我的日常雑記

アキバ発プロ野球経由韓流行き。 プロレスもあるでよ。

カテゴリ: 韓國総合

解散か。
2chだとB級の女王とか言われてたし、俺も異論はないんだけど
無くなるのは惜しいね。
好きなメンバーが多かっただけに




四谷の韓国文化院へ行く時は、基本的にのんびりと都バスで
品川から行く事にしてる。

プライムでDLした「バトルフィーバー」や「ゴレンジャー」を車内で見ながら
実際は見てる途中で着いちゃったので、バス停のベンチに座って最後まで見てから
文化院へ。
今回の展示は「訓民正音とハングルデザイン」
今年は訓民正音制定570年とう事で企画された展示。

訓民正音とハングルの歴史から、ハングルをアートにした作品の展示まで
狭い中でもじっくり見るとそれなりに、時間がかかる内容。
今では使われてないハングルとか結構あるんだよね。
そういうものを絵にしたりパズルにしたり。
その後は図書室でネットもしながら雑誌読んだり「韓国語ジャーナル懐かしい!」
とか思いながら。

新宿に移動して量販店巡り後、シズラーで友人と飯。
友人が観戦してきたセリーグCS1stステージの話とか
先週のシン・ゴジラ会が
「シン・ゴジラの話をしてるんだけど、気が付いたら洲崎パラダイスの話になってる現象」
だった話など。
予約時間よりも早めに始まったけど、じっくりとトーク。
シズラーは良いね。

地元の本屋で、買いものをしたついでに
「半年分だけでもNHKのテキストを定期購読できるか?」
と聞いたら店員が「オッケー!」と言ったので、頼む事に。
秋春クールの半年分のテキストは内容が新作になるから
売り切れが早いんだよね。
しかも、TVよりも入荷が少ないしハングル講座のテキスト自体の
扱いも減ってきてるし。

半期購読が出来るのはありがたい。

晩飯は余った栗ご飯と、余ったカレーだったので
一瞬の逡巡の後に栗ご飯カレーに。
やってみたら美味かった。

モイセへ。
久しぶりの再会の舞台においては
相応しい店だろう。
結構長い時間トークして、終了。
次回は2月末に出来ればな。

駅でスタンプラリーのチラシをゲットして帰宅

Twice



日本人メンバーの、モモサナコンビと台湾人のツゥイが可愛いね

用向きもあり品川の坂内でラーメンを食べてたんだが、
落とし穴があった。
坂内のはいってるビルがハロウィンイベント中だったのだ。
アリスだのカボチャだの海賊だのが走り回ってる。
その後はバス移動で四谷の韓国文化院。
日本語書籍でも知らない本がまだまだあるね。
じっくり読んで、新宿へ。

新宿では量販店をめぐり、ガッツグリル。
帰りはハロウィンでおかしくなってるであろう渋谷と、アキバを避けたルートで帰宅。

さて、決勝戦だ! 

日本の野球が好きならば、一度は
都市対抗野球を観ておくべきだ。
以前、韓国人の友人にそう話した結果、
彼の来日はバッチリ都市対抗の時期となった。
昨日から来ていたのだが、俺と会うのは今日が最初。
彼は別の友人とハマスタで高校野球を観て来たので、
今回はプロ抜きアマチュア野球漬けである。

再会の場所は新橋の飲み屋。
予約の時に「100人規模の宴会が入ってるんで、2時間で出てってもらいますよ」
といわれていたのだが、結局3時間近く居られたし100人規模の宴会なんてやってなかった。
なんだろうな、コース料理を予約せずに席だけ予約したから、嫌味で言われたんかな。
予定よりも長くいられたのは良かったけど、再訪は無いね。
博多満月。

集ったのは5人、ピンボールのごとく話が飛びまくりあっという間に時間が過ぎて行く...

楽しかったんで良し。 

2年ぶりに開催される予定だった、日韓フレンドシップフェスティバルが
延期となった。
MARSの影響が懸念される今、仕方のない判断だとは思う。
俺は今回の日程だと、行かれなかったのでむしろ延期はチャンス 

新宿に出る用事があったので、併せて歌舞伎町に現れたゴジラを見に行く。
コマ劇場の跡地に出来た施設は、巨大で人出があってにぎやかだった。
俺は、平成ゴジラシリーズを1年の締めくくりにコマ東宝で観ると決めていたので
この場所の景観が変わってしまった事は寂しいが。
来年公開される復活ゴジラは歌舞伎町で観ると決めた次第。

その後は歩いて大久保通りへ。
オープン後に行く機会が訪れなかったポンチュクで
小豆粥。
 

韓国食品に辛いものはいくつもあるが、
これは別格だと思う。
 
普通に食べると、辛さがキツイので
キャベツを(時には魚肉ソーセージも)刻んで、入れるようにしてる。
それと、目玉焼きととろけるチーズで辛さをやわらげないと
食べるのには難儀する逸材。
なんだが、無性に食べたくなるのである。 
ただ、品名通りタレを鶏肉に漬けこんでプルダックにして
麺は湯掻いて添えれば良いんじゃないかと 

今日の事故を見るまでも無く、韓国の安全への
無頓着さは病的と言わざるを得ない。
今年は、韓国における安全の在り方が問われてる年なんだと思うね。
抜本的な安全対策を日本の韓国好きの末端にいる人間として、望む 

昨日から行われている、アントニオ猪木率いるIGF平壌大会だが
韓国KBSのニュースでは「国際プロレス大会」と報じていた。
どうせなら「国際プロレス平壌大会」にして、金網デスマッチとかやればよかったのに。
まあ、猪木の意味が無いけど。
でも、日本でも時事通信は「国際プロレス大会」で報じてた。
結局「IGF平壌大会」だと、広範に意味が通じなくなるからか? 

人の運命なんて、どう転がるかはわからない。
これまでこんな事とは無縁だと思っていた俺が、
炎天下の代々木公演に赴く事になろうとは...

最初は軽い気持ちだった。
予定が無くなったので「どれ、入場料も¥500だし、AOAでも観てやるか」
AOAとは最近、韓国で伸してきてるガールズグループ。
10月に日本デビューを控えてるので、その前に観ておくかと。
この前、同じく10月に日本デビューが決まっているApinkのショーケースは
行かれなかったし...

前日はa-nationの屋内イベントに出たようだが、さすがにAOAだけのために
数千円のチケット代を払うのは、躊躇する。
が、時間のある平日の昼間にワンコインで観られるとなれば、
事情は変わってくるのだ。

さて、詳細は省くが妖怪ウォッチのイベントが終わり
ステージにAOAが立った瞬間、それまでの暑さなんてどうでもよくなった。
観衆に若い女の子が多いのは、ちょっと意外だった。
清純派アイドルとバンドの兼任グループから、セクシー売りにシフトした
グループなんで、男だらけだと思ってた。

ただ、2曲歌って自己紹介もう1曲歌ってトークタイムが入り、衣装替えへ。
出てきたのは23分で40分のインターミッション。
その後、別の衣装で同じセトリのステージをこなし、後半は21分。
運営に言いたいことが無いわけではないが、結構前で観られたし、炎天下の
下で2時間待って観たAOAメンバーは可愛かったから、許す。

こうして、俺の夏フェス体験は終わったのである 

俺は毎晩、ネットでKBSワールドラジオの日本語放送を
1時間聴くのが日課となっているんだが、
そこでは4半期ごとにクイズをやっている。
で、今回ソウルから届いたのはそのクイズに
正解した記念品である。
いうても、クイズ自体はとんでもなく簡単なので、
間違える方が難しい。
で、正解者から抽選で記念品が貰えるのだ。

箱で届いたので「なんや?」と思ったが、開けてみたら

↑特製キャップである。
これ、日本で何人が貰ってんだろう?
サイズを心配したが、アジャスタが長目に作られているので
俺でも十分入るサイズ。
小さければ、おこぼれに授かろうとしてた親父の手には
渡らなかった。
これまでも、ハンカチや蛍光ペンを貰っているが
今回のは一番うれしいよ 

テグTBCのネット放送で韓国統一地方選の速報を見る。
逆風の与党に対して野党が追い切れなかった感じ。
 

11月11日は、ポッキー&プリッツの日である
韓国では、ペペロデーと言う事になっている。
さて、これまで韓国では、プレッツエル菓子と言えば 
ロッテのペペロだったのだ。
が、しかし。
今年はこの手の菓子の元祖であるポッキーを
グリコが韓国で販売スタートしたのである。
 韓国におけるプレッツエル菓子の覇権は、
世界的シェアを誇るグリコのポッキーか、韓国においては定番となっている
ロッテのペペロか、どちらに軍配が上がるのだろうか? 

LGツインズは今日が最終戦。
いつもの年の、最終戦と違うのは
この試合に、2位がかかっているからだ。
ただし、LGが2位フィニッシュする為には、
テジョンでゲームを行う、ハンファがネクセンに
勝ちまたは引分け、その上で、LGは斗山に勝たねばならない。
ちなみに、ネクセンはハンファに勝つか引分けた上で、斗山の勝利が条件。
斗山はLGに勝ち、ネクセンが負けるのが条件。
ともあれ、ソウルに本拠地を置く3チームが、同日同時間に
2位をかけて、死闘を繰り広げるのである。

そんな、条件で行われたゲームであるが、
まず、ハンファがネクセンに勝ち、 LGが勝つまでが
ヒヤヒヤの時間だった。
しかし、なんとか勝利。
2位が決定し、LGのポストシーズンは
プレーオフからとなった。
潤沢とはいえない、ブルペン事情を考えれば、準プレーオフを
戦わないで済むのはありがたい。
11年ぶりのポストシーズン。
選手たちには、晴れの舞台で思いっきり戦ってほしい。 

あることがきっかけで、聴くようになったKBSの日本語放送だが
今年でリスナー10年目なんだな。
10年前までは、日本語放送の存在もBCLも知らなかった俺である。
と言っても、ラジオはもっぱらネットで聴くんだけど。 

 先週の土曜日に行った、韓国文化院の
「アリラン展」だが、図録を読んでいて
なんか抜けてんだよなと思っていたのだが、
さっき、その抜けが思い出せた。
津軽三味線の初代高橋竹山が演奏した、
アリラン変奏曲が無いのである。
音盤が入手できてないのかな?
俺も持ってないけど。
ちょっと残念ではある。 

自宅からバスを乗り継いで、四谷。
目指す韓国文化院は、 四谷三丁目バス停よりも
一つ先の四谷四丁目バス停で降りれば、目の前であるが
俺は、↓の写真が撮りたかったから三丁目で下車。

















最近、全く行ってないんで再訪したいところ。
で、文化院では「アリラン展」が開催中である。
ギャラリーで、文書、展示、VOD視聴が楽しめる構成。
レコードの展示で、レイモンド服部(TBSスポーツテーマ「コバルトの空」作曲者)の
名前を目にしたときの驚きや、映画「東京アリラン」の内容が激しく知りたくなったり。
文書も、ゆっくり読みたかったんだけど後がつかえてるので、1時間弱で離脱。
水道橋へ。

東京ドームプリズムホールで、日韓フレンドシップフェスティバル。
1週ズレてくれたら、都市対抗とセットで楽しめたのに。
特に、Nine Muses見たかった。
航空券目当てに抽選に参加したり(外れたけど)、旅行ガイドとかをもらって離脱。
メインの中野へ。

やっぱり、中野にいくならブロードウェイは攻めたい。
昼の部に参戦してる、某親子がいたんで「終了後メールください」と連絡して
ブロードウェイ散策。
5月の連休以来だけど、やっぱり楽しい。
イベント会場のサンプラザへ行ってみると、当日券が売ってた。
昨年と違い、公開ゲネを含めた3公演とはいえ当日券が出たのか...。
ちと悲しい...。
終演後の某親子と落ち合い、サイゼリヤへ。
とりとめのない、会話をして解散。
俺らは、夜公演のサンプラザへ。

アキバレンジャーシーズン痛イベント。
昨年比85%位の分量でやった感じのイベント。
シーズン1よりも、予算等は厳しかったということだが
あれだけ、玩具が投げ売りになってたら、致し方なし。
シーズン3あるのかなぁ...。
逆に、超シリアス路線に転換してみるとかどうだろう。
新旧ブルーの登場とか、相変わらず内田真礼は可愛いし、
メンバー的には悪くないんだけど。

天気も悪くなかったし、色々詰め込んだ土曜日である。
 

昨日来日した、韓国人の友人と今日は夕食。
この席で、ちょっとした事があったんだけど
それは、書かない。
さて、行った店での事。
この店は鍋焼きうどんの店ながら、夜は
さくら鍋や馬肉を供するのだが、ここんとこ競馬もしょっぱい成績が
続いてるので、これまで禁忌としてきた、馬肉を食べてみることにした。
人生の大転換。

でも、鯉はまだ食べられないな。
せめて、カープが優勝するまでは食べない。 

韓国から友人がWBC観戦の為、来日。
今日は到着後観光デーということで、色々段取りして
俺は、品川待機となった。
朝、やはりWBC観戦の為に地方から来ている友人も声をかけたら
「行こう」
ということになった。
あ、「行こう」が1回なのは俺が行く事は決まっていたから。
で、待ち合わせ場所を品川駅港南口の吉野家としたのだが
潰れてたんだよね。
申し訳ない。

その友人と車内でじっくりと話をしていると、韓国からの友人が到着。
風邪ひいて、ちょっと調子が悪いみたい。
先ずは、リクエストされていた回転すしへ。
ここで、1時間位歓談。
ドームへ向かう友人を大井町で降ろして、お台場へ。
デックスとかヴィーナスフォートなんて、こんな事が無い限りは
行かないよな。
デックスの太陽鉄人の出来が悪かったり、ディスプレイされていた
大鉄人17をなんとか頂けないかと考えたり。

そんなこんなで、友人をホテルに送り届けて解散。
帰り足、業務スーパーでナチョスとチーズを買って帰宅。




 

ひと段落した感はあるが、韓国を席巻している
7080ブームである。
これは、70年代80年代文化の回顧ブームなんだが
昨年あたりからは、映画やドラマの影響もあって
8090ブームへシフトしつつある。

四谷の韓国文化院で行われている、写真展
「過ぎ去った韓国の日常」は、70年代と80年代の
韓国の市井の人々や風景を撮影した写真が展示されている。
今では、大観光地の仁寺洞や明洞ののんびりした光景に
俺の知らなかった時代の韓国を思うのだ。

7080を追体験するのは、音楽や食べ物や映画だけでは無いのである。

曲が良いんだけど、PVのラストシーンが衝撃。
見終わって、固まったわ。



明日は、少女時代がニコ生に登場するらしい。
20時から。
プレミアム会員じゃないので、満席になると
追い出されるんだよな。
初の、ニコ生鑑賞。

映画「Sunny」を観た後、劇中でかかってたBGMを
Youtubeで漁ったりしてた訳なんだが、その中で見つけたのが
少女時代のサニーが歌うSunny。

 

映画において、Sunnyのライバルチームの名前が少女時代。
でも、後に「少女時代はダサい」という理由で「FINKL」に改名するんだけど、
FINKLのメンバーがSunnyを歌ったかどうかは、俺は知らない。

この映画が良かったんで、韓国に渡航した知人に「OST買ってきて」 
と所望した次第。
届くのが楽しみ。

帰宅したら、韓国から謎の封筒が....。
送り主は、KBSワールドラジオ。
中身は蛍光ペンの3色セット。
四半期ごとに行う、クイズの商品だった。
パッケージから察するに、インクジェットで出力した文章でも
マーカーが引けるって製品なんだろう。
商品名もジェットスティックだし。

隣でやってる、韓流グルメフェスタへ。
松の内も明けてそろそろ、韓国料理が食べたくなる頃合いなので
グッドタイミング。
初めて食べたのは、揚げトッポギ。
丁度、揚げたてを食べられたので熱々で美味しかったし、
アンケートでも一票投じた。
でも、俺の食欲を一番満たした料理は、佐世保バーガーだった。
何で出店してたのかは、謎なのだ。

渋谷のまんだらけに寄り、副都心線で東新宿から職安通りへ。
ドンキでウルトラアクトのティガパワータイプが¥1480だったので、即買い。
ミラーナイトとジャンボットも安くなればいいのに。

知らない間に、大きなスーパーが出来てたり、ショップが増えてたりと
相変わらず、変化する街である。

故あって、韓国料理を供される。
初めて行った、店だったが美味しかった。
俺が、韓国料理屋を判断基準する基準は
ボサムが美味いかどうかだ。

ピョンチャンオリンピック来たりなば、最終合宿は日本で行う国もあるだろう。
もしも、チェコのアイスホッケーナショナルチームが、そうしてくれれば、日本で
テストマッチの観戦が出来るわけで。
その時には、チェコナショナルチームに現在、スパルタプラハコーチのマルティネツが
関ていてほしい。

韓国人の友人とSkypeで会話。
うん、やっぱり会話は難しい。
でも、続けないと会話が身につかない。
今は、お互いなかなか会える状況では、無いんだけども
いずれ、会える時が来るだろう。

11/17~11/21まで、ソウル新村にあるシネコン
MEGABOXシネマで、日本映画祭がおこなわれた。
今年で7回目。
過去には、日本最高の鉄道映画である「新幹線大爆破」とか
「ゴジラvsメカゴジラ」「平成ガメラ三部作」なども上映されてきたし、
特撮以外にも「岸和田少年愚連隊」や「愛の新世界」なんかも上映
されてきた。

そして、7回目のテーマはアニメ。
「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「RED LINE」まで様々な作品が
あるなかで、今年、8月に亡くなった今敏監督の追悼として
「東京ゴッドファーザース」も上映された。
韓国でも、日本アニメは合法、非合法を問わず人気だが、
おそらく、「火の鳥2772 愛のコスモゾーン」は初見の客が多かった
んじゃないかと思う。

今回のラインアップが、適正かどうかは俺の判断するところではないが
もし通しで観た韓国人が居るのならば、感想を聞きたい気分。
俺も全部見てるわけじゃないけど。


成田からは直行便が出てないので、行くとするならば
羽田→金浦(ソウル1泊)→仁川→プラハか。
帰りはプラハ→仁川(ソウル1泊)→金浦→羽田か。
フライトスケジュール見ると、フランクフルトあたりで乗り換えて
関空経由で仁川ってやつがあって、そういう下らない旅程も悪くない。
関空から伊丹に行くよりも関空経由で仁川行って金浦から帰る。
円高だし、ソウル発券ならば安く上がる。
ドラマ人気で、ソウル-プラハ線が出来たらしいので
そう考えると、韓国ドラマも悪くない。

問題はいつ行けるかだな。


でも行かれないから、明日はテコン・V観てくる。

韓国プロ野球の我らがLGツインズが、韓国プロスポーツで
初めて累積観衆2000万人を突破した。
これは、LGの前身であるMBC青龍時代の観衆も含めての
記録ではあるが。
韓国プロ野球開幕から足掛け29年、1731試合目での
快挙である。
こうして、韓国プロスポーツ初の記録を打ち立てたLGだが、
近年はチームの低迷もあり、シーズンごとの観客動員数では
同じソウルをフランチャイズとする、斗山ベアーズや、チームが
絶好調だと爆発的な動員力を発揮する、釜山のロッテジャイアンツ
の後塵を拝することが、多くなった。

この土日のVSロッテ戦は観衆2000万人突破記念シリーズ。
で、先達のMBC風カラーのユニを着たわけだが、これがなんと
キャップとユニフォームの上着だけ。
ズボンとヘルメットは現行ユニのままである。
そのため、攻撃時は上着の色だけが違って、激しくバランスを欠く
ビジュアルなんである。
これでは、復刻ユニとは呼ばないし、呼べない。
上だけならば問題無し






あくまでも、MBC風カラーユニである。

このバラバラな感じ





今日の中継局はMBC系列の、MBCLIFEが中継だったから
話の持って行きようで、やれたと思うんだけどな。
ロッテやSK、斗山と比べて復刻ユニとかイベントユニへの
意識が薄いんだよな、LGは。


2010-06-20 02
ちなみにMBCユニはこんな感じ→
ホーム用だけど。
オ・ウホン監督(左)と一緒に写っているのは
当時、オリオンズの監督だった、
故、稲尾和久監督。
ビジユニは良い写真がなかった。








でも、ショップに行ってあったら買うと思う。
MBC風の帽子とユニ。

バナナウユが飲みたい。
ソウルウユ限定。
プサンウユは認めない。

で、その次にチルソンサイダー。

地元のヤマダ電機の本屋に、例の本が入ったので引取り。
今年は、例年になく記述ミスが多いようだが、ゆっくり読むかね。

昨年、6月頃からずっと気になってた歌がわかった。

???? ???の?????.



韓国版ワーキングプアともいうべき、88万ウォン世代の
プロテストソングか。

ソウルは積雪の新記録で、交通がマヒ。
金浦空港では国際線も国内線も完全運休。
これが、去年だったらこの交通マヒの只中に
ほおりこまれたんだな。
経験したいようでもあり、したくないようでもあり.....。

서울우유의 바나나우유를
마시고 싶은데요〜.

このニュース読んでて思った。
野球やバスケを観戦しながらの칠성사아다には
敵わないが、용산の電気街めぐりしたあとに、
飲む一本は格別。
意外に、フランクフルトと合うんだよね。

このページのトップヘ