なんとなく、古本屋のサイトを見ていたら、タイトルは知ってたけど
読んだ事のなかった、近藤唯之の「背番号の消えた人生」が
売っていて、¥1500以上で送料無料なので“その他物色〜!”
と思い、書名を入れたらバッチシ関川夏央の「海峡を越えたホームラン」
の朝日文庫版が売ってて(この間、初版を買ったばかり)
朝日文庫版だと解説が田中明だなと「韓国の「民族」と「反日」」を
検索したらヒット。
あっ!と思って関川夏央に戻って「東京からきたナグネ」と「森に降る雨」
を検索したら。「森に降る雨」はあった。
で、そろそろ関川夏央から山口文憲へも移ってみるかと検索したら
「香港旅の雑学ノート」は無かったが「香港世界」があって、ここで、
昼休みが終わったんで打ち止め。