我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

カテゴリ: エピガイ

TLから「シカダ駄菓子」のジオラマ画像が流れてきてたので
プライムで「だがしかし」を見始める。

ほたるさんの性格がブッ飛んでるけど
主人公ココノツの父ヨウも性格が中々なもの。
紹介される駄菓子よりも、おまつり回の
もんじゃせんべいが食べたい。

あ、そこここに感じられるサヤ師の乙女な部分が良いね。



2期とかあるんかいの?

Amazonビデオのクーポン使って見た。
大体の事は、ネットの世界で語られてるので

ま、言えるのは

ガルパンはいいぞ!ってこと



この1年、ガルパンに負けた映画が死屍累々...

今日は早起きして、末広亭か浅草演芸ホールに行くつもりだったんだけど
目が覚めたら11時過ぎ...。

これは絶対に神が俺に与えた「無料配信終了までにガルパンを見とけ」という
思し召しなんだろうと前向きに捉えて、続きを見始める。
TVシリーズ残り3本とOVAのアンツィオ高戦。

残るは劇場版だけ

プライムで期間限定配信されている「ガールズ&パンツァー」である。
この辺で、見ておかないと今後見るチャンスが無いかなと思い
軽い気持ちで見始めたが...
まあ、人気になるのがわかるわ。

萌えであり、スポ根でもあり、親兄弟の確執ありとドラマ性が高いじゃないの。
戦車のバトルシーンなんて「パットン大戦車軍団」のスタッフが見たら
腰抜かすよね。
2週間の限定配信なので全12話を早めに見終わらねばならぬ。

俺は華ちゃん推し

11月の終わりにプライムビデオは、サンライズ系のアニメを大量投入!
勇者シリーズにエルドランシリーズ、さらにはダイターン3にこれまで1話無料だった
イデオンまでもがラインアップに加わった。

先にザンボット3がラインアップに入ってるので
年末のカウントダウンをザンボット3→イデオンと見て、重〜い気持ちで
正月を迎える事が出来る訳だ。
やらないけど。

勇者シリーズが入ったってことは、俺は日常的にファイバードやジェイデッカー、
さらにはガオガイガーを持ち歩く男になったのだ。
待ち合せの時間や寄席の仲入りの時にスッと見るガオガイガー31話「さらばGGG」!
とかが出来るという事は、俺のい人生に確実に余裕を与えるね。

いや〜入ってよかったアマゾンプライム。
で、当初の目的だったアマゾンズを見る時間がどんどんなくなる...。

11/31って無いのかよ!?

「昭和元禄落語心中」の第2期放送開始日が発表になったので
プライムビデオで1期を見るかと思ったが、開いてびっくり
ウルトラシリーズが大量に投入されてる。
で、結局ウルトラマンメビウスの34話「故郷(ふるさと)のない男」と41話「思い出の先生」
ウルトラマンエース5話「大蟻超獣対ウルトラ兄弟」を見ちゃった。
特にね、エースの5話は第2期ウルトラシリーズでエースとレオは東宝チャンピオンまつりに
プログラムされず、それでも後年レオはウルトラマン映画の同時上映で10話とか22話が
スクリーンにかかったが、エースは90年代のウルトラマン大会まで映画としてスクリーンに
この5話がかかるまで、単独エピソードでのスクリーンデビューは無かったのである。
だから、何度も見てる話だけどウルトラマン大会ではメインだったU.S.A.よりも、
エースがスクリーンで観られる事が嬉しかった...。

ウルトラマン大会は本上映時に新宿で、再上映の際にも銀座で観たが
今となってはどちらの映画館もないのである...


東京アニメアワードフェスティバル所謂T.A.F.の
「アニメファンみんなが選ぶベスト100」で
俺が投票した「昭和元禄落語心中」は今日現在68位。
う~ん、俺が思ってた以上に評価されてないのか...。
落語心中以上に評価されてるアニメが世には溢れてるわけですね。

というか、ユーリ強すぎ


日本初のラグビーアニメ、ALLOUT!!が始まった。
俺はコミックを読んでないし、先だって「1話はラグビーやらない」
って話を聞いて「最初は柔道編か!?」と行っちゃうレベルの知識。

学園ものでラグビーといえばドラマの「スクールウォーズ」が真っ先に
浮かぶけど、今様のラグビーものはスクールウォーズとは全く違う。
まあ実話と漫画の差はあるんだけど。



漫画同様、1話ではラグビーをやる前に終わったが



これからの展開が楽しみ。

今日から始まったのだが、
HDリマスター版なんだけれども、ケーブルテレビの
プランの関係でウチのキッズステーションはSD画質やねん。

今回の放送が素晴らしいのは月~金の21:30~放送であるということ。
家にいる時間にやってくれるのは有難い。
放送当時、情報誌に情報が載る度に不安になっていった
テッカマンブレードだったが、始まってみれば一転、面白かった。
何よりも、本家の宇宙の騎士テッカマンで使われなかった設定を生かした
作品と言うのに痺れたね。
結果として、本家よりも長いシリーズになったし。
特にブレードのブラスター化というパワーアップイベントでは、
1人で盛り上がってたレベル。

これから毎晩が楽しみだ。

で、俺の魂SPEC「テッカマンブレード&ペガス」はどこに行ったんだろう...

10/5BSプレミアム「アナザーストーリー」は
初代タイガーマスク編と。
これは楽しみだね。
タイガーマスクの存在は、俺にとってアニメ、マンガ、レスラーどれも欠かせない存在
だから。
もうすぐ新作アニメも始まるし

今このタイミングで、見るべきなんじゃね?
という大義名分の下、プライムビデオで見始める。
山本美月と黒島結菜とか最高じゃね?
さて、夏休み中に見終わるかな??

NHKBSは土曜日に3時間のウルトラ特番を控えているが
その前哨戦ともいうべき番組、アナザーストーリーズが
昨日、放送された。
ウルトラセブンの製作にまつわる顛末が描かれているのだが、
きちんと金城哲夫に1コーナー割いてるのは良かった。

こういう丁寧な番組作りが地上波でやれないのかなあ...

日本映画専門チャンネルでスタートした、かつてNHKで放送された
少年ドラマシリーズの「なぞの転校生」を見ている。
未見。

聞くところによると、少年ドラマシリーズの作品は
フィルムやビデオが残ってないものが多く、この番組も
視聴者が家庭用VTRで録画してたものがNHKに提供されて陽の目を
みたそうだ。
本放送は1975年の11月からの全9回というから、カープの初優勝の
余韻が冷めた頃に始まったのである。
(日本シリーズが2分け4敗だった事は、さておく)
この年春先にネット局のネジレ(所謂腸捻転)を解消するための「ネットチェンジ」が
行われ、仮面ライダーシリーズがTBSへ。仮面ライダーシリーズを失ったNET(今のテレ朝)は
今に続く戦隊シリーズの元祖「秘密戦隊ゴレンジャー」を生み出すのである。
(逆に必殺シリーズを失ったTBSは影道心を生み出した)

41年前の作品だけど、古さは感じないね。
それよりも、こういうマーチャンに頼らない子供向け(中高学年層)の見るような
30分もののドラマは有っても良いと思うんだよね。
昔みたいに



なぜかトルコで大人気という「タイガーマスク2世」である。
当時、日テレは「あしたのジョー2」の後半に入っていて
奇しくも梶原一騎原作の作品が裏表で潰し合う事に



でも、タイガーホークス落とし!はないよね

ファミリー劇場で謎の円盤UFO(HDリマスター吹替版)が始まった。
この作品の話もメカ描写も大好きだけど、何よりも好きなのは
OPナレーション。

↓はオリジナル



で、ナレーション入り



1分弱で説明しきるこの凄さ!!
正直、ナレーションをリピしてるだでも幸せなレベル

で、最後にこの曲を知ってる人は少ないかな?
シャドーのマーチ

歌謡ポップスチャンネルで放送していた「さすらいの太陽」が終わった。
ずっと未見だったアニメ作品が見られるのは、良い時代になったなと思う。
最終回は、打ち切りの為に一気に詰め込んだ感はあるけれど、それでも
上手くまとめたなと。

裏番組が「タイガーマスク」じゃなければ、もっと人気が出たかもね。
生まれた時代が悪かったか...。
26話通しで見ると面白いし、魔女っ子アニメと違ってこういう女子向きの
アニメはなかなか見ようと思う事もないし。

来週の木曜の寝る前は何を見たらええんや?
すっかり「さすらいの太陽ロス」である

東映ビデオより「キャプテンフューチャーBD-BOX」発売の告知あり。
かつて、DVD-BOXの告知をしながら中止になった経緯もあり、
まだまだ油断出来んね。
また、差し替えでガ・キーンが出たりして。

もうね、鋼鉄ジーグmeets風忍って時点で読むしかないでしょ。
ダイナミック企画のサイトで読める。
鋼鉄ジーグとも、鋼鉄神ジーグとも違う新しい鋼鉄ジーグである

CS歌謡ポップスチャンネルで放送中のアニメ、さすらいの太陽である。
軽い気持ちで見始めたんだけど、今じゃ毎週楽しみに見てる。
木曜日の寝る前に見るには最高だ。

主人公であるのぞみに襲いかかる、試練の波状攻撃!
或る人曰く「アニメ版大映ドラマ」との言葉はまさに!と
膝を打つのだ。
製作は虫プロ。
放送はフジテレビだったが、裏番組がタイガーマスクだったので
視聴率的には苦戦して26話で終わっている。

こういう未見の過去作に巡り合える21世紀最高!

東映チャンネルで始まる「新竹取物語 千年女王」は録画する事に決めた
年明けから「宇宙海賊 キャプテンハーロック」も始まるし。
松本アニメ攻めで。
だから「SF西遊記 スタージンガー」もやって

神保町シアターの特集企画「作曲家・小杉太一郎の仕事」のプログラムに
「サイボーグ009」があるのを知った時点で、行こうと決めた。
さてこの、神保町シアター本当に特別な際にしか前売券を出さないので、
当日にチケットを確保するしかない。
さて、思案していたら神が舞い降りた。
神との約束によって詳細は書けない。

 
でもね、ワシの前に1をゲットした勇者がいた訳で。
でもこの整理番号、009を見るのにちょっと残念でしょ?

さて、時は来たれり表参道から一気に神保町へ。
開場時刻の19:05には余裕で間に合った。
場内の年齢層は、俺が若い寄りの配置。

1時間弱の作品だけど、アニメ映画ヒーローもの映画としての完成度の高さよ。
自分の年齢よりも上のアニメや特撮をスクリーンで、それもフィルム上映で観られる
チャンスが激減してる今、こういう機会は貴重だ。

どこかで、劇場版2作目「怪獣戦争」もやらないかな
 

CS歌謡ポップスチャンネルで始まったアニメ「さすらいの太陽」である。
これまで未見。
どうやら本放送当時は、タイガーマスクの裏番組で視聴率的にも惨敗。
再放送を見た記憶が無いから、俺が物ごころついた時にはフィルムが
フジテレビ内で死蔵状態だったかもしれない。
仮に俺が当時のKID’sだったとしてもタイガーマスクを取るよ。

さて、見る前にマイミクさんから「大映ドラマやで」と教わっていたので
それを念頭に置いて見てみるとまさに大映ドラマ!
これをアニメでやるのは、凄いな。
この歳になったから楽しんで見られるというのもあるんだろうけど、
次回も楽しみ

 

話題になってた日本アニメーター見本市の「ザ・ウルトラマン」を見た。
前回の「電光超人グリッドマン」 も良かったけど、今回はそれを凌ぐ良作。
当時、コミックを読みながら思っていた「映像で見たらどうなるんだろう?」
という思いへの答えがここにあったのだ!!
実に40年近くを経てこんな形で会えるなんて、生きてて良かった。

とりあえず、30分版をXの劇場版と同時公開した上で
単独長編作りませんかね?
BD売るためのイベント上映でも、映画になれば観に行くよ。
これは、金を払うべき価値のある作品だ 

「ガリバーの大冒険」に「わんぱく王子の大蛇退治」に「安寿と厨子王」が
3連発で放送。
前も録ってるけど、録画し直し。 
明日の「河内のオッサンの歌」は初録画 

タツノコプロ作品には名作が数々あるが、どれか一つと言われたら
俺は間違いなく「宇宙の騎士テッカマン」をあげる。
破裏拳ポリマーや新造人間キャシャーンも好きだが
本格SFアニメを標榜したこの作品が大好きなのだ。
俺の愛唱歌であるOPEDを始め、本編に登場するブルーアース号も
主人公の南城二がテッカマンにテックセットする為に乗りこむロボット・ペガスも
何よりもテッカマンが好きだ。
あ、変身の過程を「〇〇システム(テッカマンはテックセットシステム)」と規定したのは
テッカマンが初めてなんじゃ?

武器のテックランサーを投げた後に、テックリールを巻き付けて回収するんだけど
これも、宇宙空間では物を投げると延々と遠くに行ってしまうのを防ぐため。
とか、変身の際に身体に有刺鉄線状の物が身体まとわりついて、仕上げに電流が
流れるのは、宇宙空間で感覚が無くなるのを防ぐためと、細胞が強化されるためという
考証がきちんとなされているのである。

ただし、当時のアニメ業界では「宇宙物は受けない」と言われており
テッカマンもその例にもれず26話で打ち切りとなった。
でも、今日で40年。
当時の作品を見たガキの中では、テッカマンは永遠に終わらないのである。

 

スーパー戦隊30作目となった「轟轟戦隊ボウケンジャー」は
クウガの開始時点でHD放送を行っていた仮面ライダーに遅れる事
6年目にして、戦隊シリーズで初めてHD放送を行った作品である。
本放送当時はまだ、ブラウン管TVに世話になったのでボウケンジャーを
HD画質で見る事はかなわなかったが、本放送から9年
東映チャンネルHDで放送が始まり、遂にHD画質での録画のチャンスが巡ってきたのである。
ボウケンジャーは’00年戦隊としても戦隊全体としても好きな戦隊だし、
漸く良い画質で録れるのがうれしい 

魔法使いサリー再放送における「マリーの花園」の
遭遇率は、日本国民であれば結構高いのではないかと。
 


ウィークエンダーも40周年なのだそうだ。
以外な感じがする

 

なんで、21時からじゃないんや??
まさに13日の金曜日である。 

これは、社を相棒にするためのパイロット回だね。
先週、見逃したのを夕方再放送してくれたので
見ることが出来て助かったよ 

発表されて以後、話題だった「日本アニメーター見本市」のグリッドマンを見る。
短い時間に、グリッドマンのケレン味があふれた作品。
企画はされていたが、諸事情でグッドナイトになれなかった武史も
この作品で遂に、アクセスフラッシュをしたんである。
武史が変身する際も今風のスマホやタブじゃなくて、積み上げられた
ブラウン管モニタ、つまりは大量のJUNKによって変身するのである。
見といて良かった。

そして、グリッドマンが早過ぎた作品で会ったことが
非常に残念だ。
サイバー犯罪が身近な今だからこそ、グリッドマンの出現が待たれるのではないか? 

 

本放送を見逃したNHKのコミケ特集を
再放送で漸く見た。
これまでのような、ある種のバイアスがかかってない
取材姿勢は評価できるが、それでも一つの枠からは脱してないんだよな。
良い作りだっただけに、そこが残念。

でも、最初に出て来た絵本作家の人は好み 

漸く、相棒の今シーズン1話を見る。
俺は昔から原田夏希が好きだ。
以前、原田夏希のヌード見たさに、極妻観に行こうかと思ったけど
脚本が米村だったんでやめた経緯がある。
東映チャンネルで録画して、必要な部分だけ見たけど。
でも、朝ドラは見てない。
それは、朝ドラを見る習慣が無いから。
で、新シーズン。
今回も、イマイチかな。
とりあえず、見るけど
 

ウルトラマンメビウスの名編である
「思い出の先生」やるんだ。
録画必須 

MXで始まったヨルムンガンドを見る。
原作も読んでないし、本放送当時は見てなかったけど
MXで放送されたのを機に見てみようと。
結論からいうと、次回が楽しみ 

野球漫画特集だったんだけど、内容の薄さに唖然。
BSマンガ夜話の野球狂の詩編と比べるのは、詮無い
話ではあるが... 

仮面ライダーBLACK→RXみたいに、主人公が同一で2シリーズ続くのは
ウルトラマンでは初めてだね。 
ただ、話数が少ないし独立した番組じゃないから、RXとはちょっと違うけど。あ
とりあえず、1話のつかみはオッケーって感じだね。
ビクトリーは、ウルトラマンというよりも独立した円谷ヒーローで見たい気がしないでも
無いけれども、前回よりも熱い展開で満足。
これが全16回維持できるのかどうか?
今後に期待。

日本映画専門チャンネルで一挙放送したのを録画て見る。
ドラマは初見。
全5話なんだね。
2クール位だと思ってた。
詳しい経緯は知らないけど、スペシャルドラマか
ミニシリーズ的な扱いだったのかも。

見てみたが特に印象に残る事は無い。
ただ、こんな話が作られるくらい当時の巨人は
野球界だけでなく 、日本にとっても特別かつ大きな存在
だったんだなと。
本作以外にも「巨人もの」は多く存在するわけだし。

長く、未見だったものが見られるチャンスを得たことは良かった。 

今期は珍しく、見ようと思ったアニメが4本ある。
キャプテン・アース
風雲維新ダイ☆ショーグン
ブレイクブレイド
で、この健全ロボ!ダイミダラーである。
金曜とか土曜の夜にgdgdしながら見たいアニメだね。
平日に見ると翌日、ミダラミダラ...が脳内かけ廻るので
休前日に見たい。

自分の秘めた力を見出されて、ロボットのパイロットになるという
流れ自体は王道のロボットアニメなんだけど、力を発動させるやり方が
これまでと違うアプローチであるということ。
同人誌なら、有りだけどきっぱりアニメでやる潔さ。
たまには、深夜アニメも見ておくもんだと思った次第。
来週も楽しみ。

 

今回は、及第とはいえないね。
ちょっと、権力にたより過ぎた。
俺のTL上もラプンツェルが優勢だったし。
途中から、完全にながら視聴。
次回シリーズに期待。 

俺の歳時記では、相棒の最終回と定めている。
異論は認める。
 

決戦!大海獣をやってほしかったね。
グレートマジンガー対グレンダイザーも無かったし。
 

年内でアルペジオ終了なんだ。
木曜日の楽しみが無くなるな。
第2期に期待するか。 

毎週木曜日の楽しみである、蒼き鋼のアルペジオであるが
テロップを見て、愕然とした。
21日にお台場で、オールナイトイベント...。
ああ、21日は先約が入ってて無理なのだ。
残念。
今日のタカオのせつなさと同じくらい、せつない。 

このページのトップヘ