我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

カテゴリ: カープと球界再編

2015年広島東洋カープの全く中身のないシーズンが終わった。
ここまで、空疎なシーズンがこれまであっただろうか?
Twitterで書き殴ったので、ここでは多くを語りたくないので、
サクッと行くが「緒方退任」以外にカープ向上の道はない 

2004.09.18
この日、日本プロ野球史上初めての選手会によるストライキが行われた。
期間は18日と19日の2日間。
タイトルは、日刊スポーツだったかの19日の見出しから。

この年の06.13に、バファローズとブルーウェーブの合併が公になってから
3か月目にしてついに自体はストライキに突入したのである。
当時の俺は、カープとバファローズのかけもちファンだったので、
合併なんて許せるものではないし、第一が阪急時代からモダンでスマートな
イメージのブルーウェーブと河内の荒くれ集団のバファローズのチームカラーが
合うわけがない。
なので、その頃は各種集会やデモなんかにも時間があれば参加した。
とにかく俺は、カープとともに好きなバファローズを奪われたくなかったのだ。

結果として球団合併は行われたが、
50年ぶりの新規参入球団であるイーグルスが誕生して
プロ野球の12球団・2リーグ制という枠は守られた。
つまり、誰も勝たなかったのだ。

もし今後、同じ問題が起こった時にそれを
押しとどめるだけの力が選手会とファンサイドにあるだろうか?
正直、俺は自信がない。

あれから10年...
この間発したことがない「近鉄」と「オリックス」の名前を
言うようにしても良いかなと、思ってる

 

今シーズンで、辞任するだろ?
どう考えても、残る理由がないし。
もしこのまま、3位フィニッシュしても
これだけ借金抱えて、ドヤ顔でAクラスヅラされてもなぁ...
ま、その前に今日みたいな試合をやってる限り確実に
Bクラス落ちするだろうけど。 

俺は、カープファンであるが、今シーズンはパ中心で行く。
いい加減にしろよセ・リーグ。
勢いとしては、人生で始めてセの観戦数よりも、パの観戦数のほうが
上回った1999年くらいで。

アンチ星野だけど、イーグルスも観るし、こうなったら特パでも観る。
気分として、プロ野球は観たいがセ・リーグは勘弁なってこと。
思いあがるのも大概にしろ。

栗原をサードにコンバートするならば、
喜田剛を徹底的に鍛えればいいのに。
キムショーもいるし。
守備よりも、東出と赤松に徹底的に転がす打撃を仕込んで欲しい。
外野は、天谷・末永・赤松が基本でいいでしょ。
間違っても来春のキャンプで「天谷!死ぬかもしれんぞ!」
とか言う地獄のノックはやめて欲しい。
脱近代野球路線から脱して欲しいわ。

もうね、人生のある時期ヒーローだった男を元監督みたいに
(名前すら出したくない。)
「ヘボ監督」とか「バ監督」とか言いたくないからね。

脱・ブラウン流だけは勘弁してください。
カープのお家芸である“地獄のキャンプ”は
21世紀の球界では通用しないんで。

思えば、カープ一筋のプロ野球人生。

背番号37の時代から緒方耕市というプロ野球選手を
見続けることが出来たのは、野球バカとして、俺の
ひとつの誇りです。

今後は指導者として、赤ヘル機動力野球をになう選手を
育ててください。

本当に、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

ランドルフ、来季内野手登録で佐伯に代って、ファーストにいたら
どうしようと、思ったわ。
ネタ外人好きとしては、このまま消えていただけると、カテゴリーキング級の
ネタ外人なんだけど。

勝てるゲームを引き分けにされる。
ま、勝てるゲームをサヨナラ負けしたりするからな。
さて、本当に伯和ビクトリーズと入れ替えようか?
本当に、今の状態ならば、NTT東日本に勝てないぞ。
都市対抗に向けてピーキングになってる、社会人をナメるなよ!!!

フライしか打たない1番打者。
チャンスにとことん弱い4番打者。
まともな送球が出来ない内野手。
5点差が守れない先発。
2点差の守れない抑え。
その他諸々..........。

今のカープに足りないのは、1球への執念。
その先にある、勝利への執念。
選手達は、マーティーに甘えきってるだろう。
こんな連中のために
(金かけて獲った外人がマクレーンとかフィリップスのフロントも)
ツメ腹を切らせられる、マーティーが不憫だ。

ファンから貴重な金と時間をとってるんだから、試合中に諦めたりするのは
やめてくれ。
何年、同じことを繰り返せば気が済むのか、このチームは。

 

神宮球場18:00プレイボール。
スワローズvsカープ。
球場への道中、秩父宮ラグビー場前に出ていたはずの
てんこ盛り焼きそばの屋台が無くなっているのにショック。
あれ買うと「神宮キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!! 」
って感じになるのに。

先乗り隊が買っておいたチケットは、B指定の前列端っこ。
でも、この席は俺のようなブルペンマニアには(;´Д`)ハァハァ必至である。
デカイぞ、シュルツ。
しかも、フィールドに目を向ければ、
視線の先のにフィリップスやマクレーン!!!
タマラン(;´Д`)ハァハァ

試合は栗原のホームランあり、名手宮本のトンネルあり、
東出が珍しくゴロのヒットを放ち、末永・天谷の2番3番にwktkし、
先乗り隊に「デントナはネタ外人になるはずだったのに、
こんな成績残してがっかりだよ!!」などと話をしてるうちに、終了。
終わってみれば4月以来の2ケタ得点ゲームでありました。
一番の収穫は、浦和まで出張って観られなかったイ・ヘチョン。

活躍できないねぇ〜!
シーズンの失速感そのまんまだ。

大竹の連続無失点記録は43回2/3で止まったが
大竹の連勝は止まらなかった。
マーティ体制になって初の5連勝で、借金2。
返済も見えてきた。

1回裏の抗議合戦は、ノムさん業師やと思ったね。

4月13日というのは、カープのエースだった福士明夫の命日。
ブログで今年も追悼文を書くかと思っていたら、別の訃報が飛び込んできた。
福士のことは、週末に書きます。

日本初のベースボール犬ミッキー君が亡くなった。
人間だと90歳を超える大往生。
数年前のカープにおいて、メディアがカープに注目するのは
ミッキー君が登場する試合だけだった。
デビューが遅かったので、現役も短かったけど、観衆をひきつける力、
グラウンドに出て懸命にボールを運ぶ姿勢は、ベンチにいた某選手や
某選手や某選手が見習うべきだと思っていた。
特に、ミッキー君がデビューした当時の監督。

亡くなったのは4月8日との事だが、ファンに訃報が届いたのは今日。
先にも記したが、福士明夫の命日である。

ミッキー君がデビューした後、某マガイモノ球団が
ベースボールモンキーを繰り出したが..........?

ミッキー君、君が登場した試合は、暗黒カープを明るくしてくれた、
本当にありがとう。
これからも、忘れないよ.........。

合掌...........



1950年代、カープファンの願いは、一つだった。
「夏でもカープはデーゲームやっとる、せめてナイターのできる球場があれば。」
この当時、カープが本拠地にしていた広島総合球場には、ナイター設備が
なく、炎天下の真夏でもカープの主催試合は、デーゲームを行っていた。
「ナイターができれば。」「ナイターがあれば、カープは勝てる。」
そういう考えが、広まっていた。
そして、1957年1月31日に待望のナイター照明つき球場の建設が
発表、同2月22日に着工となった。

同年7月24日。
全国3000万人のカープファンが待ちわびた「広島市民球場」が開場。
ナイター開きの、対戦相手はタイガースだった。
しかし、この試合“小さな大エース”と呼ばれた長谷川良平が先発したが
タイガースの猛攻に会い、15−1と大敗。
記念すべき第1戦を飾ることができなかった。

そして52年後...........。
2009年4月10、カープは老朽化した先代の市民球場から
新球場へと移転した。
2009年のシーズン7試合目、そして新広島市民球場:通称マツダスタジアム
での初試合。
相手はドラゴンズ。
マウンドには“青い目の赤いエース”ルイスが立っていた。
ところが...........。
エース、ルイスがあっという間に7失点。
終わってみれば、11−3の大敗。

歴史は繰り返されたのである。

今日観てて思った。








行きてぇ〜!!

本当に、永川だけが悪いんですかね?
点差がついて油断しきって、緩慢なプレーが
無かったとは言わせない。
大体が、きちんと野球をしていれば、永川を使うことすら
必要なかったはずだ。

ed46cdc5.jpg















69勝70敗5分け。
この成績をもってカープの今シーズンが終わった。
借金1。
70敗5分けの内どこかの試合で、あと一点が取れなかった。
あと一点が守れなかった。

今日はシーズン最終戦。
ラインアップにはまだ、アレックスがいるシーボルがいる。
ブルペンにはシュルツがいる。
2日前、先発のマウンドに立ったのは、ルイスだった。

ふと思う。
この時期に外国人選手が、フルで残っているのだ。
それだけでも、普段と違うシーズン末。

4番が抜けエースが抜け、ダントツの最下位予想だったチームが
終わってみれば借金1の4位。
昨季ベースから考えたら102打点と12勝が抜けたにも
関わらず21の借金を減らしたんである。

シーズン末、何の未来も見えなかった前政権ではない。
マーティーが3年かけて作ったチームは来シーズン、花開くと
思う。
選手たちは(特に大竹)、それをかみ締めて大事なオフを送って欲しい。
来シーズン、リーグ最終戦の先にある試合を経験するために。

来年も跳ねろ!!!赤ヘル軍団!!!!


 

横浜スタジアム14:00プレイボール。
ベイスターズvsカープ。

今日は、ベイスターズファンのマイミクFさんと観戦。

この試合は、ベイスターズの好投手、川村丈夫の引退試合でもある。
俺は、好きなピッチャーだったよ。
日石時代からね。
12年間、立教時代の4年間を除いては神奈川一筋、横浜一筋の
野球人生、お疲れ様でした。

5割エンドへむけて、もう、敗戦は許されないカープ。
必勝のマウンドには、先週、市民球場ラストを勝利で飾った男が立った。
前田健太。
今シーズン積み重ねてきた勝星は8。
チームの5割復帰へむけて、先週同様のピッチングをしたいものだ。
(あわよくば、先週のようにホームランも。)



今日、マエケンが投じた129球はプロ入りして
自己最高の投球数だ。
マエケン、来年は2桁勝ってくれ。
そして、歓喜のマウンドの新球場で始めての
胴上げ投手となろうじゃないか。
それだけの思いを込めるに足る129球。
マエケンの投じたボールは、来シーズンのカープが進む
ウィニングロードであれ。


アジアシリーズの決勝が、14:00プレイボールだったので
横浜集結は不参加.......。

このユニどうせならば、きちんとベルトレスで再現して欲しかったが
このユニ(ビジターもやれや)には、色んな思い出が詰まってる。

福岡と由宇は近いということだ。
もういいぞ、大竹。
完投負けだろうがなんだろうが、俺が気に入らないのは
毎回、同じような試合をしてる事。
大竹と宮崎で1勝9敗。
いつまでも、健やルイスがいる訳じゃないんだよ。
自立してくれ。

マーティ、庇う必要は無い。
できない選手は落とす。
勝つためには、非情さも見せないと。

君の「申し訳ありません」は聞き飽きたので、
以後、シーズン終了まで負けるなよ。
それが、今までチームに行ってきた背信投球への
最大の謝罪だ。
わかったか!!!
大竹!!!!!

少林少女のプロモーションのおかげで、
ゴールデンの全国中継の栄誉に授かったカープ戦だが、
久しぶりに地上波中継見て思った。
「なにこれ?」
梅津のヒーローインタビューカットして今日のホームランと
ハイライトって、可笑しいだろ?

昨日の雨中はご愛嬌として、今日は少し肌寒いが
無事プレイボール。
先発はルイス。
2003年にTEXで2ケタ勝利をマークした右腕だ。

c694aad5.jpg














試合には勝ったが、う〜ん、石原とシーボルが..........。
それに、9安打1点という得点力の無さ。
明日のAクラス5割挑戦へ、明るい話題ばかりではないな。

内憂外患。

野球ってさ、ホームベースに帰って1点だから。
何回も先頭打者が1塁に到達したところで、
ホームに帰らなければ、点数にならないの知ってる?
でもって、野球って点取りゲームだから
相手よりも1点以上多く取らないと勝てないわけだ。
わかってる?
口では「ぼくらが打ってれば勝てた。」とか言ってるじゃん。
でも翌日もピッチャー見殺しにしてるじゃん。
口ではナントでもいえるわな。
3試合連続サヨナラ負け。
お前ら、マーティに甘えきってるだろ?
打てないのはキャンプの振り込みがすくなかったからだ。
とか思ってるだろ?
自主トレは?全体練習の後のフリータイムは?
なにをやっていたのかと。
たしかに、全体練習では振り込みがすくないだろう。
でもそのために個人の時間が作ってるんじゃないの?
前政権みたいに、子どもみたいに、いい大人がコーチが
べったり貼りついて、見てないとやらんのか?
プロの自覚と当事者意識のないバッター陣に
毎試合見殺しにされるピッチャーと、それが為に非難される
マーティは可哀想だな。
マーティの提示しているメソッド自体は他球団のそれを
遥に上回っているのに、選手が理解でき何じゃなァ........。
7カード連続の勝ち越し無しもワーストなら、3試合連続サヨナラも
チームワーストだ。

だからこそ、オレは言いたい。
もう、これだけ悪い材料を吐き出したんだ。
もう、底は打っただろう。
だから、明日からは、上がるしかないだろう。
先発予定の青木高には散々迷惑かけているんだ。
明日こそは、ルーキーに勝ちをつけてやれよ。
最終的には、4月の横浜と名古屋があったから
ここまで来れたんだ。
と、笑っていえるシーズンにしようじゃないか。

ファンの末席として、そうなることを願っている。

 

5回終わりボール渡す際、一瞬深谷に背を
向けたのは「ケッ!!G寄り審判」
というミッキーの意思表示だったんだね。
ミッキーはジャンパイア深谷がなにをしでかすか
わかってたんだ。
賢いぞ。

その選手の怪我を知ったのは、
携帯に送られてくる、カープ情報からだった。
2004年夏。
バファローズの合併という事件は、その後
”ファンサービスの一環として”パセ交流戦の導入という
副産物を生み出した。
これ以後、労使共にファンサービスの概念は、停滞もしくは
緩やかに退行へと向っている。
話を戻す。
2005年5月28日カープはその日、西武ドームで
ライオンズと試合を行っていた。
前日は、確か小山田が完封したんじゃなかったか。
「尾形が退場」
携帯の情報は、得点経過と共にそんなトピックスが書かれていた。
この年、開幕から1番ショートを任されたいた尾形であったが、
この試合を最後にグラウンドから姿を消した。
右膝前十字靱帯の断裂。
開幕から9盗塁、順調にいけば確実にタイガース赤星や
スワローズ青木なんかとスティーラーズタイトルを
争っていたはずだ。
しかし、学生時代から抱えていた尾形の古傷が、悲鳴を上げてしまった。
2006年のシーズン、尾形が立っていたショートのポジションには
期待のルーキー梵が立っていた。
開幕一軍を目指した尾形に、野球の神様はさらなる
試練を与えたのである。
右膝大腿骨滑車面軟骨損傷。
もうすぐ開幕という、3月中旬のことである。
もしこの時に、尾形が復帰していたら、昨シーズンの
東出の再ブレイクは、あっただろうか????
結局、昨シーズン尾形は1度も一軍に呼ばれることはなかった。
「背番号(4)がいけんのじゃ。」
正直、そうおもった。
しかし、前年は試練を与えた野球の神様は、
今度は尾形に微笑みかけた。
オープン戦では生涯初の、サヨナラホームランを放ち、
2年越しの悲願であった
開幕一軍をつかみ取ったのである。
3/30開幕戦。
広瀬に変わって途中出場した尾形は3打数2安打。
試合を決める2ベースも放った。
そして、今日。
マーティはメンバー表に、不振にあえぐ、緒方耕市にかえて
尾形佳紀と書き込んだ。
7番センター。
あの日までとは、ポジションも打順も違うけれど、
約2年振りに、スターティングラインアップに、尾形佳紀の
名前が刻まれたのである。
怪我同様、尾形のスタメン出場は携帯のメールで知った。
今日は4打数2安打。
このまま、使っていけばカープにとって面白い存在になる。

お帰り、佳紀。
明日もたのむで!!!!!








広島市民球場のネーミングライツを広島市に
提案した企業がある。
その企業の名は常石造船
カープと関係の深いマツダが広島の基幹である
重厚長大産業の陸の雄とだったとするならば、この
常石造船は海の雄なのか。
広島市は、世間に対してネーミングライツの
募集をかけているわけではない。
常石造船は地域振興の一環として
市にライツを呼びかけたわけだ。
関連会社の常石鉄工には野球部があり
カープ2軍とは社会人野球広島大会で
対戦した事もある。

しかし、だ。
昨年の総選挙において、立候補した堀江に地域的な
アテンドをしたのは、この常石造船の社員たちなのだ。
堀江といえば、立候補の際にカープ買収を
口約束されたという話があった。
そうなると、どうもこの話、素直に飲めないね俺は。

サイトをみると、この会社は子ども向けサッカースクール
なんかも開催してるようだが。
ライツに関しては、やるべきだと思う。
それで、市民球場が綺麗になるなら悪くない。

つーか、既にいくつもの先例があるのに
広島市がやっていないことに疑問があった。

ただ、列記したバックボーンがあった上で
募集もしていない、ライツを提案してくるのを
知ってしまうと”なんかウラありか?”
と思ってしまう。

当然、声を上げてくれることは良いことなんだけど.........。

俺の思いすごしであってほしいがね。






横浜スタジアム15:00プレイボール。
ベイスターズVSカープ。
祝日のデイライトゲーム、15:00開始は半端じゃね?
と思うのだが、球場へ参じる。
なぜならば、今日は野村謙二郎の誕生日だからだ。
昨年のこの日も、同じ横浜で試合が組まれていたのだが、
ストライキで中止になっている。
野村は先週の16日に引退記者会見をしてるのだけど、
チームには帯同している。
祝日のデイライトゲーム、行くしかないではないか。
外野スタンドは赤!赤!赤!某SNSの企画も赤の底上げに
役だったのだろう。
新井が42号を放ち嶋が24号を放った。
8回表のカープの攻撃。
ルーキーイヤーを怪我で棒に振った比嘉寿光が、
プロ入り初打席に初球を振り抜いて、初ヒットがホームランである。
おめでとう!!!!!
大学時代の同期、スワローズ青木、タイガース鳥谷には水を
開けられているけれど、そんなもんは来年取り返せばいい。
大型内野手、セカンド争奪戦に殴り込みだな。
まっていた瞬間は、9回表2アウトにやってきた。
9回が始まるときに、スタンドでは野村コールの大合唱が起こった。
それに応えるように、昨日の先発長谷川昌幸の代打に
野村謙二郎!!!!!!!
沸き立つスタンド。
happy birthday to youの合唱。
そして野村コール。
盛り上がりはまるで優勝したみたい。
粘る謙二郎。
応援しながら、リンドバーグのever little thing every precious thing
が頭の中で流れる。
”every little thing 貴方がずっと 追いかけた夢を 一緒に見たい”
もう、生で観るのは最後かも知れない謙二郎の打席。
”ファールは何本打っても良い”というルールが神に思える。
そして。打球はセンターへのヒットとなった。
試合後、何となく球場から離れがたい空気の中、ライトスタンドの
一団がスクワット応援を始めたんである。
ベイファン最高や。
野球はやっぱり面白い、最高のスポーツだ。



昨シーズンから俺は
「ノムケンには2000本打ってさっさと引退してもらいたい。」
と言い続けてきた。
その言葉が現実になってしまった。
前田、緒方、佐々岡と一緒にもう一度、優勝の美酒を味わって
貰いたかった。
その気になれば後2年は出来たはずだ。
今、俺が言えるのはお疲れ様のひと言だ。

今シーズン初のタイガース戦勝ち越し。
ホームラン人形を渡していた少年は「倉選手に渡せてうれしかった。」
と言っていた。
将来、良い野球観になるね。このセンスは。
今回のような企画を考えるエース黒田が、
夕刊フジの記事になるようなことは無いと思う。
今しかないのはわかるが、黒田がいないカープに未来はない。
結局は黒田の決断を受け入れるしかないのだが。

まだ、シーズンは残っているのだ、1つでも上に行こうじゃないか。

中国新聞に「広島新球場ヤード跡地を容認」とあった。
来月にも正式決定のようだ。
今度こそ本当に動き出すのならば、そして新球場が
カープのためになるのならばヤード跡地でもいい。
早くに新球場が出来るならばそれも含めて。
諸論異論はあるだろうが。しかしだ。
現在位置のシチュエーションは、まさに平和宣言都市ヒロシマの
シンボルとは言えないだろうか?
戦後60年、存在することで平和を訴える原爆ドームと
平和だからこそ、野球を(あるいはスポーツを)を観る楽しみを
享受できる市民球場。
これは、広島だからこそ発信できる平和へのアピールではないか?
来週は被爆から60年目の8.6を迎える。
もう一度書いておく。
スポーツも芸能も平和だからこそ、享受できるのだ。


神宮球場18:00プレイボール。
スワローズVSカープ。
今日は、ナカガワ君を誘っての観戦である。
実は今日のチケットは、スワローズサイドなのだが
個人的事情により--------させてもらった。
球場に入ったのが2回のウラだったか。
席の近くに知り合いがいたので、挨拶。
席の2つ程後ろには、某局のFアナウンサーご一家が。
そういえば、あの局はFアナ・Mアナ・Nアナという通称”カープ組”
がいるのだよな。
今回は球場で地震に遭うという経験をした。
ゲームも一旦休止。
オーロラビジョン故障。
球場フードのカレーライス(ナカガワ君は神宮行きが決まったので
いつも行く”まんてん”のカツカレーを我慢してきたのである。ある意味
サムライである。)と串カツ、フランクフルトは美味。
試合を観てるとホリさんから電話。
「ナカガワ君が神宮にいる。」ということを伝える内容だったのだが
隣にいるちゅうねん。
どうやら、某SNSで書き込みを読んで連絡してきたらしい。
さっきも書いた通り、ビジョンが故障した関係でスピードガンも
表示されなかったので「広池が163/km出してたらどないしてケツかんねん!!!!」と思う。
はい、でませんね広池では。
試合終了後は、徒歩で渋谷まで。
夜の表参道を西川慎一ネタで盛り上がる。
これやから、ナカガワ君は楽しいわ。
今度はマリンで激烈!!パ・トークだな。


神宮球場18:00プレイボール。
台風で1試合を流したカープとスワローズにとって
この試合がオールスター後の初試合。
仕事中、携帯に流れてきたスタメンには
先発ガトームソンとレイボーンとなっていた。
どっちもまだ観ていない。
仕事を終えた時点で、3回終了。
1時間で3イニング、悪いペースではない。
その後、目黒到着時に4回終了。
渋谷到着時に5回が終わった。速いペースだ。
とにかく、俺が着くまでマウンドに立っていてくれ!!!!
頼むぞ!!!レイボーン!!!!!
外苑前から球場に続く屋台通りも撤収しつつある頃合い。
ゲートをくぐり、マウンドに立っていたのはレイボーン。
観れたぁ〜!!!!!と思った刹那。
コーンという音がフィールドに響く。
鈴木健のタイムリーをきっかけに3失点。
2回に出たラミレスの1発も入れて4点。
4−0。
カープここまでガトームソンの前にノーヒット。
しかし7回表、嶋がチーム初ヒット。
ここから流れが徐々に変わっていく。
カープ1点。
そして、ドラマは9回に待っていた。
一発出れば、逆転の場面。
打席に立つ新井の赤い魂が燃え上がった!!!!
レフトスタンドに飛び込んだ打球は、後半戦のスタートを
白星で飾る一打となった。
最後まで諦めなかったカープナインの意地と執念が、
スワローズの必勝継投を粉砕したのである。
一打逆転。
ホームではないから、サヨナラではなかったけれど、
野球は最後まで解らないということを実感したゲームだった。
これで、俺も今シーズン観戦初白星。
気分良く、帰宅。

スポーツとは別枠で、カープ関連の話題は
このカテゴリでやることにした。
今日の試合、プロ入り初登板のダルビッシュの前に撃沈。
またしてもルーキーに、初勝利をプレゼントした。
これで明日も負ければ、交流戦最終日に交流戦最下位が決まる。
「恥ずかしい試合だった。」
というが、それ以前に恥ずかしい采配をしてるのは誰だよ!!!
毎日毎日、佐竹・森・ロマノ・梅津達の機械的な継投。
いい加減にしてほしい。
いまカープが存在感を示す為には、勝つしかない。
いや、たとえ負けるにしても明日が見える負け方をしなければならない。
このままの状態が続けば、ファンはさらに離れていく。
球団も監督もこの事態に真剣に向き合わないと、後で絶対に後悔する。



明日で交流戦も終了。
監督、明日を区切りに辞任してください。

このページのトップヘ