クラブ秋季大会観戦のために府中へ。
流石に第一試合はパスして、第二試合の警視庁野球部対全府中から観戦することに。
移動の車中は全く雨も無く、道も空いてて気分が良かったのだが、
球場に着いた途端、雨。
球場に入ってみると、10:30過ぎだったのに第一試合が終わってた。
WIEN’94って、監督が元カープの新美なんだね。
クラブは奥が深い。
知らないことが多すぎる。

さて、第二試合。
今回が初陣の警視庁とクラブチームの老舗、全府中の闘いである。
警視庁は機動隊に所属してて、登録地は立川。
つまり、今後都市対抗に出ることがあれば、シダックス以後途切れている、23区外からの
東京都代表が出るわけだ。
試合は、一言で表せば経験知値不足。
こればっかりは、試合を重ねていくしかない。
記録上のエラーは2なんだけれども、記録に残らないエラーも散見されたので、
今後、練習と試合の経験を積んで、精度の高いプレーを作っていくしかない。
企業の東京ガスとかに、出稽古に行くとかって無理なんかな?
今回は、クラブの古豪全府中が相手だし、コールドされなかっただけでも、めっけもん。

で第三試合。
西多摩倶楽部vs東京弥生クラブ

弥生クラブは、先制された後にすぐに一点を返してその後は一進一退の攻防。
その後、徐々に張りつめていたものが切れたようで、結局コールド負け。
何度か、勝ち越せるチャンスを潰したのが痛かった。

観戦中も何度かあったが、第三試合終了後も一瞬豪雨。
やりづらい天気だ。

かつては、毎日のように行っていた府中周辺だが、今回およそ、7年ぶりに行った。
道中、仙川のキューピーマヨネーズの工場が取り壊されてたり、
味の素スタジアムの、向かいの敷地は未だに何もなかったり...。
行きは試合開始時間があったんで、わき目も振らずに行ったが、帰りはフラフラと
寄り道しながら帰ってきた。

たまには、こんな観戦行も良いもんである。