昨年のワールドカップで南アフリカを破った、ラグビー日本代表が
昨日はセブンズのNZ代表を破った。
国際大会で大物喰いをする日本代表である。
女子のサクラセブンズのような愛称のない日本代表チームに
イギリスのガーディアン紙が命名してくれたのは「The Brave Bonsaiz」
海外では若者の方が愛好者の多い、日本発の文化である盆栽の名を頂いたのである。
定着するかどうかは別問題だけど。

そんな事を永田町のC&Cでカレーを食べながら、思いつつ国立演芸場へ。
8月中席の主任は、桂歌丸師と決まっている。
しかも今回はデビュー65周年記念興行。
そのため、芸協からだけでなく日によっては円楽と好楽もでるぞ。

歌丸師の病休明けでもあり初日なので、メディアが取材でうろついてる。
聞かれたら「小南治目当てなんで...」と答える気満々だったが...
その小南治、座談の時に三代目小南を襲名するそうだ。
以後、俺の中で三代目は小南を指すのでJなんたらじゃないからね。

歌丸師は「江島屋怪談」
50分の噺をきっちりとやれるあたり、まだまだやれるね。

終演後は有楽町のドコモラウンジでシン・ゴジラの検討用モデルの撮影。
インスタにアップしたら記念品くれるキャンペーンで、ノートと団扇をゲット。