テレビが変わったことで、色々と配線関係の整理。
今まで使っていた、AVセレクタは不要になったので取り外し、
レコーダー1号とLDプレーヤーは、TVに直接コンポジット接続。
レコーダー2号はHDMI搭載なので、HDMIセレクタを配備して、
ケーブルチューナーと統合すれば、良かろうと。
セレクタは4入力1出力程度の、奴は必要かな。
吟味しなきゃ。

我が家では今でも、現役のLDプレーヤーは、パイオニアのDVL−919という
DVDとLDのコンパチ機。
初代LDプレーヤーから数えて、3代目である。
ちなみに、初代はヤマハ(三菱のOEM)2代目はパイオニア。

このプレーヤーは今回、役目を終えたTVと一緒にアキバで買ったんだよな。
その当時(2001年頃)、大手の量販店なんかでは、
DVL−919を店頭販売してなかったんじゃないかな。
結構、歩きまわって店頭在庫があった店で買った記憶がある。
まだ、ヤマダ電機やコジマ電機が都心に出てくるなんて、誰も思っていなかった時代。

今の若者には信じられないだろうが、LDBOXの元祖「うる星やつら」はディスク50枚組で
33万円したのである。
それが完売したのだよ。

俺の初BOXは何だろうな、破裏拳ポリマーかな。
レッドバロンかも、数年後に借金のカタに売ったけど。
石丸電気から、重たいBOXを提げて帰る時のちょっぴり誇らしい気持ちが
懐かしいね。
俺の好きなヒーローは、あんまりBOXにならなかったんだよな。
分売が多かった。

BOXの話はともかく、コンポジットケーブルのゴールド端子の奴って
最初買う時、ドキドキしたもんだって話。