我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

カテゴリ: トラックバック

ついに週刊ファイトが、休刊を決定した。
夏前からヤヴァイというウワサは耳にしていた
けれども、現実になってしまった。
理由に「活字メディアの衰退とマット界の沈滞」
ということだ。

たしかに、最近は(プロレス週刊誌もそうだが。)
コンビニで見かけなくなったり、取り扱いのない
駅も増えていた。
しかも、情報の受け手はネットで簡単に情報が引き出せる時代。
ファイトの休刊はその時代性と無関係ではない。
でも、さ、プロレスって本来間合いや駆け引きを楽しんだり
するもんじゃん。
それには、後追いでもじっくり読める活字メディアが実に
有用だったわけ。
それに、そういうことの積み重ねかが1ファンから見巧者への
階段を上るプロセスだみたいな部分はあったわけだよね。
でも、新興格闘イベントに併せて、この10年近く、きちんとした
プロレスを捨ててきたのは、プロレス自身だったんだな。
俺自身、馬場さんが「シューティングを超えたものがプロレスだよ。」
という言葉に対して、オンタイムでは、スゲぇ反発があったけれども
今となっちゃあ、素直に馬場さんの言葉を聞き入れなかった自分が
恥ずかしく思う。
で結局、プロレス関係はだれも「Kを超えたのがプロレス」
とか「Pを超えたのがプロレス」とは言わなかった。
逆にすり寄っていって、プロレスの持つ神話性を完全に捨て去った。
オレは、なんとなくプロレスとの距離を取り始めた。
KとかPとかって、わかりやすいだけで、後がネエじゃん。

かつてのプロレスは、正直わかりにくかったが、それを補完するために
”活字のプロレス”というファンに対するいわばセーフティネットが
張られていた。
人によっては週刊ゴングかも知れないし、村松友視かも知れないし
夢枕漠だったかもしれない。
でも、その”活字プロレス”の中心にいたのは、ファイトのI編集長
だったわけでね。

ファイトだって何年も読んでないけれども、
プロレスを支えていた最後の何かが崩れた感じだ。




「深夜特急」にトラックバックがありました。

「文春からもうひとネタ」にトラックバックがありました。
内容が詳細にレビューされてます。
 

「広島を第2の球界再編の発信地にしないために」
に2件目のトラックバックがありました。

「広島を第2の球界再編の発信地にしないために」
にトラックバックがありました。
 

1/23付「チタンノチカラ」
6/9付「うれしいこと」
2/2飛鳥五郎の命日付「NHKのコンテンツ商売」
にそれぞれ、トラックバックがあります。

「4月からの語学講座」にトラックバックがありました。

「誰が」にトラックバックがありました。
木村綾子可愛い。

差し止めにトラックバックが3件ありました。
こんな辺境なブログに3件も虎場があるくらい
大きな関心事なんだね。

「シーズン終了」にトラックバックをいただきました。
バックスサポ歓迎!!!!

熱烈応援!スポーツ天国に
トラックバックがありました。
飛んで行く先はアイドル画像ブログ。

聖地巡礼2にトラックバックがありました。

1/4付けの「俺的亜細亜女優格付」
にトラックバックがありました。
ソン・イェジン素敵。

1/17付「10年目の1.17」に
トラックバックがありました。

12/19日付「特撮2本」と
12/4日付「ここんとこ」に
トラックバックがありました。
「特撮〜」の虎場先は、たかびーさんの
ブログです。

11/14付けの「ホント、綺麗だよね。」
にトラックバックがありました。

12/6日付けの「いってきますた。」
にトラックバックがありました。

M−H戦については
잠실(チャムシル・ソウル)문학(ムナク・インチョン) 사지크 (サジク・プサン)
のどれかで、やるようだ。
俺のお薦めはムナクの球場だな、天然芝で海が近くてロケーションは最高よ。
ラッキーゾーンもあるし、球場前の屋台で売ってるカシワの丸焼きが最高。
ライオンズダービーは、台湾の統一獅(トンイルシ)を入れたらもっとおもろい。
シカゴカブス・ドゥサンベアース・La’newシォンの大熊仔熊対決とかもできるな。
こう書いてると、台湾の時報鷹・三商虎・味全龍がなくなったのは残念至極。

また、飲屋でこんな話しようや。

14日付けの「オールドボーイ」に
トラックバックが付きました!!!!
って今頃気づくなって.........。

このページのトップヘ