まれ変わり
さらには先月頭にはIMAXが帰ってきたのである。
さて、帰ってきたIMAXを楽しむタイミングを図っていたのだが、
シン・ゴジラがラインアップされた以上、行くしかないではないか。
しかも、IMAX版は11日までしか観られないのである。
旧メルシャンIMAXで最後に観たのはイノセンスだったか?
と思ったが、スーパーマンリターンズのようだ。
契約上の問題で2007年に閉館して以後、今年の6月まではシアターZEROとして営業していた。

もうね、前回と違ってベタにポップコーンとメロンソーダ買って楽しんじゃいましたよ。
2回目も楽しかったって事は、3回目もおそらくは楽しいだろうね

2020年のオリンピックに採用された競技に空手が入った。
これは、殆ど意味のない「修身」の授業の副読本に「空手バカ一代」
を使って「空手に先手なし」とはどういう事か?
ということを授業に取り入れれば、2020年での空手競技への機運が
もりあがるんじゃないですかね?

シン・ゴジラが好スタートを切ったようだ。
製作費15億円。
ただね、興収がどこまで伸びるかわからないけど
今回が15億でヒットしたから、次回は製作費9億で今回の3倍稼ごう!
って言いだしかねないのが、日本映画の恐ろしい所。

でも、2年前にレジェンダリーと共同でギャレゴジを作ったワーナーは
同じ製作費15億でテラフォーマーズを作っちゃった事をどう思うのかね???

スワローズvsカープへ。
相変わらず混んでるねぇ...
今日は珍しく、俺が先。
だけど、石原のバット衝突と新井の通算300号には間に合わず。
花火の後で、一度中断。
コンコースで待機中に、浴衣姿のパッションが移動してきたが名前がわからないので
「パッショ~ン!」と声をかける。
返事良し。
この娘ら、すれ違う客には挨拶をきちんとするし出来てるよね。
まあ、試合は中断もあって遅くなりそうだったんで、途中で帰宅。

試合中にエアポケットに入るジョンソンが気になる

球団創設を記念して、BCリーグの栃木球団が募集していた球団名が
「栃木ゴールデンブレーブス」に決まった。
これは自動的に俺がエントリーした「ゴールデンフライキャッチャーズ」が
落選した事になり、残念だなと。
アメリカのシカゴが競技の枠を超えてベアーズとカブスがあるみたいに
日光アイスバックスがあるから「ゴールデンディアーズ」にしたら、面白いかな
と思ったんだけど、カモシカを冠したグランセローズがあるから“シカ”系はやめた。
で調べていたら、県鳥がオオルリであり英語名をフライキャッチャーというではないか!
野球にふさわしい。
ただこれだと長いよね。
今さらだけど。

さて、なんでこんなに球団名募集を真面目にやったかというと
応募者抽選で100人に当たる、年パスが欲しかったのである

このページのトップヘ