我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

カテゴリ: 出店報告

ワンダーフェスティバル夏当日である。
今回は初めて、東映版権に挑戦したこともあり
(特に今月に入ってからの)準備も緊張感があって
楽しかったし、契約書の宛先が、好きな番組の担当Pだったり。

ライジンゴーは、予想通り評判が良かった。
放送当時、ポピニカが空前のヒット作となった事もあって「玩具持ってましたよ」
という参加者が多かった。
ブース越しにイナズマントークが出来るのは、俺にとっても悪い気はしない。

今回はねこミクの撮影依頼も増加。
あと、一部の人たちから「メカなんて珍しい」と言われたが、
ウチは基本的にメカ屋ですねん。
これは、立ち上げた頃から変わってないんだよな。

東映の版権は1年間有効で、その間はイベントに関係なく頒布が可能なんだけど
事務屋の宿題として、どうやってこの権利を効果的に使うかを考えるのが宿題として
残った。
次の打ち合わせまでには、なんとか輪郭くらいははっきりさせないとね。

収穫は、エスケイプ、ルナ、博士、アミィの下敷。
下敷屋が同じ島という幸運。

イベントが終われば、打ち上げ。
今回は6人でも、かなり濃いめのトーク。

参加者の皆さま、お疲れ様でした。



備品を仕入れたり、備品の在庫を確認したりしつつ
用事を済ませ、夜に品川駅に着いたら、ゲリラ豪雨に遭遇。
帰って食べたバッテラが、美味かった。

準備が相ととのい、これで本当に
ライジンゴー頒布の準備はできた!

原型監修と書類提出のために、東映へ。
丸の内東映に入ることはあっても、東映オフィスに
入ることは無いので、貴重な経験。
大泉も行ったことがあるし、今回丸の内も押さえた。
京都へ行けば、東映コンプリートか。
入口をくぐり、関智一扮する警備員に止められることもなく、中へ。
9F会議室で、行われたやり取りに関しては秘密。
原型監修も終わり、近くのサイゼリヤで某ディーラーと談笑。
その後、ビック→アキバ。
帰宅後、アキバは俺が離脱後に、ゲリラ豪雨になったと知る。

 

今回は、WF実行委員に申請してる当日版権アイテムと
東映に申請してる 版権アイテムがあるんだけども、
今日は、WF実行委員会分の書類送付と、版権料の振込が完了。
期日よりも1週間余しての完了である。
素晴らしい。 
と、自画自賛。 








から版権許諾の通知が来たのを受けて、原型師さんと
ついに大井町に進出した、サイゼリヤで打ち合わせ。
初めて扱う、版権なのでお互いに流れを共有しておこうと言う判断。
修正用に送られてきた、資料を渡し今後の流れを確認。
なによりも、7/7の原型監修である。

版権以外にも、今回からテーブルの上にベタ置きしてたサンプルを
展示台の上にのせて、一般参加者の目線へちょっとでも近づけようと
いう事で¥100ショップで入手した、整理台を参考に検討。
足場をどうやって、安定させるかが課題。

いい加減T&MプロジェクトのFacebookページも充実させないとね。
せめて、版権データベースと造型狂室の移植はやらないと。


 

WF夏だが、当選したので第一次関門は通過。
新作が出せる舞台が整いつつあるという事。 

なんだかんだ言っても、時間は流れ
WFの日はやってくる。
コミケもそうだろうけど、大の大人がいろんな事情を抱えながら
迎えるハレの日。
それが、WFや各種イベントだと思う。
運営に、言いたい事は山ほどあるが日が迫るにつれ、気分も
高まってくるのさ。

今回は久しぶりに、やっちまった。
徘徊している最中、中古プラモ屋でギャラクシーランナーの
プラモ(¥2500)を発見したのだが「一廻りして、様子見〜」と場を離れて
暫し後、戻ってみたら無かった。
「迷ったら、買え」この格言に従わなかった、俺のミスである。

イベント後は、いつもの場所で打ち上げ。
明日も休日なんで、少し長めに。
「ホッケーがあるから、21時に強制終了」とか言ってたんだけど
すっかり、話し込んでしまった。
イベントって、打ち上げの為にあるんやと思う。

次回は7月28日。

WFの最終案内が、来ている。
前回までと違って、案内が来る前に
卓番がわかっちゃってるんで、
今一つ、ワクワク感がないね。

WFの新システムスタート。
ID確保するために、申し込みだけしておいた。
さて、今後どうなるかね。

用事を済ませて、アキバを彷徨い
福寿でWFの打合せ。
焼肉、最高。
肉も良いけど、トック焼も良いんだよ。
打合せ以外の雑談が最も熱が入るのだよね。

昨夏は、出店しなかったので1年ぶりのWF。
相変わらず運営に言いたい事は多いが、それでも
年2回のWFは俺にとって、必要な成分である。
ブースに黒布を敷き、頒布品のサンプルを並べ
メンバーとしゃべりながらの時間。
どんな内容をしゃべってるかと言うと「ビバリーヒルズ超能力白書」
最低でも、シーズン9までイケる。

開場後40分でR田中一郎が完売。
久しぶりに完売マークである。
後は、スポイトも完売。
昨夏は一般参加で「まどかマギカ」系の写真を撮りまくったのだが
今回はそれもせずブースでまったり。
嬉しかったのは、今ままでお会いできなかったマイミクさんと遂に
会う事が出来た事。
しかも、SUGURUのおつまみスタジアムまで差し入れてもらった。
ありがとうございます。
今回は挨拶を交わす程度だったけど、今度はゆっくり話がしたいなと。

増員された、静岡組も健在。
エビセン美味かった。

今回の買い物は

アオシマ 合体スラングル+チャンサー 
バンダイMFM レッドバロン
バンダイ超合金魂 バトルフィーバーロボ
ルカとアイムの下敷き

イベントの後は打ち上げ。

色々と話をしたんだけれども、一番熱くなった話は
「テッカマン」の話。
いや盛り上がった。
「太陽の使者 鉄人28号」も。


今回は、イベントも打ち上げも良い感じの濃度。
久しぶりに、良い余韻に浸っているのだ。

参加者の皆様、お疲れ様でした。
また、夏に!!



 




日曜日に、キャラホビが終わって数日。
川崎にて冬のWFの打ち合わせ。
思えば、夏のWFの打ち合わせは、震災の翌日。
移動中に、余震が来て青ざめたのを思い出す。
その日以来、久しぶりに川崎。
早めに着いたので、量販店へ。
オレのオアシス。
レンジャーキー3を廻して、戦果はタイム・ファルコン・ゴーオン・ゴーカイ・イーグル。
最後にイーグルが出た。
鳥系戦隊のレッドは、イーグルとホークしか興味無い。
いきなりタイムとか萎えるよね。

で、打ち合わせ。
例年通り、再販4+新作1で。

  レジ上のウルトラマンA






ウルトラマン












写真は、バンナムヒーローベースで撮ったもの。


ついに、初参戦のキャラホビ当日である。
 キャラホビ当日というのは、そのまま4月に誕生した
studio華沙同盟の終焉を意味するのである。
始まりがあれば、終わりもあるということ。

初参戦ということで、WFとは勝手が違う部分もあり戸惑ったが、
会場してしまえばそんなことは、横に置く。
イベントごとに、差しいれを持ってきてくれる、TEAM静岡のK君からは
永谷園の中四国限定茶づけをいただいた、心して食べねば。

後ろのブースがバンダイナムコブースということで、到着時には仮面ライダーオーズショーの
リハーサルという、珍しい光景を見ることができた。
全く、タイムテーブル等を知らなかったので、魔法少女まどか☆マギカのイベントが
あることも知らなかったし、ましてや斉藤千和・水橋かおり・喜多村英梨の3人が来るとは。
で、生で「あたしって、ほんとバカ」が聞けたんで、さやか好きな俺にとっては「とっても幸せ」
杏子役の野中藍も来てくれたら、良かったのに。
と、さやかの次に杏子が好きな俺は、思わないでもない。 
しかもこの3人、朝だけはなく夕刻になって矢尾一樹のステージにも登場したんである。
想像してなかったんで、超お得。

今回の戦利品は、東映ビデオのプロモーションDVDと
海上自衛隊職域ガイドと、シールとうちわ
最後に、円谷プロブースで¥500以上募金した人に配布された
ULTRAMAN BEGINS 2011という同人誌。
参加者がとても豪華、で立体物は無し。

打ち上げは、八重洲の牛角で食べ放題+ソフトドリンク飲み放題コース。
2人の原型師と、1人の絵師、この3人がいなければstudio華沙同盟は成り立たなかった。
多謝!!!
頒布作品の写真はTwitter等でアップしたので、記念に今回絵師の書いたサークルカットを
卓番号J−03がそれである。

さて、先ほどキャラホビ関連のメールを削除して本当にstudio華沙同盟は解散。
次に、何時になるかわからないけど、このメンバーで何かをやる時の名前はもう決まっている。
つーか、うちあげの途中で決めた。

ワルプルギスの昼...。







8/28のキャラホビマーケットはJ−03ブースで、
いつものT&Mプロジェクトではなく、studio華沙同盟で出展です。
頒布ラインアップは以下の3点。

・桐崎恭子

・ねこミク

・メサイヤ

皆さまのご来場を、お待ちいたしております。

キャラホビ、第二次申請が終了。
結果は6月末か。
良い結果につながるように...。

さて、この夏はWFではなくキャラホビ出撃となった訳だが、
第一次版権が確定。
5アイテム申し込んで、4アイテムOK。
小学館版権は、毎回苦労する。
今日、委員会から確定したアイテムの書類が届いた。
自分で決めた名前なのに「studio華沙同盟」の名前が
未だになじまない、俺なんである。

夏のWFへの不参加は決めたが、イベントには出たい。
で、俺はぼんやりと、某イベントへの参加をイメージしていた。
だが、そこに別なイベントへの参加が急浮上した。
キャラホビマーケット。
WFの約1ヶ月後に幕張で行われる。
キャラホビにはT&Mプロジェクトではなく、Studio 華沙同盟で参加する。
これは、緊急的なユニットであること、また一度はStudioの名を冠した
サークル名で出展したいという、俺の願望があったことによる。
というわけで、今回はこれでよろしく。

最初は(にこごりStudio)とか、すたじお あっぷ☆げぇととかいくつか
思い浮かんだんだが(Sutudio QBも考えた。)
まあ、英語+漢字で座りがよいかなと。
今回参加する、原型師の2人もこのブログを持って自らの
サークル名を知ることになるだろう。








実行委員会サイドが、当日版権手続きを放棄して
申請中の作品も白紙に戻したため、T&Mプロジェクトとしては
今回のWFについては、不参加と決定した。
ただし、個人的に一般参加ではいくけどね。



会場、そして打ち上げ参加者の皆さま、お疲れ様でした。
次回、7/24にお会いしましょう。

夏は直前まで、版権が確定せずヤキモキさせた
WFの当日版権だが、今回は早々に確定。
申請作品は、すべて許諾。
うちは基本的に、再販4、新作1の組み合わせでやってるので
どれも出せることになって、良かった。
新作は今までのカテゴリとは違うので、出した時の反応が楽しみ。
新作はもう少し、公開まで時間がかかるけども、再販品はfgにて
WF2011冬のタグを打っておきます。

今日はWFの打ち合わせ。
新作はT&Mプロジェクト的には、新機軸。
問題は版権だな。

WF夏が終わったわけだが、今までに経験のない気分である。
陽気のせいではない。

ずっと滑走路をタクシイングしてた感じ。

主催者が、今まで放置状態だったディーラーダッシュ対策を行った事は
評価できるけど、それが完全に裏目に出た。
対策とは、アルファベットによるブロック分けを廃して、番号制に変更。
ディーラーをジャンル別に区分けせず、ゴチャ混ぜ。
それと、前回から導入された開場後10分間のエリア移動制限。
しかし、だ。
番号制とエリア制限はいい。
問題はエリア分けだ。
やっぱり、ある程度のエリア分けは必要だと思う。

ディーラーダッシュ率が高いとされる、中古玩具ブースの集中配置するホールと
企業は正反対のホールにすれば、エリア制限でディーラーダッシュは防げるだろう。
不要論もあるけどWFにおもちゃ屋は必要だと思う。
ただ、版権がオールアウトになって、テーブル上に何も置かないのは寂しいということで
中古玩具やプラモを置くブースは出てくるだろう。
これを改善するには、現在の「版権オールアウトを理由にキャンセルしても卓代は全額頂きます。」
という現行の規約を改善するしか無い。
この規約を改正すると、キャンセルの損金分を見込んで卓代を上げかねないね。
海洋堂は、それくらい平気でやる企業。
トレフェスはお金を返してくれるんだけど。

整理券制による時差販売や抽選など、色々と手を打っているディーラーもある。
産業貿易会館なら問題ないが、限られた時間で、あの広大なメッセ内を見て歩くには、
ある程度のジャンル分けは必要だ。
イベント自体のメリハリもないし。
集客が緩やかな退潮傾向にある今、主催者サイドの賢明な判断を。








出展作品は、以下のとおりです。
ブースは5−26−16 T&Mプロジェクトです。
皆様の御来店を、お待ちしております。

7/25のWFは5−26−16
T&Mプロジェクトブースにて
お越しをお待ちしております。
fgにて、作品を公開しております。

版権作品は

新作:鳥坂先輩(究極超人あ〜る)

再販:R・田中一郎
       成原成行(以上、究極超人あ〜る)
       ねこミク(初音ミク)
       侵略美少女ミリ(侵略美少女ミリ)

の5作品。

オリジナルのウザイマンも出ます。
   

WFでの版権が確定。

作品は以下のとおり

新作

鳥坂先輩(究極超人あ〜る) ¥5000

再販

成原成行(究極超人あ〜る)¥5000

R・田中一郎(究極超人あ〜る)¥5000

侵略美少女ミリ(侵略美少女ミリ)¥5000

ねこミク(初音ミク)¥3000

以上、申請上限いっぱいの5作品。

出展作品画像は、近いうちにT&Mサイトおよび、造形作品SNS
である、fgのほうで、公開いたします。

尚、WFのT&Mプロジェクトブースは、5−26−16
5−26−16となりました。
大事なことなので、2度いいました。

WFの申請が終了。
再販4と新規1でいつものペースか。
ただ、冬→夏は夏→冬に比べて準備期間が短いんだよな。
あと、今後の戦略的ツールとしてfgに登録。
こちらは、準備ができ次第、詳しい情報をアップします。

天候が心配されたものの、フリマは無事開催。
想像以上に、家族連れが多かった。
カリフォルニアバーガーを買いにマクドへ行ったら
大混雑だったので、断念。
並んでまでは、食べる気がしない。

フリマ後、まんだらけを覗いて新宿へ移動。
その後、車の回収に秋葉原へ戻る。
23:00頃の秋葉原は、昼間とはまた違った
雰囲気。

秋葉原UDXにて、フリマに参戦。
秋葉原出店はちょっと、楽しみなんだな。
いつも出ている大井競馬場とはまた、違った反応が
あるだろうし。
たまには環境も変えた方がいいしね。
会場は、マクドに近いんでカリフォルニアバーガーも
買いに行きやすい。
9:30過ぎから、16:00の終了までいる予定なので
暇な人は是非、ヒヤカシに(笑)

WFの写真受け取りのために横浜。
その前に時間が有ったので「しんぼる」観た。

夜、行った店は和食系の店。
ペンネのグラタンがウマス。
でも、それ以上に旨かったのは、蕨餅。

今日は、フリマ出てて気持ちよかった。
こんなくらいの気候だと、出るほうも客も
ちょうどいいわな。
イクサライザー、値下がり狙いで終わりごろ
店に行ったら撤収してた。

と、スーフェスの日にフリマに出てる俺なんである。

あ、今日の収穫は、ピッツバーグペンギンズのジャージ。
買ったわけじゃないけど。
それと、ダイヤブロックのロボット。
買ったわけじゃないけど。

WF冬の参加申込の締切りが近いので、申請作業。
今回は、久しぶりに再販する予定の作品もあるんで、
そうなると、版権取得マニュアルの版権元一覧表では
作品コードが載ってなかったりするのだ。
で、古い申請書類を引っ張り出して、手動検索。
探してた、作品の版権コードが出てきた時は
思わず、唸るね。

エスカレーター事故の後始末がまともに出来なかった
海洋堂のアオリを食って、今回からWFは幕張メッセとなったのである。
専務は「ビックサイトや警察と対等にハッてる俺、カコイイ!!」
とか勘違いしいてるのだろうが、不利益はすべて一般ディーラーや
一般参加者に来るのである。
本当に「テキヤの親分」を自認するのならば、もっと参加者全般から
尊敬される存在となってほしい。
WFというイベントは大事だが、運営するのは海洋堂じゃなくてもいいんですがね。

幕張開催でのささやかな楽しみは、新木場駅での立ち食いそば。
それくらい。
会場は、とにかく勝手がわからない。
はじめての場所なんでね。
今回は両サイドをピンキー系のディーラーに挟まれるということで、
珍しい事もあったもんだ。
会場着いて設営して、原型師に
「今日のディケイド、平成ライダー10年で初めて興奮した。」
などといってる間に「専務からの御言葉を聞け」とアナウンス。
聞いたが「で?」としか言えない内容。
さらには、アナウンスの途中で開場しちゃうし。
gdgd。
なんか、気力が沸かなかったので写真も撮らず。
目標だった「DXディケイドライバーを¥1000で買うのでござる。」
作戦も失敗。
終了直前に、通りかかった玩具屋の店主が
「¥3000でレスキューマックスが作れるんですぜヲヲヲ」
という囁きに乗ってDXレスキューセイバーとDXレスキューストライカーを
セットで買ってしまった。
¥2700で手打ち。

イベント終了後は、東京へ移動して打ち上げ。
マイミクさんの実家の写真を見て、wktk。
今度、忍び込んで「これがこの家のお宝だね。」って言いながら、
持ち去りたいもの多数!!!!

次回も、会場は幕張。
遠いな.......。


  


参加者のみなさん、お疲れ様でした。
総括は、後日。

前回予定日には雨が降ったので、久しぶりに
フリマへ出陣。
ポツポツと売れていて、午後ヒトヤマ来ればいいなあ。
と、思っていたが雨。
終了時間よりも、早く撤収。
その後の反省会は、ゲキアツなプロレストーク。

WF夏.........。

2月のWFは延期の通知が来た。

WFでは毎回そうであるけれども(つーか、りんかい線が開通してから)
8:35に国際展示場駅改札で集合。
会場待ちの一般参加者を横目に、あの中のどこかにいる
静岡組を思う。
で、入場。
ブース開設に伴ういくつかのルーティンをこなして、
ブースで時を待つ。

10:00会場。
また夏が始まった。

間断無く繰り返されるアナウンスに「しこいな〜!」
などと、言っていたが、結局これは、事故発生を受けてのものだったんだね。
俺らは事故のあったエレベーターと真逆のところにいて、場内のBGMと
T&Mプロジェクトの誇るシーグラントハイパーサウンドシステムの奏でる
音楽で、外の状況など分からなかった。
事故を知ったのは、11時過ぎの携帯に配信されたニュースである。

異常なのは、事故の事を主催者が全く発表しない事だ。
主催者の公式なステートメントは16:45まで無かった。
これによって、海洋堂の若旦那の口から「申し訳ありません。」
という歴史的な言葉を聞くことになるのだが......。

ただ、正直、事故があったのでイベントを中止しますってなった場合
俺としては、どうやって折り合いをつけるかなぁ........。
人として正解は「怪我人が出た以上、やむなし。」なんだろうけど
あの中に入っていたら、そのスタンスを保てたかどうか。

ブース内で静岡組の差し入れであるドラ焼きを食い。
静岡組の買い物をチェックし、アキバにエロゲーを仕入れに行く
静岡組を送り出して、あとは、マッタリとすごす。

終了間際にお客さんが来て、買い物をしてくれたんで
ウロ様完売。
滑り込みセーフか。

終了後は、和民で打ち上げ。
合体と合身、変身と化身の差異について徹底討論。

 



 

整理して明日書きます。

大井競馬場フリマ参戦。

朝、移動中のバス内で「ゴウオンジャー」を見る。
ワンセグってすごいね。
初めて使ったけど、TVを持ち歩くって今まで想像できなかった。
しかし!臨海線のエスカーを下るうちに電波が..........
おかげで、ゴウオンジャーの最後のほうと仮面ライダーキバの
アタマが見られなかった。
毎度のごとく、国際展示場前駅改札に集合して会場入り。
今回は、新隊員として駿府全土が怯えた変態男がディーラーとなった。
メンバーがコロコロ変わるのはPAT的だね。

マッハで設営が終わり、無事開場となり今回も始まった。
開場BGMはPerfume。
変態大喜び。

続きを読む

関東初上陸となった”ホビコン”に初出店。
最近は、WFとWHFとフリマを中心に出店を続けてたんだが、
今回は、初モノに乗りたいというマニア心理が働いて
バックス戦も、ジャパンカップも投げ打って参加ですよ。
結果は吉。
今回はブースの配置もよかったし、俺としてはジャックポットを
引いた感じ。
ま、たまにはこんな時もあるよね。

11/25ホビーコンプレックス東京

T&MプロジェクトはN03.04ブースにて参戦です。
今回は、おもちゃとガレキのコンプレックス出店です。

前日の東京湾大花火の余韻なぞキレイに削り取った
ような、国際展示場からビックサイトへのアプローチ。
ワシらはいつものように集合し、いつのように準備をし、
いつものように、会場の波を漂った。
何年も出続けていると、前回売れなかったものがポンと売れたり、
また逆もある。
そんな妙味がイベントの楽しみでもある。
俺の立ち位置は、WFの主たるプレーヤーである原型師では
無いのだけれども、やはり年2回のこのイベントは他のイベントは
期するものが、違う。

イベントの後は、打ち上げ。
毎度決まりの、和民でワーキャー言いながらやってますよ。
4時間くらい。
今回俺に有利に作用したのは、13日が休みだってこと。
なんで、1次会の後もこっそり2次会。
で、ホルモン。

7/7大井競馬場駐車場にて行われる、フリマに
参戦します。

詳細は明日以降。

T&Mプロジェクト公式サイトにてチェックして下さい。

今回は、サンデー祭りだね。

2/25日のワンダーフェスティバルは
東6ホール(5ホール寄り)

B09−06ブース


にて皆様をお待ちしております。

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

今日の出店で、T&Mプロジェクトの
2006年の公式日程は終了。
(って、毎年きちんとプログラムされている日程は
年2度のWFしかないんだけど)
小規模ながら大箱がはけて、倉庫のスペースにに若干の
余裕を作れるようになった。

せっかくなので、秋葉原で年次の締め。
パセラのバーカウンタータイプの部屋で
カラオケ。


 

12月23日のWHF有明は

ト07・08ブース

にてお待ち申し上げております。

このページのトップヘ