昨年に続いて、東映まんがまつりDVDのイベントである。
今年はなんと、したまちコメディ映画祭の前夜祭として
東映まんがまつりと東宝チャンピオンまつりがいっぺんに楽しめるのだ。
それも、オールナイトで。
オールナイトで映画を観るのは、98年の東京ファンタまんがまつり以来だ。
あの時は、真ゲッターのお披露目あり、トークショーに水木一郎のライブ、
そしてマジンガーZ対デビルマンから決戦!大海獣まで一挙上映。
会場の渋谷パンテオンは、今じゃ渋谷ヒカリエと変わり、俺が絶対に行くことが
無いであろう場所となった。

今回の会場は来月に閉鎖が決まっている、浅草中映劇場。
中映だけでなく、来月には浅草から映画館が全て無くなるのである。
以前は、オールナイト興行を観るなら浅草だったが、もうこれが最後だ。

開場よりも、早めに集合して軽く飯。
ついて行った羊肉串の店が、当たり。
浅草の隠れた名店かも。
マイミクさんさすが、のセレクション。

コンビニで買い物を済ませて、場内へ。
紙帽子をもらい席へ。

イベントの流れは以下の通り。

トークショー 
(前回はももクロが来たが、今回は来なかった、マジンガーZ関連が無いから。
ただし、劇場周辺はに桃黒亭の幟だらけだった。)
ペロとじゃんけんして勝ち残れば、南海の大怪獣かアタックNO.1のポスターが
貰えたのだが、3人とも1回戦敗退。
       ↓
休憩
       ↓
柔道一直線→タイガーマスクふく面リーグ戦(別名、梶原一騎アワー)上映 
       ↓
海底3万マイル上映準備(4:3からシネスコに変更するための作業、すべて手作業)
       ↓ 
海底3万マイル上映
       ↓
休憩(コンビニで、食料&水分調達)
       ↓
ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣上映
     ↓

アタックNO.1 涙の回転レシーブ上映

ひみつのアッコちゃんが上映されれば、涙の回転レシーブ対決も楽しめたんだがね。
タイガーマスクふく面リーグ戦はダイジェスト版(23話〜26話まで)だけど、纏まりも良いし面白い。
グレートゼブラの登場シーンなんて、何度見てもワクワクするし。
海底3万マイルは、往年の東映長編アニメの色使いの奥深さに感嘆する作品。
クライマックスの戦闘シーンとかも迫力があって良いね。
南海の大怪獣は展開がなんともな感じなので、今一つ気持ちが入らなかった。
アタックNO.1は東映か?と思うような力業展開。
でも、今観ると案外面白い。
アタックNO.1って劇場版4作品のうち1作目以外のタイトルが全部、涙の〜なんだね。

今回は、特に緩い雰囲気でのイベントだったんだけど、自分の趣向に合えば
(たとえば快傑ズバット一挙上映とか、10.19完全上映とか)オールナイトも、
まだまだ悪くないと思った。
一番良いのは、土曜の昼間とか夕方にやるのが良いんだろうけど、
したコメの前夜祭枠は、絶対にアニメや特撮のオールナイト!
だったら、来年以降も楽しめるかも。
  

最後に、東宝に言いたい、チャンピオンまつりのアーカイブ化を是非に。
まんがまつりに比べて、不明な事が多すぎる。